FXを始めよう

仮想通貨のスプレッドとは

仮想通貨のスプレッドとは

仮想通貨で効率的に稼ぐためには、スプレッド幅の小さい銘柄を選ぶ必要あります。

仮想通貨のスプレッドを徹底比較|狭い・安い取引所6選を紹介!

仮想通貨のスプレッドを徹底比較|狭い・安い取引所3選を紹介!

17種類
・ビットコイン(BTC)
・イーサリアム(ETH)
・リスク(LSK)
・ファクトム(FCT)
・リップル(XRP)
・ネム(XEM)
・ライトコイン(LTC)
・ビットコインキャッシュ(BCH)
・モナコイン(MONA)
・ステラルーメン(XLM)
・クアンタム(QTUM)
・ベーシックアテンショントークン(BAT)
・アイオーエスティー(IOST)
・エンジンコイン(ENJ)
・オーエムジー(OMG)
・パレットトークン(PLT)

fa-check 新規口座開設+日本円入金を行った方全員に2,500円相当のビットコイン(BTC)をプレゼント!
期間:2022年4月22日 14:00〜2022年6月30日 23:59

出典:コインチェック
※1 2020年12月金融庁暗号資産交換業者登録対象 コインチェック調べ

DMM Bitcoin

DMMビットコイン

  • 入出金・入出庫手数料・取引手数料が無料
    ※BitMatch取引手数料を除く
  • 新機能 BitMatch注文 ならスプレッドを気にせずミッド(仲値)価格で売買可能
  • 「スマホスピード本人確認」なら口座開設申込後、 最短1時間以内 ※2 に取引開始が可能
  • 仮想通貨のスプレッドとは
  • 365日 問い合わせフォーム及びLINEからの 問い合わせに対応

DMM Bitcoinでは新機能として「BitMatch注文」が導入されているため、 スプレッドを気にせずミッド(仲値)価格で売買 できます。

さらに、入出金・入出庫手数料・取引手数料など、さまざまな手数料が無料 ※ なので、初心者も使いやすいでしょう。
※BitMatch取引手数料を除く

15種類
・ビットコイン(BTC)
・イーサリアム(ETH)
・イーサリアムクラシック(ETC)
・リップル(XRP)
・ネム(XEM)
・ライトコイン(LTC)
・ビットコインキャッシュ(BCH)
・モナコイン(MONA) 仮想通貨のスプレッドとは
・ステラルーメン(XLM)
・クアンタム(QTUM)
・ベーシックアテンショントークン(BAT)
・テゾス(XTZ)
・オーエムジー(OMG)
・エンジンコイン(ENJ)
・シンボル(XYM)

fa-check 仮想通貨のスプレッドとは 新規口座開設でもれなく 全員に2,000円即時プレゼント !
2022年4月1日(金)7時00分~2022年8月1日(月)6時59分

出典:DMM Bitcoin公式
※2 『スマホでスピード本人確認』を利用して7:00-22:00の間に口座開設申込をした場合

bitFlyer

ビットフライヤー

  • 人気のある 15種類の仮想通貨 が少額から売買できる
  • 販売所手数料などさまざまな 手数料が無料
  • 6年連続ビットコイン取引量は国内No.1 ※3
  • Tポイントをビットコインと交換できる

bitFlyerはスプレッドが狭く取引手数料が無料なので、 コストを抑えて取引 ができます。仮想通貨の数は15種類と豊富である点も特徴です。

クイック本人確認を利用すれば、 最短即日から取引が開始できる ので、仮想通貨に興味のある方は今すぐ始めてみましょう。

15種類
・ビットコイン(BTC)
・イーサリアム(ETH)
・イーサリアムクラシック(ETC)
・リップル(XRP)
・ネム(XEM)
・ライトコイン(LTC)
・ビットコインキャッシュ(BCH)
・モナコイン(MONA) 仮想通貨のスプレッドとは 仮想通貨のスプレッドとは
・ステラルーメン(XLM)
・リスク(LSK)
・ベーシックアテンショントークン(BAT)
・テゾス(XTZ)
・ポルカドット(DOT)
・チェーンリンク(LINK)
・シンボル(XYM)

fa-check 友達招待キャンペーン開催中! 最大10,000円相当のビットコインがもらえる !
対象者:本キャンペーンにエントリーして、キャンペーン期間中に2人以上ご招待いただくと通常のプログラムに加えてビットコインをプレゼント
キャンペーン期間:2022 年 5 仮想通貨のスプレッドとは 月 18 日(水)午後 3 時 ~ 2022 年 6 月 17 日(金)午後 11 時 59 分まで

出典:bitFlyer
※3 Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2016年-2021 年の年間出来高(差金決済/先物取引 を含む)

GMOコイン

GMOコイン

  • 取り扱い通貨数が 16種 で豊富!ビットコインはもちろん人気のアルトコインが揃ってる!
  • 暗号資産FX・貸暗号資産・つみたて暗号資産など取引方法が豊富!一人ひとりに合った取引が可能
  • 大手ネット証券運営の 安心感
  • スプレッが狭く、 手数料が安い
  • アルトコインのレバレッジ取引 が可能

『GMOコイン』は、大手の GMOインターネットグループ が運営する仮想通貨取引所。

また、取引所での取扱数も多く、レバレッジ取引も可能なので、 アルトコインを売買 したい方におすすめです。

GMOコイン

GMOコインはビットコイン取引高・オリコン顧客満足度2021年 国内No.1 を誇っています。

取引高は、どの程度取引が活発に行われているかの指標です。 通貨の売買が成立しやすく 、GMOコインの人気を象徴していると言っても良いかもしれません。

16種類
・ビットコイン(BTC)
・イーサリアム(ETH)
・ビットコインキャッシュ(BCH)
・ライトコイン(LTC)
・リップル(XRP)
・ネム(XEM)
・ステラルーメン(XLM)
・ベーシックアテンショントークン(BAT)
・オーエムジー(OMG)
・テゾス(XTZ)
・クアンタム(QTUM)
・エンジンコイン(ENJ)
・ポルカドット(DOT)
・コスモス(ATOM)
・シンボル(XYM)
・モナコイン(MONA)

fa-check 暗号資産を購入すると 現金1,000円が当たる !(毎日10人)
※対象者:販売所または、つみたて暗号資産において、暗号資産(仮想通貨)を1回以上購入した方

fa-check 暗号資産FXで毎日1人に 10,000円が当たる
※対象者:600万円以上の新規取引をした方対象
終了期間未定

bitbank

bitbank

bitbankの特徴は 全てのコインを取引所で売買 できることです。2020年10月までbitbankには販売所がなかったからというのも要因にあります。

また販売所の スプレッドもかなり狭く 設定されており、 ユーザーファースト の業者となっています。

11種類
・ビットコイン(BTC)
・イーサリアム(ETH)
・リップル(XRP)
・ライトコイン(LTC)
・ビットコインキャッシュ(BCH)
・モナコイン(MONA)
・ステラルーメン(XLM)
・クアンタム(QTUM)
・ベーシックアテンショントークン(BAT)
・オーエムジー(OMG)

Liquid by Quoine

Liquid by Quoine

『Liquid 仮想通貨のスプレッドとは by Quoine』はQUOINE株式会社が運営する取引所で、 法定通貨の取扱通貨ペアが多い のが特徴です。円だけでなく、ドル建て、ユーロ建て、豪ドル建てなど様々な通貨ペアで取引が可能。

またLiquid by Quoineの独自仮想通貨である 『キャッシュ(QASH)』 の売買も可能です。

5種類
・ビットコイン(BTC)
・イーサリアム(ETH)
・リップル(XRP)
・ビットコインキャッシュ(BCH)
・キャッシュ(QASH)

仮想通貨のスプレッドとは?仕組みを徹底解説

仮想通貨のスプレッドとは?仕組みを徹底解説

仮想通貨を売買する時、手数料とは別に 『スプレッド』 があります。

この時、販売所で購入すると実際の購入価格は100万円より上の価格、例えば 103万円が『Ask』 仮想通貨のスプレッドとは 仮想通貨のスプレッドとは です。そして100万円の時点ですぐに売却をしたとしても、 『Bid』の価格は97万円 になります。

スプレッドは 取引所の運営費 という考え方もできるでしょう。国内の多くの取引所では「手数料無料」をアピールしているので、一切余計なコストがかからないと誤解してしまいますが、実は スプレッドを支払っています

普通に売買するだけではスプレッド分で損をしてしまうので、損しない程度に 価格が上昇するまで待つ 必要があります。

仮想通貨のスプレッドの特徴

仮想通貨のスプレッドの特徴

  • 仮想通貨取扱業者によってスプレッドの差は異なる
  • 販売所でスプレッドが発生する
  • スプレッドは相場に応じて変動する

特徴①仮想通貨取扱業者によってスプレッドの差は異なる

仮想通貨のスプレッド1つ目の特徴は 「取扱業者によってスプレッドが異なる」 点です。同タイミングで売買する場合でも、差があるので注意しましょう。

ただし、 比較的スプレッドが広い傾向の業者 、狭い傾向の業者はあります。

特徴②販売所と取引所でスプレッドの差が違う

特徴②販売所と取引所でスプレッドの差が違う

仮想通貨の取引所には「 販売所形式」と「取引所形式(板)」 があります。

販売所形式は業者を相手に仮想通貨の売買を行うところ。取引所形式は 仮想通貨のスプレッドとは 仮想通貨のスプレッドとは 他の投資家相手(ユーザ同士) で売買を行うところです。

販売所のスプレッドは 2〜10% かかる会社が多いですが、取引所の手数料は 0.01%〜 としている会社が多いです。

特徴③スプレッドは相場に応じて変動する

特徴①でも少し触れましたが、スプレッドは 相場に応じて変動 します。価格差や%が固定されているわけではありません。

そのため 仮想通貨のスプレッドとは 同じ時間帯 のスプレッドを比較して取引所を選びましょう。

おすすめ仮想通貨取引所スプレッド一覧比較表

おすすめ仮想通貨取引所スプレッド一覧比較表

以下に、同日時刻の 各取引所スプレッドを比較 しました。スプレッドの広さは価格変動によって変化しますが、1つの参考にされてください。

仮想通貨のスプレッドとは
取引所 購入 売却 差額
bitbank 5,314,009円 5,314,008円 1円
GMOコイン 5,300,000円 5,297,453円 2,547円
Liquid 5,312,478円 5,310,396円 2,082円
bitFlyer 5,312,204円 5,310,000円 2,204円
DMMビットコイン 5,292,628円 5,286,279円 6,349円
コインチェック 5,313,367円 5,311,226円 2,141円

仮想通貨のスプレッドを抑えるための方法

仮想通貨のスプレッドを抑えるための方法

仮想通貨で稼ぐためには、できるだけスプレッドを抑えなければなりません。スプレッドを抑えるためには大きく 3つの方法 があります。

  • できるだけスプレッドの狭い取引所を選ぶ
  • 取引の数を減らす
  • 販売所ではなく取引所を利用する

方法①できるだけスプレッドの狭い取引所を選ぶ

スプレッドの狭い取引所はタイミングによって変化します。 取引するタイミングで比較 をしてから売買を行うとよいでしょう。

方法②取引数を減らす

ポジションを持つ回数を減らす ことでスプレッドを抑えられます。

方法③販売所ではなく取引所を利用する

方法③販売所ではなく取引所を利用する

どの会社も 販売所形式のスプレッドは広い です。仮想通貨販売所のスプレッドは広すぎる…と思っている方は、取引所を利用するのがおすすめです。

取引所は手数料が発生しますが 少額 です。取引所にないコインだけ販売所で売買するようにしましょう。

仮想通貨のスプレッドについてよくある質問

スプレッドを抑えるためには販売所ではなく取引所を利用すること。そして、 売買するタイミングで 一番スプレッドが狭い取引所を利用しましょう。

関連記事|仮想通貨(暗号資産)

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。

仮想通貨のスプレッドとは?取引所毎の比較&スプレッドを抑える7つのコツ

仮想通貨のスプレッドとは?取引所毎の比較&スプレッドを抑える7つのコツ

※3 期間:2022年4月1日(金)~2022年5月31日(火)まで / 仮想通貨のスプレッドとは 実施時間:土日祝日・メンテナンス時間を除く、マーケットレポート公開日の15時00分~21時00分※その日のマーケットレポートを公開後、15時00分から開始。WEBサイトに掲載しているマーケットレポートの中で、その日に取り上げた暗号資産銘柄とBTC/JPY、ETH/JPY、XRP/JPYのいずれかの銘柄一つについて、スプレッドを縮小。

BITPOINT(ビットポイント)

BITPOINT

  • 大手にないが魅力的でマイナーなアルトコインを多く取り扱う
  • 各種手数料が無料
  • 新規口座開設でお得なキャンペーンを実施中

BITPOINT(ビットポイント)は、2017年9月に金融庁の認可を受けた 東証2部上場の株式会社リミックスポイントの子会社 が運営する取引所です。

BITPOINTでは、コインチェックやbitFlyerなどの 大手にはないアルトコイン が取引できるのが最大の特徴です。

BITPOINTの基本情報

BITPOINTキャンペーン

  • 期間中に口座開設で1,000円相当のDEPをプレゼント
  • 口座開設後、期間中に20,000円相当のDEP購入した方に2,000円相当のDEPをプレゼント
  • 合計最大で3,000円相当をプレゼント

bitFlyer

bitFlyer

  • ビットコイン取引量国内6年連続No.1 ※1
  • 15種類のアルトコインを取引可能
  • 各種取引手数料が無料
  • 1円から仮想通貨を購入できる
  • 7年以上ハッキング0

bitFlyerは 「 株式会社bitFlyer」 によって2014年にサービスが開始された仮想通貨取引所です。ビットコインの取り扱い量は仮想通貨業界でトップをひた走っており、 「ビットコイン取引量国内6年連続No.1」 ※1 となっています。

bitFlyerでは 1円から仮想通貨を購入することが可能 です。少額取引可能な仮想通貨取引所でも最低取引金額は500〜1,000円というところが多いので、これは破格の数字と言えるでしょう。

またbitFlyerはセキュリティ対策も万全で、 7年間1度もハッキング被害に遭っていません。 利用者が安心して取引できるようなサポート体制も充実しています。

bitFlyerの基本情報

bitFlyerキャンペーン情報

  • 毎日最大 10 名様に 1,000 円が当たる!アプリ限定ログインボーナスプログラム ※1

※1 2020 年 7 月 1 日(水)午前 00 時 00 分~ 終了期間未定

GMOコイン

GMOコイン

  • 取扱銘柄数国内No.1 ※1
  • 500円から積立投資を行える「つみたて仮想通貨」
  • 現物の売買からレバレッジ取引まで、1つのアプリでできる
  • 信頼と実績の「GMOインターネットグループ」が運営
  • 各種手数料が無料

GMOコインは 「GMOインターネットグループ」 によって運営されている仮想通貨取引所です。

GMOコインの特徴は取り扱い通貨の豊富さ。現在20種類の仮想通貨を取り扱っており、 仮想通貨のスプレッドとは 仮想通貨のスプレッドとは 取扱銘柄数は国内No.1 ※1 となっています。

また、GMOコインでは仮想通貨取引初心者でも手軽に投資できる 「 つみたて仮想通貨」 を提供しています。

つみたて仮想通貨は 毎月自動的に一定額を仮想通貨に投資してくれる ので、普段忙しくてチャートを気にしていられない人や、仮想通貨の知識があまりない人でも安心です。

GMOコインの基本情報

GMOコイン キャンペーン情報

  • 暗号資産(仮想通貨)の購入で毎日10人に1,000円が当たる!※1
  • 暗号資産FXで毎日1人に1万円が当たる※1

※1 JVCEA 「取扱仮想通貨及び仮想通貨概要説明書」をもとに算出

暗号資産(仮想通貨) のスプレッドを計算する方法

スプレッドの計算方法は非常に簡単 です。

暗号資産(仮想通貨) のスプレッドの基礎知識

  • 時間によって変わる
  • スプレッドがあるのは販売所のみ

(1)時間によって変わる

同じ銘柄でもスプレッドは常に一定ではありません。

(2)スプレッドがあるのは販売所のみ

暗号資産の取引方法には主に「取引所」と「販売所」がありますが、 スプレッドが発生するのは販売所のみ です。

取引所・販売所とは
「取引所」は他のユーザーと取引できる方法。スプレッドがかからないが、取引相手がいないと売買が成立しない。
「販売所」は、取引所と直接通貨をやり取りする方法。初心者向けで、自分の好きなタイミングで取引できる。

暗号資産(仮想通貨) のスプレッド比較

暗号資産のスプレッドは銘柄によって異なります。

仮想通貨のスプレッドとは
取引所 BTC ETH XRP
Coincheck 255,400円 17,810円 6,461円
bitFlyer 247,074円 17,680円 7.59円
DMM Bitcoin 104,735円 7,938円 2.575円
GMOコイン 121,816円 9,850円 2.788円

暗号資産(仮想通貨) 仮想通貨のスプレッドとは のスプレッドを減らす7つのポイント

  • スプレッドの狭い取引所を選ぶ
  • 販売所ではなく取引所を利用する
  • 取引のタイミングを考える
  • 複数の取引所を使い分ける
  • 取引量の多い通貨を売買する
  • 取引回数を減らす
  • BitMatch注文を利用する

(1)スプレッドの狭い取引所を選ぶ

スプレッドは取引所によってまったく異なります。したがって、 楽に手数料を抑えたいなら、最初からスプレッドの狭い取引所を選びましょう。 仮想通貨のスプレッドとは

取引所 BTC ETH XRP
Coincheck 255,400円 17,810円 6,461円
bitFlyer 247,074円 17,680円 7.59円
DMM Bitcoin 104,735円 7,938円 2.575円
GMOコイン 121,816円 9,850円 2.788円

(2)販売所ではなく取引所を利用する

取引所は、直接ユーザーと通貨を取引する場です。 販売所と違いスプレッドを支払う必要がないため、こちらを使った方がお得に取引できます。

(3)取引のタイミングを考える

スプレッドはタイミング、というよりも流動性によって変化します。 通貨が多く売買されればされるほどスプレッドも広がる ため、取引が落ち着いているタイミングを狙いましょう。

(4)複数の取引所を使い分ける

同じ通貨でも、スプレッドは取引所によって異なります。 複数の通貨を売買する場合、いくつかの取引所に登録しておくと良い でしょう。

(5)取引量の多い通貨を売買する

スプレッドは価格の変動によって増減します。 取引量の多い通貨は価格が安定しているためスプレッドも安定しますが、取引量の少ない通貨は不安定 です。

(6)取引回数を減らす

スプレッドは取引のたびにかかるものです。逆に考えれば、 取引回数自体を減らし、1回当たりの購入額を増やすことでスプレッドを抑えられます。

(7)BitMatch注文を利用する

DMM Bitcoinでは、取引所が使えません。しかし、 その代わりに「BitMatch」という機能を使ってスプレッドを抑えられます。

スプレッド以外で取引所を選ぶ5つのポイント

  • 取扱銘柄の多さ
  • 対応している取引方法
  • セキュリティの強さ
  • スマホアプリの使いやすさ
  • 将来性がある

取り扱い銘柄の多さ

1つ目のポイントは、 取り扱い銘柄の多さ です。

15種類 仮想通貨のスプレッドとは
BTC(ビットコイン)
ETH(イーサリアム)
ETC(イーサリアムクラシック)
LTC(ライトコイン)
BCH(ビットコインキャッシュ)
MONA(モナコイン)
BAT(ベーシックアテンショントークン)
XLM(ステラルーメン) 仮想通貨のスプレッドとは
XEM(ネム)
XTZ(テゾス)
DOT(ポルカドット)
LINK(チェーンリンク)
XYM(シンボル)

対応している取引方法

取引所によって利用できる取引方法は異なります。例えば、 Coincheckではレバレッジ取引ができませんし、DMM Bicoinでは取引所がありません。

セキュリティの強さ

取引所がハッキング被害に遭うと、 仮想通貨が不正に流出し、倒産に追い込まれてしまいます。

スマホアプリの使いやすさ

機能性やアプリデザインは取引所によって異なりますので、 複数の取引所に登録して、1番使いやすいアプリを利用する ことをおすすめします。

将来性がある

5つ目のポイントは将来性があるかどうかです。仮想通貨取引所でも 経営不振が続けば倒産してしまいます。

よくある質問

銘柄によってどの取引所が安いか異なります。
ビットコインならDMM Bitcoin、リップルならbitFlyerといった具合です。また、別途手数料もかかるため、これも加味した上でお得な取引所を選びましょう。

取引所であればスプレッドがありません。
取引所はユーザー間で取引する場所です。ゆえに、暗号資産取引所にスプレッドを支払う必要がなく、お得に取引できますよ。
ユーザーがいないと売買が成立しない問題はありますが、基本的にはこちらで取引すると良いでしょう。

販売所の取引画面から確認できます。
Askが買値、Bidが売値を示していて、この両者の差がスプレッドです。引き算をするだけなので非常に簡単に計算できますよ。
なお、取引所にはスプレッドがないため、取引所を見てもスプレッドはわかりません。

多くの取引所は手数料が無料ですので、実質的な手数料とも言えるでしょう。 スプレッドが広ければ広いほど、取引で支払う手数料は大きくなります。

  • スプレッドの狭い取引所を選ぶ
  • 販売所ではなく取引所を利用する
  • 取引のタイミングを考える
  • 複数の取引所を使い分ける
  • 取引量の多い通貨を売買する
  • 取引回数を減らす
  • BitMatch注文を利用する

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。

仮想通貨のスプレッドを徹底比較|稼ぎやすい取引所・銘柄・注意点まですべて丸分かり!

仮想通貨_スプレッド

仮想通貨_スプレッド_3銘柄

仮想通貨のスプレッドとは
仮想通貨で効率的に稼ぐためには、スプレッド幅の小さい銘柄を選ぶ必要あります。

仮想通貨のスプレッド幅が小さいおすすめ銘柄①:ビットコイン(BTC)

仮想通貨_スプレッド_ビットコイン

【ビットコインの基本情報】 時価総額約90兆円 (*2022年2月6日現在)

ビットコイン取引におすすめの仮想通貨取引所は、 取引手数料0.000%の『DMMビットコイン』がおすすめです。

【DMM Bitcoinの口座開設はこちら!】

\ 最短5分でかんたん無料登録! /

仮想通貨のスプレッド幅が小さいおすすめ銘柄②:イーサリアム(ETH)

仮想通貨_スプレッド_イーサリアム

【イーサリアムの基本情報】 時価総額約42兆円 仮想通貨のスプレッドとは (*2022年2月6日現在)

国内取引所[osusume-text-link]、コインチェックなど

イーサリアム取引におすすめの仮想通貨取引所は、 取引手数料0.000%の『DMMビットコイン』がおすすめです。

【DMM Bitcoinの口座開設はこちら!】

\ 最短5分でかんたん無料登録! /

仮想通貨のスプレッド幅が小さいおすすめ銘柄③:リップル(XRP)

仮想通貨_スプレッド_リップル

【リップルの基本情報】 時価総額約4.7兆円 (*2022年2月6日現在)

リップル(XRP)取引におすすめの仮想通貨取引所は、 500円から購入できる『DMMビットコイン』がおすすめです。

【DMM Bitcoinの口座開設はこちら!】

\ 最短5分でかんたん無料登録! /

仮想通貨のスプレッド注意点

仮想通貨_スプレッド_注意


仮想通貨取引で取引していく上で、注意すべきことが3つあります。

注意点①流動性の低い銘柄はスプレッドが広い

取引する仮想通貨の流動性が低いと、売買するユーザーが少ないため、必然的にスプレッド幅が広くなります。

注意点②急騰・急落を繰り返すチャートには注意

急騰・急落を繰り返すようなチャートでは、 「需要と供給のバランス」が取れていないためスプレッドが広くなりやすいです。

注意点③手数料が安い仮想通貨取引所を選ぶ

手数料が高い仮想通貨取引所を選ぶと、取引所への利益が大きくなるため、利益率の悪いトレードになってしまいます。

【DMM Bitcoinの口座開設はこちら!】

\ 仮想通貨のスプレッドとは 最短5分でかんたん無料登録! /

仮想通貨のスプレッドが変動しやすいタイミング

仮想通貨_スプレッド_変動


仮想通貨のスプレッドが変動しやすいタイミングがあります。

ニュースや重要発表がある時

仮想通貨にとって、良いニュースや悪い発表があった時、スプレッドが変動しやすくなります。

著名人によるツイート

イーロン・マスク(米電気自動車テスラ社CEO)によるツイートで、 ビットコインの価格が前日比12.5%高に上昇することがありました。

流動性の低い時間帯

深夜〜朝方の時間帯は、トレードしている人が少なくなり流動性が低くなるため、スプレッドが変動しやすくなります。

【DMM Bitcoinの口座開設はこちら!】

\ 最短5分でかんたん無料登録! /

仮想通貨のスプレッドを抑える方法

仮想通貨_スプレッド_抑える


スプレッドを抑えることができれば、利益率の高いトレードが実現できます。

複数の取引所を登録する

仮想通貨のスプレッドとは DMM BitcoinCoincheck』は全て登録しておきましょう。

【DMM Bitcoinの口座開設はこちら!】

\ 最短5分でかんたん無料登録! /

売買のバランスが取れている時に買う

チャートが安定してる且つ、取引が活発になる18時以降に売買することで、スプレッドの低いトレードが実現できます。

スプレッドが変動しやすいタイミングを避ける

そうならないためにも、 必ずスプレッドが変動しやすいタイミングを避けて取引しましょう。

仮想通貨のスプレッドまとめ

他にも、複数の取引所(DMM BitcoinbitFlyerなど)に登録して売買レートの高い取引を実現しましょう。

仮想通貨のスプレッドとは?仕組みや生じる理由などを徹底解説

メインイメージ

仮想通貨におけるスプレッドとは、仮想通貨を販売所で売買するときに発生する「購入価格と売却価格の価格差」のことです。仮想通貨の販売所には仮想通貨を売りたい人、買いたい人が集まり、販売所を通して売買ができます。
しかし、同じ時刻でも、仮想通貨を買う場合と売る場合では、価格が違ってきます。
この記事では、仮想通貨のスプレッドの仕組みについて詳しく解説するとともに、なぜスプレッドが生じるのか、その理由を説明していきます。

1 仮想通貨のスプレッドとは そもそも仮想通貨のスプレッドとは?

1.1 スプレッドは「販売所」での購入価格と売却価格の差のこと

スプレッドはもともと英語で「広げる」「延ばす」などの意味があります。
仮想通貨取引におけるスプレッドとは「価格差」「差額」という意味です。
FX(Foreign exchange:外国為替証拠金取引)取引をしている方にとって、スプレッドは聞き馴染みのある言葉でしょう。
FXでは、特定の通貨を買うときと売るときの価格差が発生し、それがスプレッドと呼ばれています。
仮想通貨取引におけるスプレッドとは、仮想通貨を「販売所」で買うときの価格(ASK)と売るときの価格(BID)の差のことをいいます。
販売所とは、仮想通貨を売買している販売元のことです。
対して「板」と呼ばれる売買の希望量を記載し、ユーザー同士が直接売買をするところを「取引所」と呼びます。
仮想通貨取引所の販売所では、購入価格(ASK)と売却価格(BID)のふたつの価格が表示されています。この価格の差がスプレッドです。
たとえば、ビットコインを1BTC購入する際に、購入価格(ASK)は100万5,000円で、売却価格は100万円となっている場合、スプレッドは差額の5,000円ということになります。

1.2 スプレッドは固定ではなく変動する

スプレッドの広さは常に変動しており、その割合も一律で決まっているわけではありません。
さらに、販売所や仮想通貨の種類によっても異なりますし、相場の需要と供給のバランスなどによっても大きく伸縮します。
そのため、一概にスプレッドがいくらと断言はできません。
たとえば、ビットコインを1BTC購入する際に、スプレッドが4,000円の販売所もあれば、5万円の販売所もあります。
ある時点ではスプレッドが4,000円でも、価格が急激に変動したときには、スプレッドが5万円に広がることもあります。
スプレッドは需要と供給のバランスで大きく変動するため、高騰している通貨や価格の上下が激しい通貨の場合、スプレッドが高くなる傾向にあります。

1.3 スプレッドは売買にかかわる手数料のようなもの

売買価格の差であるスプレッドは、よく「見えない手数料」といわれます。 仮想通貨のスプレッドとは
そのため、販売所で仮想通貨を売買するときには、スプレッドを意識することが大切です。
なぜなら、販売所の手数料が無料でも、実質的にはスプレッドが手数料のようなコストとして発生するためです。
たとえば、ビットコインを売買する場合、購入価格が100万円で売却価格が95万円だとします。この場合のスプレッドは5万円です。
100万円で1BTCを買ってその直後に売却すると、それだけで5万円損したことになってしまいます。
仮想通貨を売買するユーザーからしてみると、スプレッドができるだけ低いときに売買した方が、メリットが大きくなります。

2 スプレッドが生じる理由と仕組み

それではなぜスプレッドが発生するのでしょうか。
それは仮想通貨取引所の仕組みと大きくかかわっています。
その前に、仮想通貨取引所における2種類の取引方法について知る必要があるため、「取引所」と「販売所」について説明していきます。

2.1 仮想通貨のスプレッドとは 仮想通貨には「取引所」と「販売所」がある

前述したように、仮想通貨には「取引所」と「販売所」のふたつがあります。
仮想通貨の売買する場合、どちらかの取引方法から選んで取引することが可能です。
ただし、仮想通貨交換業者によって、取引所と販売所が両方ある業者もあれば、どちらか一方だけの仮想通貨交換業者もあります。
取引所(板取引)では、仮想通貨を売りたい個人と買いたい個人が相互に希望する価格で売買できます。
たとえば、ビットコインを「1BTC=100万円で買いたい」というユーザーがいた場合、「100万円なら売ってもいいよ」というほかのユーザーがいれば、取引はその価格で成立します。
ビットコイン現物取引の場合、取引手数料は0~0.2%程度で済みます。
一方、販売所(店頭販売)は、仮想通貨を売りたい人と買いたい人が直接売買するのではなく、販売所を通して売ったり買ったりする仕組みです。

2.2 スプレッドは「販売所」の手数料

前述したように仮想通貨を取引所(板取引)で売買する場合は、仮想通貨取引所は場を提供しているだけなので、ユーザー同士が希望する価格で売買が終了します。
しかし、販売所(店頭販売)の場合は、仮想通貨取引所がユーザー間に入り、販売所がユーザーにコインを売ったり買ったりします。
板取引では「100万円で誰かにコインを売りたい」といっても、買ってくれるユーザーが現れなければいつまでも約定しないままです。
しかし、販売所で「95万円で売却」という価格が表示されていれば、必ず95万円で買い取ってもらえます。
買い手と売り手をマッチングさせる手間が発生するので、販売所は売るときには適正価格に利益を乗せて販売し、買うときには利益を差し引いた価格で購入します。
そのため、購入価格と売却価格にスプレッド(価格差)が生じるのです。
前述のようにスプレッドはかなり変動するので一概にいえませんが、3%以上のことが多く、場合によっては10%程度になることもあるようです。
販売所で売買する方が「約定しやすい」「板取引に慣れていない初心者が売買しやすい」などのメリットはありますが、コストだけで考えると、販売所よりも取引所で売買した方がコストを抑えられます。

3 スプレッドの幅が広くなる状況は?

スプレッドは仮想通貨を売買するときに発生する手数料のようなものです。
たとえば、スプレッドが5,000円の取引と500円の取引では、その後の利益に4,500円もの差が生まれてしまいます。
スプレッドが大きいと売買するユーザーにとってはデメリットとなるため、なるべくスプレッドは小さい方がよいといえます。
スプレッドが広がる要因としては、主に3つが考えられます。
それは、流動性が低いとき、急な価格変動(急騰や急落)があったとき、需要と共有バランスが崩れたときです。

3.1 流動性が低いとき

流動性が高いときは、スプレッドが安定して小さくなる傾向にあります。
流動性が高いというのは、買い注文も売り注文もたくさんある状態です。
逆に、買い手も売り手も少ない状態、すなわち流動性が低下しているときには、スプレッドが広がる傾向にあります。ビットコインに比べてアルトコインのスプレッドが高くなりがちなのも、これが原因です。

仮想通貨のスプレッドは広すぎて儲からない?手数料がお得な取引所やスプレッドが広すぎる理由を解説

 仮想通貨を始めてみたいけど、とりあえず知ってる取引所で口座を開設しておけば大丈夫かな? 口座を開設する取引所を選ぶ際には手数料やスプレッド、取り扱い銘柄数に注目すればOKだよ。 仮想通貨の将来性が高まるにつれ取引所の数は年々増えています。今から始める方にとって取引所が多すぎて、どこで口座を.

GMOコイン

手数料の安さで人気を集めているのが GMO コインです。入出金手数料・送金手数料など多くの手数料が無料で、コストカットに適しています。

取引所スプレッドが狭いため、スプレッド分のムダな支出を減らせます 。また、 Maker 手数料がマイナス手数料となっており、本来かかるはずの手数料が報奨金として受け取れるのもポイントです。

  • 多くの手数料が無料
  • 取引所銘柄が20種類と豊富 が可能
  • テゾスのステーキングができる
  • 堅牢なセキュリティ

取引所銘柄は20種類に対応しており、スプレッドの狭い取引所形式での売買が可能です。ビットコインはもちろん、 イーサリアムやライトコインなどの主要アルトコインを取引できる のがうれしいですね。

オリコン顧客満足度 No.1 の人気を誇り、安定した取引が行えます。取引所メインの仮想通貨運用をはじめるなら、真っ先におさえておきたい取引所です。

仮想通貨のスプレッドは広すぎて儲からない?手数料がお得な取引所やスプレッドが広すぎる理由を解説

DMM Bitcoin

DMM Bitcoinはコストカットに向いている取引所の 1 つです。 入出金手数料・送金手数料・取引手数料(※BitMatch取引手数料を除く) 仮想通貨のスプレッドとは などが軒並み無料 で、余計な支出を減らせます。

販売所形式に対応しており、スプレッドが比較的安定しているのが特徴です。人気の高い 15 種類の仮想通貨を扱っているので、販売所で取引するなら登録しておきたい取引所です。

    銘柄数 No.1
  • 手数料のほとんどが無料
  • BitMatch機能でコストカット

DMM Bitcoin 仮想通貨のスプレッドとは 独自の取引方法として、 BitMatch 機能が挙げられます。 DMM Bitcoin が 買い手と売り手のミッド(仲値)価格を提示し、注文と同じスプレッド幅の逆注文があれば仲値価格で約定可能 です。

仮想通貨のスプレッドは広すぎて儲からない?手数料がお得な取引所やスプレッドが広すぎる理由を解説

Coincheck(コインチェック)

使いやすさと操作性の高さを重視するなら Coincheck がおすすめです。シンプル設計のアプリが人気で、難しそうな仮想通貨売買が誰でも簡単にはじめられます。

販売所スプレッドは広いですが、 取引所スプレッドは比較的狭くなっています 。取引所では 5 種類の銘柄を扱っており、少しずつ数を増やしているため今後に注目です。

  • スマホアプリが使いやすい
  • 自動積み立てサービスあり
  • レンディングサービスで利息がもらえる

Coincheckは利用者が多いため、ビットコインを取引しやすいのがポイントです。販売所をメインに利用している方は、 仮想通貨のスプレッドとは 慣れてきたら取引所形式に移行してスプレッドのコストを削減しましょう

また、 Coincheck では長期保有に向いた積み立てサービスや、仮想通貨を取引所に貸し出して利益を得るレンディングサービスが利用できます。さまざまな運用方法を併用しながら収益アップを狙える点もメリットです。

仮想通貨のスプレッドは広すぎて儲からない?手数料がお得な取引所やスプレッドが広すぎる理由を解説

海外取引所の仮想通貨スプレッドも同様に広すぎる?

  • ハッキング事件が多い
  • 金融庁が警告を出している
  • 詐欺コインが出回っている
  • 取引所が倒産するおそれがある
  • 日本円や日本語に対応していない

大手海外取引所の 仮想通貨のスプレッドとは 仮想通貨のスプレッドとは Binance には 2 度目の警告が出ており、今後の先行きが不透明な状況です。 リスクを避けるためにも、安全かつセキュリティ面に優れる国内取引所を利用するのがおすすめです

【結論】仮想通貨の販売所を使うとスプレッドが広すぎて儲からない

  • GMOコイン …取引所銘柄が多く、手数料が安い。
  • DMM Bitcoin …手数料が安い。 BitMatch 機能が利用できる。 …利用者が多い。各種サービスが豊富。

 bitFlyerってよく聞くけど、手数料が高いって本当? 安全性は高いって聞くけど、手数料も結構高いみたい!? bitFlyer(ビットフライヤー)は国内で大規模で、特にセキュリティ面で安心できる仮想通貨取引所です。また、レバレッジ取引できると言った点からも人気がありますね。 もし手数料を抑えた.

Zaifを使おうと思ったんですが、手数料が高いと聞いて悩んでいます。 確かに、他の取引所に比べるとZaifは少し手数料が高いよ。 Zaifは「ネムの流通量が多い」「独自のトークンを扱う」といった強みをもつ取引所です。その一方、「手数料がやや高い」という口コミも見られます。 今回は、Zaifの手数料.

bitbankってどうでしょう?手数料が高いと聞いたのですが。 他の取引所に比べると、ちょっと高めの手数料がかかるよ。 仮想通貨のスプレッドとは bitbankはアプリの使いやすさやセキュリティの高さに定評のある取引所です。その一方、「手数料が高い」という意見も見られます。 今回は、bitbankの手数料やスプレッドについて.

楽天ウォレットは手数料が高いという噂ですが、本当でしょうか? 確かに、手数料は他の取引所よりも高いかもしれないね。比べてみると一目瞭然だよ。 楽天ウォレットは知名度の高さから多くの人が利用しています。敷居の低さが売りの楽天ウォレットですが、「手数料がかなり高い」という声があるのも事実です。 今回は.

コインチェックの手数料って高いんですかね?色々な手数料があるみたいですし……。 他の取引所と比べてみれば、高すぎるかどうかがわかるよ。 仮想通貨を運用する際、手数料をたくさん取られてしまうのは困りますよね。コインチェックは人気のある取引所ですが、「手数料が高すぎる」と感じている方もいるかもしれません.

イーサリアムを買いたいんですが、どこで買うべきですかね? 手数料が安くて、使いやすい取引所がいいね。 イーサリアムは将来性の高い仮想通貨として注目を集めています。「ビットコインの扱い方に慣れてきたので、次はイーサリアムを購入したい」と考えている方は多いのではないでしょうか。せっかく購入するなら、少し.

間違ったやり方を選ばなければ、ちゃんと利益を出せる取引方法だよ。 アービトラージは取引所の間に生まれる価格差に目をつけて利益を上げる方法です。儲かる仕組みを理解して、取引を始める前に準備を行うことで利益を上げられます。 価格差が生じる要素に未成熟さがあります。プレイヤーがまだ少なく変動も大きくなって.

仮想通貨のスプレッドは広すぎて儲からない?手数料がお得な取引所やスプレッドが広すぎる理由を解説

当サイトで提供する商品の情報にあたっては、十分な注意を払って提供しておりますが、情報の正確性その他一切の事項についてを保証をするものではありません。 お申込みにあたっては、提携事業者のサイトや、利用規約をご確認の上、ご自身でご判断ください。 当社では各商品のサービス内容及びキャンペーン等に関するご質問にはお答えできかねます。提携事業者に直接お問い合わせください。 本ページのいかなる情報により生じた損失に対しても当社は責任を負いません。また『お金の知恵袋』に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。海外サービスは日本居住者を対象としておらず『お金の知恵袋』は利用を推奨しておりません。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる