高金利通貨でのFX

キャピタルゲインの定義

キャピタルゲインの定義
金融・経済

月刊国際税務 Worldwide Tax Summary 5月号

2022年5月号Worldwide Tax Summaryトピックス

  1. バイデン大統領、2023年度予算で超富裕層へのミニマム税新設を提案~法人税率引上げなど増税案を改めて表明(米国)
  2. 2022年春季財政報告(英国)
  3. 第2の柱のコメンタリーを公表、実施フレームワークに関するパブリックコンサルテーションを開始(OECD(1))
  4. 第1の柱の適用範囲に関する国内法のモデルルール案のパブリックコンサルテーションを開始(OECD(2))
  5. EU財務相会議、第2の柱の指令案で全会一致に至らず(EU)

バイデン大統領、2023年度予算で超富裕層へのミニマム税新設を提案~法人税率引上げなど増税案を改めて表明(米国)

2022年3月28日、バイデン大統領は、特定の高所得者に適用される20%の新ミニマム税など新たな増税と、10年間で1兆ドルの連邦赤字削減のためのその他の措置を提案する5兆8千億ドルの2023年度(2022年10月~2023年9月)予算案を議会に提出した。新たな事業に係る増税案には、現行の税源浸食濫用防止税(BEAT)に代わる「軽課税利得ルール」(undertaxed profits rule)が含まれている。また、2022年度予算案に盛り込まれていた法人所得税率の28%への引上げその他の多くの税規定を再提案している。昨年11月に民主党票のみで下院を通過した「Build Back Better」調整法案(H.R.5376)を上院民主党が進めようとしている中、本予算案と120ページにおよぶ財務省の「政府の2023年度歳入案に関する一般説明」(Green Book)が公表された。H.R.5376は、法案の歳出規定等について、民主党の一上院議員の反対により、上院で停滞している。H.キャピタルゲインの定義 キャピタルゲインの定義 R.5376には、法人利得ミニマム税、法人株式の買い戻しにかかる付加税、国際税法改正、個人の調整総所得1千万ドル超に対する付加税、個人の純投資所得税拡大など、多くの増税案が含まれている。H.R.5376には、2017年税制改革法の規定により2022年から償却の対象となったSection 174の研究費の一時損金性を復活させる措置など、納税者に有利な規定も含まれている。企業や個人に影響を与える重要な税制案は、民主党が上院の全民主党員の一致した支持を得られれば、予算調整手続きの下で制定される可能性がある。本予算案では、新たな増税などを提案し、10年間で1兆ドルの連邦赤字を削減することを目的としている一方、国防およびそれ以外の裁量プログラムに対する全体的な歳出を増加させることを提案している。なお、議会民主党でH.R.キャピタルゲインの定義 5376が審議中であることを考慮し、特定政策間または歳入・歳出の内訳は示さず、「赤字中立予備費」(deficit neutral reserve fund)を計上し、企業・個人増税で相殺する形としている。

高所得者に対する新たな個人ミニマム税

新たな軽課税利得ルール

本予算案では、BEATを廃止し、OECDの第2の柱モデルルールで説明されているUTPRと整合性を持たせることを意図した新たな軽課税利得ルール(UTPR)に置き換えるとしている。他の国地域がUTPRを採用した場合において、米国の税収が、他国によるUTPRの適用から守られるよう、国内ミニマムトップアップ税(domestic minimum top-up tax)(税率15%)を本提案に含めている。これとは別に、本提案では、米国の納税者が、米国の雇用と投資を促進する米国の税額控除その他の税制優遇措置の恩恵を受け続けられるようにするための不特定のメカニズムが規定されよう。UTPRは、主に軽課税国地域で活動する外国籍の親会社を持つ多国籍企業に適用されよう。また、UTPRは、過去4年間のうち少なくとも2年間でグローバルの年間売上が8億5千万ドル以上の財務報告グループにのみ適用されよう。BEATを廃止し、UTPRに置き換える提案は、2023年12月31日後に開始する課税年度から適用されよう。財務省の試算によると、本新提案では、10年間で2,390億ドルの税収が見込まれる。

その他の増税案

(注1)2022年12月31日後開始課税年度から適用(2023年1月1日前開始、2022年12月31日後終了課税年度は、21%+(7%×2023年帰属分))。なお、GILTIについて、①国地域別に改正、②実効税率20%に引上げ(注2)
(注2)H.R.5376では21%の法人所得税率は変えず、Section 250の控除を28.5%(50%から)に削減(GILTI実効税率15%)となっていたところ、本予算案の法人所得税率の21%から28%への引上げにより、GILTI実効税率も、H.R.5376の15%から20%に引上げ
(注3)本予算案における企業および個人へのその他の追加増税案には、以下が含まれる。
米国への雇用回帰に係る税額控除(適格費用の10%)、国外への雇用移転に係る費用の損金不算入、パートナーシップを通じた関連者によるベーシス・シフトの防止/支配(Section 368(c))の定義を法人関連テスト(Section 1504(a)(2).)に整合/適格選択基金(QEF)の遡及的な選択の拡大/外国事業体の定義を拡大し課税対象ユニット(支店やdisregarded entity)を包含/無形掘削費の費用計上の廃止/石油・天然ガス田に関する特別償却(percentage depletion)の使用廃止/独立系生産者に係る地質学的・物理学的償却期間の延長/個人の最高限界税率を39.6%に引上げ/高所得者の資本所得に普通税率を適用/特定のグランター・トラストに関する所得税・遺産税・贈与税の規定改正/約束手形の一貫した評価の義務付け/信託と被相続人の遺産に関する税務管理の改善/世代間移転税の非課税期間の制限/キャリード(利得)インタレストに対する通常所得課税/私立財団の支払い要件を回避するためのファンド(donor advised funds)の利用制限/デジタル資産を含む各種規定の近代化/同種資産利益の課税繰延べ(Section 1031)の制限(年50万ドル。共同申告をする既婚納税者は1百万ドル)/特定の償却可能な不動産の減価償却費控除を通常所得としてリキャプチャー/脱漏所得1億ドル超の複雑事案(例;移転価格エコノミスト関与事案等)に係る税務調査時効の3年→6年への延長/事業用生命保険の支払利息の比例配分方式による不算入の拡大/2017年法における保険会社の課税に関する草案上の誤りの是正/特定の小規模保険会社に対する非課税所得勘定制度の創設

出典:US キャピタルゲインの定義 Department of the Treasury, General Explanations of the Administration’s
Fiscal Year 2023 Revenue Proposals / PwC, Tax Insights
「月刊 国際税務」2022年5月号収録 Worldwide Tax Summary
PwC税理士法人編
PwC税理士法人顧問 岡田 至康 監修

【経営者必読】ストックオプション制度とは?仕組み・種類・メリット/デメリットを完全体系化!新株予約権との違いも解説!

・募集新株予約権の「内容」「数」
・引換えに「金銭の払込みを要しない」とする場合には、「その旨」
・「金銭の払込みを要する」場合には、募集新株予約権の「払込金額」又は「算定方法」
・「割当日」
・募集新株予約権と引換えにする「金銭の払込みの期日」を定めるときは、その「期日」
・募集新株予約権が「新株予約権付社債に付されたもの」である場合には、会社法676条の各号に掲げる事項(総額、金額、利率、期限等)
・上記の場合において、新株予約権付社債に付された募集新株予約権についての会社法118条1項、会社法777条1項、会社法787条1項、会社法808条1項の規定による買取請求の方法につき別段の定めをするときは、その定め

以下の表の通り、 募集事項の決定は株主総会もしくは取締役会にて決議 をとります。

④募集事項の通知/公告(公開会社のみ)

③募集事項の決定を取締役会決議で行った場合、 割当日の2週間前までに、株主に対し募集事項を通知、もしくは公告 をしなくてはいけません(会社法240条)。

⑤割当契約の締結/申込・割当

次に、 会社と引受者の間で、今回発行する新株予約権を引き受ける割当契約を締結します 。割当契約書には、引受者が会社の発行する新株予約権を引き受ける旨や割当する新株予約権の数やその内容、1株の払込金額などが盛り込まれます。

⑥発行・新株予約権原簿の作成

会社は、 キャピタルゲインの定義 ストックオプションを発行した日以後遅滞なく、新株予約権原簿を作成 し、会社法249条に定める事項を記載し、または記録しなければいけません。

また、 上場企業の場合は、ストックオプション発行に関する適時開示 を行います。

ストックオプションの税制上・会計上の取り扱い

税務上、原則としては給与所得

原則としては給与所得と定められていますが、SOの種類によって 課税の有無やタイミング、対象、また確定申告の要不要 などが下の表のように異なっています。

税金や確定申告、また実際に手取りがどれくらいになるのか のシミュレーションを知りたいという方は、以下の記事もご覧ください。
⇒「【ストックオプションに係る税金】確定申告や計算方法・税金対策について徹底解説!」をご覧ください。

「インカムゲイン」と「キャピタルゲイン」の違いとは?分かりやすく解釈

「インカムゲイン」と「キャピタルゲイン」の違い

金融・経済

この記事では、投資における 「インカムゲイン」 と 「キャピタルゲイン」 の違いを分かりやすく説明していきます。

「インカムゲイン」とは?

「インカムゲイン」とは?

FXでは、外貨によっては年率で3%や4%ということも少なくなく、日本で銀行預金をするより遥かに高い利率の 「インカムゲイン」 が得られますが、その外貨自体のレート変動も絡む為、預金のように確実にそれだけが得られるとは限りません(レートの差額分でマイマスになってしまう可能性がある為です)。

「キャピタルゲイン」とは?

「キャピタルゲイン」とは?

このような、売買差額による利益狙いが 「キャピタルゲイン狙いの投資」 と表現され、株式ではこのような利益の出し方しかありませんが、FXでは先の 「インカムゲイン狙い」 も立派な戦略となっています。

「インカムゲイン」と「キャピタルゲイン」の違い

「インカムゲイン」と「キャピタルゲイン」の違い

「インカムゲイン」 キャピタルゲインの定義 と 「キャピタルゲイン」 の違いを、分かりやすく解説します。

「インカムゲイン」 は、所持しているポジションによる利息のことで、 「キャピタルゲイン」 は、売買差額による利益のことになります。

FXにおいては、 「インカムゲイン」 狙いも意外と多く行われており、ニュージーランドドルやオーストラリアドルなどに高い金利が設定されている為、これらは 「インカムゲイン」 には人気となっている外貨です。

本日20時より15億円募集開始。虎ノ門再開発プロジェクト。不動産クラウドファンディング「COZUCHI」にて資金調達。

この度、株式会社TRIAD(「TRIAD(トライアド)」/ 本社:東京都港区 / 代表取締役:倉持正之)は、東京都港区虎ノ門駅前に所在する、虎ノ門一丁目東地区第一種市街地再開発事業地区内の土地建物(土地58坪、延床147坪)を取得予定です。それに伴い、LAETOLI株式会社(「LAETOLI(ラエトリ)」)が運営する不動産クラウドファンディング「COZUCHI(コヅチ)」を通して15億円の資金調達を行います。




■竣工予定オフィスビル詳細


延べ面積 ▶ 約120,700 平方メートル
敷 地 面 積▶ 約6,キャピタルゲインの定義 400平方メートル
主要な用途 ▶事務所、店舗、業務支援、駐車場等
事業推進パートナー ▶ 日本土地建物株式会社、独立行政法人都市再生機構(UR都市機構)、住友不動産株式会社

募集期間 ▶2022年6月3日~6月9日
種別 ▶キャピタルゲイン重視型/抽選
募集金額 ▶1,500,000,000円
想定利回り(年利)▶4.0%(インカム0.1%+キャピタル3.9%)
想定運用期間 ▶12カ月
最低出資額 ▶10,000円(1口)

会社名:株式会社TRIAD(トライアド)
住 所:東京都港区南青山2-26-1 D-LIFEPLACE南青山2階
設 キャピタルゲインの定義 立:2011年9月
代表者:代表取締役 倉持 正之
資本金:1億円
免 許:宅建免許番号 東京都知事 (3)93605号/不動産特定共同事業 許可番号 東京都知事 第120号
U R L :https://triad.company/?utm_source=PRTIMES&utm_medium=release&utm_campaign=toranomon

本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる