初心者にもわかる

デイトレードするならどの証券会社

デイトレードするならどの証券会社

SSDは予算に余裕がある方におすすめです。SSDにOSやトレード用のアプリやツールをインストールしておけば高速化を期待することができます。ただし、HDDに比べると高価なのでSSDでカバーできない部分はHDDでカバーすると良いでしょう。最近はDropboxなどのクラウドストレージも充実していますので、こだわりがなければぜひ活用しましょう。極端に予算を掛けなくても良いと思います。

FX・株のデイトレードにおすすめのBTOパソコンランキング【2022年最新】| 4枚以上のモニター使用にも対応、証券会社の取引ツールやFXツールで効率良くトレードができる!

daytradepc


当記事では、 FXや株のデイトレーダー向きのおすすめBTOパソコンを紹介 しています。FXや株の取引をしていてより効率的にトレードをするためにモニターを複数枚利用したいという方向けのモデルを厳選しました。

プロトレーダーから一般ユーザーまで幅広い層向けに記事を書きました。各種証券会社が提供しているツール(MARKETSPEEDⅡ・HYPER SBIなど)やMT4(Meta Trader4)/MT5(Meta Trader5)などのトレード用ツールの使用も想定しています。

管理人

管理人

デイトレ用PCを販売しているショップ一覧

BTOメーカーおすすめ度知名度コスパラインナップサポート
パソコン工房★★★★★★★★★★★★★★☆★★★★★★★★★★
マウスコンピューター★★★★★★★★★★★★★★★★★★★☆★★★★★
ドスパラ★★★★☆★★★★★★★★★★★★★★★★★★★☆
エーチャージ★★★☆☆★★☆☆☆★★★☆☆★★★★☆★★★★☆
そら★★★☆☆★☆☆☆☆★★★☆☆★★★☆☆★★★★☆
ジャパンコモディティーズ★★☆☆☆★☆☆☆☆★★★☆☆★★★☆☆★★★☆☆

パソコン工房のトレーディングパソコン

PRO-kabu.2 V11(パソコン工房)

PRO-kabu.2 V11

価格:169,980円(税込)
CPU:Core デイトレードするならどの証券会社 i3-12100
GPU:UHD Graphics 730 デイトレードするならどの証券会社
メモリ:DDR4-3200 8GB
SSD:500GB NVMe
HDD:非搭載

公式

4コア8スレッドとスペックは控えめですが、アーキテクチャが変わって高いパフォーマンスを発揮します。極端に負荷の掛かる作業を行わないのであれば十分でしょう。グラフィックスはCPU内蔵のUHD Graphics 730です。複数モニターを利用するのに利便性が高いです。

PRO-Gaitame.4 v8(パソコン工房)

gaitamepc

価格:264,980円(税込)
CPU:Core i5-12400
GPU:NVIDIA T400
メモリ:DDR4-3200 8GB
SSD:500GB NVMe
HDD:非搭載

公式

PRO-Gaitame.6 デイトレードするならどの証券会社 v8(パソコン工房)

PRO-Gaitame.6 v5

価格:364,980円(税込)
CPU:Core i7-12700
GPU:Quadro T600
メモリ:DDR4-3200 16GB
SSD:500GB NVMe
HDD:非搭載

公式

外為パソコンの一つです。モニター6枚+モニタースタンド付きで別々に購入する手間を省けます。本体の設置及び設定サービス付きで安心です。グラフィックボードには高コスパが魅力のNVIDIA T600を搭載しています。Quadro P620の後継モデルでパフォーマンスが向上しています。プロフェッショナル向けのグラフィックボードです。グラフィックボードとマザーボードをあわせて6画面出力に対応しています。

CPUには12コア20スレッドのCore i7-12700を搭載し万全です。マルチスレッド性能も高くトレードをしながら動画を観たりネットをしたりと快適に行えます。Core i7-11700よりもパフォーマンスが向上しています。デイトレードに必要な性能を兼ね備えていると考えて良いでしょう。SSD 500GB デイトレードするならどの証券会社 NVMe搭載と強力です。様々な取引ツールをインストールしても余裕があります。

FX&株のデイトレにおすすめのBTOパソコン三選

SR-ar7-7660J/S3/W10/LW(セブン)

SR-ar7-7660JS3W10LW


価格:98,780円(税込) デイトレードするならどの証券会社
CPU:Ryzen 7 5700G
GPU:Radeonグラフィックス
メモリ:DDR4-3200 8GB
SSD:240GB NVMe
HDD:非搭載

公式

パソコンショップセブンの売れ筋モデルです。税込9万円台と低価格なのが嬉しいですね。Ryzen 7 5700Gは、Cezanne世代のAPUです。先行でモバイル向けモデルとして登場してその後デスクトップ向けモデルがリリースされました。8コア16スレッドと性能が高いのが特徴です。動画編集や画像編集にも使用可能です。グラフィックスにはRadeonグラフィックスを搭載しています。複数モニターにも対応しています。パソコン本体のみの販売なのでモニターは付属していません。電源には300W 80PLUS BRONZEを採用。安定したPC作業が実現します。DVDスーパーマルチドライブ搭載で映画や音楽鑑賞にも最適ですね。

Magnate MH(ドスパラ)

magnatemh

価格:109,980円(税込)
CPU:Core i5-12400
GPU:GeForce GTX 1650
メモリ:DDR4-3200 16GB
SSD:500GB NVMe
HDD:非搭載

公式詳細

Core i5-12400×GTX 1650搭載のビジネスモデルです。グラフィックボード搭載モデルとして10万円台は圧巻です。GTX 1650搭載でゲームプレイにも対応可能です。HDMI×1、DisplayPort×1搭載で最大2画面出力に対応しています。メモリ16GB、SSD 500GBと価格帯を考えると十分です。電源ユニットは450W BRONZEを採用しています。キーボード及びマウスが同梱となっているのも嬉しいですね。

NVIDIA Quadroモデル QM5J-A211/T(TSUKUMO)

MM5J-A194T

価格:137,800円(税込)
CPU:Core i5-12400
GPU:NVIDIA T400
メモリ:DDR4-3200 16GB
SSD:1TB NVMe
HDD:非搭載

公式

TSUKUMOのQuadro搭載モデルとして販売されているパソコンです。MiniDisplayPort経由での4画面出力に対応しているQuadro P620を搭載しています。デイトレやFXに最適です。CPUにはIntel第11世代のCore i5-11400を搭載しています。6コア12スレッドで高いパフォーマンスを発揮します。メモリ16GB、SSD 500GBと構成も充実していてかつ安価な価格が魅力です。デイトレードをするだけなら十分過ぎる性能だと言えます。

mouse K5-MGZN(マウスコンピューター)

m-Book K700XN-M2SH5top

価格:99,800円(税込)
CPU:Core i7-10750H
GPU:GeForce MX350
メモリ:8GB
SSD:256GB NVMe対応 デイトレードするならどの証券会社 デイトレードするならどの証券会社
HDD:非搭載

公式詳細

ノートパソコンでデイトレードをしたいという方におすすめの一台です。マウスコンピューターとBTOパソコンマガジンとのコラボレーションモデルとなっています。液晶は15.6型と大きくトレードに没頭しやすいモデルだと思います。ノート向けハイエンドCPUであるCore i7-10750Hは性能が高くデスクトップパソコンと比べても遜色ありません。ディスプレイ出力としてはHDMI×1、mini Display Port×1を搭載しています。自宅では複数モニターを追加することも可能です。マルチに使用したいトレーダー必見です。外出先でも容易にトレード環境を構築できると思います。

FXや株のデイトレ用ツール推奨環境まとめ

tradestation

画像引用元:https://info.monex.co.jp/

証券会社取引ツールCPUメモリHDD
楽天証券MARKETSPEEDⅡ Core i7-3770 3.40GHz 8GB 5GB
マネックス証券トレードステーションQuad-Core iシリーズ12GB1GB
SBI証券 HYPER SBICore 2 Duo 2.0GHz以上4GB1GB
松井証券ネットストック・ハイスピード1.6GHz以上1GB50MB
GMOクリック証券スーパーはっちゅう君特になし512MB100MB
岡三オンライン証券岡三ネットトレーダーIntel Penium 1.0GHz以上1GB100MB
DMM.com証券DMM株 PRO Intel Core i5以上 4GB2GB
auカブコム証券kabuステーションIntel Core i5-65004GB2GB
外為どっとコム外貨ネクストネオIntel Core2 Duo4GB-

各証券会社が提供しているツールの推奨スペックをまとめています。実はトレードに使われるツールはそれほど要求スペックが高いわけではありません。最も高いスペックを要求されるツール「MARKETSPEEDⅡ」や「DMM株 PRO」でもCore i5シリーズがあれば十分です。Core i7-3770は古いモデルのため現行のCore i5-12400よりも性能は低いです。Core i3シリーズでも対応できると思いますが、余裕があるに越したことはありませんね。


CPUは、人で言う脳に当たる箇所です。パソコンにおける様々な処理を行う中心的な役割を果たします。デイトレ用で考えるとi5以上を選択しておくと良いでしょう。Intel第十二世代の最新モデルならCore i3シリーズでもある程度の適性があります。

従来モデルのCore i5と同程度のパフォーマンスを期待できます。予算を掛けられるのであればCore i7-12700/Core i7-11700を選択肢に入れると良いですね。ハイエンドモデルを用意する必要はありませんが、Core i3シリーズやPentium/Celeronは避けたほうが無難です。

mainmemory


メモリ容量については最低でも8GBを用意しておくと良いでしょう。部屋一面にモニターを設置したいと考えているトレーダーの方は余裕を持って16GB以上を搭載しておくと安心できると思います。また、Core i7以上を選ぶのであればメモリも16GBにしておいた方がCPUのパフォーマンスを引き出しやすいです。マネックス証券のトレードステーションでは12GBが要求されることになります。

ストレージ

ssd


SSDは予算に余裕がある方におすすめです。SSDにOSやトレード用のアプリやツールをインストールしておけば高速化を期待することができます。ただし、HDDに比べると高価なのでSSDでカバーできない部分はHDDでカバーすると良いでしょう。最近はDropboxなどのクラウドストレージも充実していますので、こだわりがなければぜひ活用しましょう。極端に予算を掛けなくても良いと思います。

その他重要なポイント

グラフィックボード

videocard


基本的にデイトレ用のパソコンに高性能なグラフィックボードは必要ありません。高価なゲーミングPCを購入する必要がないということです。 デイトレで3D処理を行うわけではありませんので・・・ツールなどで3D処理能力を求められません。

ただ、マルチディスプレイにするときにあると便利なのも事実です。予算に余裕うがあればエントリークラスのグラフィックボードでいいので選択すると良いでしょう。GeForce GT 1030、GeForce GT 730、NVIDIA T600、NVIDIA T400、Quadro P620などが該当します。ノート向けならGeForce GTX デイトレードするならどの証券会社 1650となりますね。複数モニターを利用する予定のない方ならグラフィックボードがなくても全く問題ありません。

powerunit


電源不足に悩まないように電源ユニットは高性能なものを用意しておきましょう。特に4枚や6枚など多くのモニターを搭載する場合は80PLUS認証は必須 です。トレード中に電源が落ちてしまったら大変です。80PLUS認証は高品質の証です。容量的には400W以上となります。グラフィックボードを搭載しているなら500W以上でも良いでしょう。

ネット環境

internet


ネット環境も妥協できないポイントです。当然回線が不安定だと重要な場面で取引ができなくなってしまうリスクがあります。ポケットWi-Fiよりは光回線を使うほうが良いですね。基本的には有線を使用するべきです。無線は不安定になることが多いからです。

当記事のまとめ

管理人

管理人

デイトレード向けの証券会社は手数料とツールのふたつで選ぶ

実力で負けるのであれば仕方ないにしても、その前段階であるデイトレードをするにあたっての基本的な部分で負けることは避けたい部分です。こちらの記事ではタイトルにある通り、デイトレード向けの証券会社について解説をしていきます。デイトレードでは毎日たくさん売買をするので手数料もかかりますし、デイトレードに適したツールを使っていなければ迅速な売買ができないので、それだけで不利になってしまいます。 松井証券のトレードツール、ネットストックハイスピードを使っていない人 にはぜひこちらの記事を最後まで読んでほしいです。

結論:一番オススメは松井証券

こちらのふたつから証券会社を決めます。そしてもうわかっているかもしれませんが、 デイトレードで一番オススメの証券会社は松井証券 です。 デイトレードするならどの証券会社 松井証券はデイトレードに限り売買手数料が無料かつ、トレードツールが他のどの証券会社よりも使いやすく、デイトレーダーに特化したトレードツール だからです。

ただ、後程紹介しますが松井証券ではフル板がひとつしか表示できません。それをカバーする為に、 フル板がよっつも表示できる楽天証券のマーケットスピード2も用意しておいた方が、デイトレードはさらにやりやすくなります。 デイトレードをするにあたっては松井証券と楽天証券ふたつの証券会社の口座開設をしてください。

売買手数料からデイトレード向きの証券会社を選ぶ

デイトレードは必ず信用取引で売買する

ちなみに、大前提として デイトレードするならどの証券会社 デイトレードは現物取引ではなく信用取引で行います。 現物取引で売買手数料無料の証券会社はありませんのでその時点でNGです(少額資金なら無料の会社はありますが)。そしてさらに大きな理由として、 現物取引では同じ銘柄を同じ資金で何度も回転させての売買ができません。

100万円の資金があったとして、信用取引なら100万円のA株を買ったり売ったり買ったり売ったり…と一日の間に何度も繰り返せますが、 現物取引では一度100万円のA株を買って売った後は、銀行などからお金を入金しない限りはもうその日にA株を売買することはできません。 ただし、A株を現物取引で売買した後に、同じ100万円の資金で別の銘柄であるB株の売買は可能です。まだその後にC株、D株と一度ずつなら現物取引でも一日の間に何度も回転売買は可能ですが、デイトレードをするにあたってはとても不便です。

デイトレードの売買手数料が無料の証券会社は増えている

数年前はデイトレードの売買手数料が無料なのは松井証券だけでしたが、現在は楽天証券・SBI証券・auカブコム証券等、売買手数料が無料の証券会社は増えています。その為、 売買手数料で比較するならば正直どこの証券会社であろうと差はありません。

  • 一日10回売買すると…200円×10回×20日=40,000円(一か月の売買手数料)
  • 一日20回売買すると…200円×20回×20日=80,000円
  • 一日50回売買すると…200円×50回×20日=200,000円
  • 一日100回売買すると…200円×100回×20日=400,000円

【補足】松井証券で売買手数料を無料にしてデイトレードをする方法

松井証券でデイトレードを行う際に売買手数料がかからない方法を紹介 します。とても簡単なのでご安心ください。まずは松井証券の取引ツールであるネットストックハイスピードを立ち上げます。 松井証券ではデイトレードのことを一日信用取引と呼びます。

ツール上にある一日信用取引をクリックします。【一日信用取引】⇒【一日信用】⇒【一日信用スピード注文】or【一日信用ミニスピード注文】とクリックすると板が出てきます。 この板で売買をすればデイトレードの売買手数料は無料 となります。簡単ですね。

一日信用スピード注文と一日信用ミニ・スピード注文の特徴について簡単に紹介 しておきます。

  • 一日信用スピード注文… 情報量が多く、デイトレーダーは大体こちらを使っています。銘柄も10個まで登録しておけるので、銘柄コードを入力せずともクリックひとつで他銘柄の板情報を確認できるのも楽です。
  • 一日信用ミニ・スピード注文… ムダを削ぎ落して板のみを表示したツールです。使用しているモニターが小さい人やとにかく多くの板を表示させたい人にはオススメですが、板情報があまりにも少なすぎるためデイトレードでは不利になることも多く、個人的にはあまり使わない方がよいと思っています。

金利と貸株料が実質的な売買手数料

デイトレードの売買手数料が無料ならどうやって証券会社は儲けるのか?と不思議に思っている人も多いでしょう。デイトレードはたしかに 売買手数料”は”無料ですが、トレードする毎に1日分の金利・貸株料はかかっています。 いわばこの 金利と貸株料がデイトレードにおける売買手数料 といってもいいのかもしれません。

  • 金利とは…株を購入する時にのみかかる費用です。 信用取引は自己資金ではなく証券会社からお金を借りて株を購入しているので、その分の金利がかかります。デイトレードでは一日分の金利がトレード毎にかかっています。
  • 貸株料とは…株を空売りする時にのみかかる費用です。 株の空売りは、証券会社から借りた株を市場で売却し、そして市場から再度購入してから証券会社に株券を返済するといった形になっています。証券会社から株を借りるレンタル料のことを貸株料といいます。

松井証券と楽天証券の金利と貸株料を計算して売買コストを把握する

松井証券 楽天証券
金利 1.8% 1.8%
貸株料 1.8% 1.8%
デイトレードするならどの証券会社

松井証券では 1注文あたりの約定金額が100万円以上の場合は金利も貸株料も0% となります(完全売買手数料が無料)。楽天証券では 1注文あたりの約定金額が50万円以上の場合は金利も貸株料も0% となります(完全売買手数料が無料)。

一回当たりの約定金額が大きければどちらの証券会社も金利・貸株料は0%となり、売買手数料は完全無料となります。 1.8%の金利・貸株料がかかる場合は金額にしてどのくらいの売買手数料がかかるのかを計算します。

一日当たりの約定金額が1,000万円だった場合(すべての取引で1.8%の金利・貸株料がかかるとする)、 10,000,000円×0.018(金利・貸株料)÷365(日)=493円 となります。 一か月だと493円×20日で9,860円の売買手数料 となります。一日あたり1,000万円の金額を売買する人は500円稼ぐことができれば、最悪±0でその日は終わる計算です。とてつもなく安い金額ですね。売買手数料無料の証券会社であれば 、デイトレードに限っては金利・貸株料のコストを無視してもほとんど問題ない でしょう。

株デイトレードとは? メリット・デメリットと開始手順を解説

デイトレードは向き不向きの差が大きい取引スタイルといえます。
デイトレードに向いている人は判断力があり、更に取引ルールを確実に守ることができる人です。
デイトレードでは株価の動きに応じて瞬時に売買を判断する必要があります。
判断力が無くては取引チャンスを逃し、損失を大きくしてしまう可能性が高いです。
また、デイトレードはある種機械的なトレードが求められます。
全ての取引で利益は得ることはできませんので、事前に決めた取引ルールに基づいて損失が発生していても傷を広げないために売却しなければならない場面があります。
そういった時に取引ルールを守れなければ資産を失ってしまうことにもなりかねません。

初心者が押さえておきたい手順・ポイント

自分のライフスタイルを考える(時間帯・取引環境)

デイトレードは取引に拘束される時間が長くなります。
よって、デイトレードを自分のライフスタイルに組み込むことが重要です。
取引する時間帯をしっかり考えて、PCやネット環境、集中できる部屋環境を整える必要があります。
目標を設定する
目標を設定することはデイトレードにおいて大変重要です。
年間、月間の目標利益を設定し、それを達成するためには1日何回取引をして1回当たりどの程度の利益をあげなければならないかを計算します。
もちろん損失を出すことも想定して現実的な目標を設定する必要があります。

信用取引口座を開設する

デイトレードは高い資金効率がメリットですので、信用取引と相性が良いです。
信用取引を利用すれば保有資金の3倍程度の売買が可能となりますので、当然利益額も大きくなります。
ですが、損失額も大きくなりますのでリスク管理を徹底することが重要です。

デイトレードの基本と原則 ――戦略、資金管理、規律、心理を学ぶための総合ガイドブック

はじめてのお客さまへ

チャンピオン・トレーダーに上り詰めたギャンブラーが語る実録「カジノ・ウォール街」「ラスベガス」から「ウォール街」に戦場を変えた男の成功物語
チャンピオン・トレーダー、マーティン・“バジー”・シュワルツの世界にようこそ。
ウォール街という戦場に挑むハガネの精神と鋭い直感を兼ね備えた男に与えられた称号は、ピット・ブル。ベストの中のベストと言われ、トップドッグたちにも恐れられている真のチャンピオン・トレーダー、シュワルツが初めて公開するそのテクニック。チャンピオンの座を獲得したトレーダーが初めて明かした回想録。数百万ドルを一人で稼ぎ出すトレーダーの物語がここにある。
強いエネルギーと独特のスタイルで書き上げられたこの作品には、シュワルツがたどった成功への道が詳しく記されている。アメリカ証券取引所でオプションのデイ・トレーダーとしてスタートを切り、S&P指数先物で巨額な富を築き上げる。そして、自らのヘッジファンドを設立し、世界のビッグドッグたちと戦うための投資資金を海外の投資家からかき集める。湾岸戦争勃発の夜、たった一人でマーケットに立ち向かい、1日で120万ドルを手にする。数々の教訓をシュワルツは大きな代償を払って、相場という巨大な大衆心理の集まりから学んできた。最高のトレーダーのシュワルツが自ら学んだ数々のことを、相場に携わっている人々、また関心のある人たちに公開する。
瞬時に変わり行く相場の世界に生きている者たちは、その真相を口にはしたがらない。壮絶なプレッシャーと戦い、常に決断を迫られるトレーダーたちに休む暇はない。しかし、今、『バロンズ』誌が「ベストの中のベスト」と称するマーティン・シュワルツがその全貌を明かにする。戦火の中で素早く行動を取るシュワルツの一つ一つの動きから、読者は多くを学ぶことになる。
シュワルツが生き抜いてきた金融市場から学んだ教訓が17章にまとめられている。その中から、シュワルツの行動、姿勢、それに戦略を肌で感じることができるだろう。実践でシュワルツが使うテクニックやトレーディング用法を「シュワルツの売買テクニック」の章で解説している。
これから相場に取り組んで行く人、ウォール街の仕組みとそこに生きるトレーダーに興味がある人、もしくは成功を収める人間のスタイルとパターンを知りたい人には、この『ピット・ブル』は必携の書物である

「株式投資好きの父が亡くなった」上場株式を相続する際に知っておきたいこと

「株式投資好きの父が亡くなった」上場株式を相続する際に知っておきたいこと

一方で非上場株式とは、証券取引所には公開されておらず、一般に流通していない株式です。非上場株式が問題になるのは、父親(母親)が 会社を経営している場合や、親族や知人の会社に出資している場合 などです。
非上場株式は、「○○の会社に出資している」といった言い方をするのが通常で「株をやっている」といった表現を通常は使いません。 「株をやっている」と言っていた父親(母親)の相続事案であれば、相続財産は上場株式と考えてまず間違いないでしょう 。

(2)証券会社が判明しているかどうかで対処方法が異なる

②必要書類を揃える
相続人が株式の相続手続きを行うための必要書類を揃えます。多くの証券会社では 戸籍謄本、住民票や本人確認書類、遺産分割協議書、遺言書等が必要 となるでしょう。また、口座振替の申請書などを書かなければなりません。証券会社によって書式が異なるので、送ってもらいましょう。

③相続人の証券口座を用意する
株式を相続するときには、被相続人名義から相続人名義に書き換えた株式を相続人の証券口座に振り替えてもらう必要があります。預金と違い、有価証券の場合には「口座そのものの名義変更」ができないので、 必ず「相続人名義の証券口座」が必要 デイトレードするならどの証券会社 です。
今証券口座をお持ちの方はその口座を使ってもかまいませんが、口座のない方の場合には新規で開設する必要があります。新規口座を開設する場合には、本人確認書類やマイナンバーカードの写し、その他証券口座開設のための申込書などの準備が必要です。

●証券会社がわからない場合
株式を預けている証券会社がわからない場合には 「証券保管振替機構」に問い合わせると、どこの証券会社と取引があるのか開示 してもらえます。証券保管振替機構とは、証券を預かって管理している機関です。開示請求書に必要事項を記入して、必要書類とともに郵送すれば、取引情報が記載された資料を郵送してもらえます。

  • 開示請求書
  • 法定相続人の本人確認書類
  • 相続人の戸籍謄本 ※1
  • 被相続人の戸籍謄本等(原則として被相続人の出生時から死亡時までのすべての戸籍謄本類が必要ですが、省略できるケースもありますので、証券保管振替機構に確認しましょう)※1
  • 被相続人の住所がわかる資料

2、上場株式の価値〜相続税評価額〜

株式を相続したときには、 その株式にどの程度の価値があるのかは重要な問題 になります。
法定相続人が相続分に従って遺産分割協議を進める際、株式の価値がわからなければ各自の相続分を計算することはできません。
また相続税についても検討しければなりません。
そこで、相続の際に使われる株式の価値の一つである相続税評価額の評価方法をご説明します。

(1)基本的な上場株式の相続税評価額

上場企業の株式の場合、評価方法としては以下の4つの価額のうち「 もっとも低い金額 デイトレードするならどの証券会社 」を採用できます。

  1. ①相続があった日の終値
  2. ②相続があった月の終値の平均額
  3. ③相続があった月の前月の終値の平均額
  4. ④相続があった月の前々月の終値の平均額

(2)上場株式評価の具体例

  1. ①9月20日の最終価格…3,000円
  2. ②9月の終値の平均額…3,200円
  3. ③8月の終値の平均額…3,500円
  4. ④7月の最終価格の平均額…2,800円

(3)株式の終値や平均額の調べ方

3、株式の遺産分割方法や注意点

(1)株式の遺産分割方法

父親(母親)名義の株式を相続するとき、相続人が1人であればその相続人がそのまま株式を相続するだけです。しかし、 相続人が複数いる場合は「遺産分割」をしなければなりません 。
株式の遺産分割方法には、以下の3種類があります。

②株式を売却して、代金を相続人で分配する(換価分割) デイトレードするならどの証券会社
2つ目は、株式を売却して売却代金を相続人間で分配する方法です。誰も投資や株式の所有に関心がない場合にお勧めです。
売却代金は、話し合いによって分配することもできますが、一般的には法定相続分に従って分配します。たとえば、子3人のみが相続人になっていて株式が1,500万円で売れたのであれば、1人500万円ずつの売却金を受け取ります。

③1人の相続人が株式を相続し、代償金を他の相続人が受け取る(代償分割)
3つ目は、株式を1人の相続人が相続し、他の相続人には「代償金」を支払う方法です。株式を取得する相続人は、他の相続人の「法定相続分」に応じて代償金を支払います。
たとえば子どもが3人いて1,500万円分の株式が残されている場合、長男が株式を全部取得するなら他の兄弟にそれぞれ500万円ずつの現金を支払います。

(2)株式の遺産分割における注意点

●株式が下がったタイミングで売却すると、損になる
上場株式の評価額は、日々変動します。土地などの不動産も価格変動はありますが、株式はさらに極端な値動きを見せるケースが多々あります。相場を調べないで安易に売却すると、下がったタイミングで売却することによって損をしてしまう可能性があります。
株式を売って代金を分ける場合には、 デイトレードするならどの証券会社 焦らずできるだけ高くなったタイミングを狙って売却しましょう 。

●代償金計算が不公平にならないようにする必要がある
誰か1人が株式を取得し、他の相続人に代償金を払う「代償分割」の場合にも、株式の評価額との関係で問題が発生します。株式が下がったタイミングで評価すると他の相続人の代償金が低くなって不満が噴出しますし、株式が上がったタイミングで評価すると代償金が高額になって今度は株式を取得する相続人が不満を感じるからです。
代償金計算の際にも、株式の評価が不公平にならないよう配慮する必要があります。

●準確定申告が必要
被相続人が株式取引をしていた場合、本来なら本人が確定申告すべきであったケースがあります。しかし本人は死亡しているので、自分で確定申告できません。この場合、 相続人が被相続人に代わって「準確定申告」をしなければならない可能性があります 。準確定申告には 「相続開始後4ヶ月以内」という期限があるので、早めに手続きしましょう 。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる