初心者必見

FX会社でスプレッドが狭いのはどこ

FX会社でスプレッドが狭いのはどこ

カバー取引をすることで、顧客のオーダーで生じるリスクを相殺できます。しかしこのままだと レートが変動した場合マイナスの生じるリスク は残ります。

【18社比較!】FX会社のスプレッド一覧表【2022年最新版】

FX業者のスプレッド比較表

FX会社

各FX会社のスプレッド比較一覧表のページです。米ドル/円・ユーロ/円・ユーロ/米ドル・ポンド/円・豪ドル/円・NZドル/円のスプレッドを比較しています。

スプレッドを比較する際の注意点も解説していますので、ぜひ最後までご覧ください。

FX会社のスプレッド比較一覧表

FX会社米ドル/円ユーロ/円ポンド/円豪ドル/円NZドル/円ユーロ/米ドル詳細
0.2銭 0.4銭 0.8銭 0.6銭 1.0銭 0.3pips 詳細
0.2銭 0.4銭 0.9銭 0.6銭 1.0銭 0.3pips 詳細
0.2~0.6銭 0.4~1.5銭 1.0〜1.6銭 0.6〜0.9銭 0.8〜1.5銭 0.3〜1.0pips 詳細
0.2銭 0.5銭1.0銭0.7銭1.2銭0.4pips 詳細
0.3銭0.5銭1.FX会社でスプレッドが狭いのはどこ 0銭 0.6銭 1.7銭 0.3pips 詳細
2.0銭3.0銭5.0銭4.0銭6.0銭2.0pips 詳細
0.2銭 0.5銭1.0銭 0.6銭 1.FX会社でスプレッドが狭いのはどこ FX会社でスプレッドが狭いのはどこ 3銭0.3pips 詳細
0.2銭 0.5銭1.0銭0.7銭3.9銭0.4pips 詳細 FX会社でスプレッドが狭いのはどこ
0.19銭 ※1 0.4銭 ※1 0.9銭 ※1 0.58〜0.6銭 ※1 1.1銭 ※1 0.38pips ※1 詳細
1.0銭2.0銭4.0銭3.0銭6.0銭1.0pips 詳細
0.2銭 0.5銭1.0銭0.7銭1.2銭0.4pips 詳細
1.0銭3.0銭5.0銭4.0銭7.0銭2.0pips 詳細
0.2銭 0.5銭1.1銭0.7銭1.2銭0.4pips 詳細
0.2銭 0.5銭1.3銭 0.6銭 1.5銭0.4pips 詳細
FX会社でスプレッドが狭いのはどこ 0.2銭 0.5銭1.0銭0.7銭1.2銭0.4pips 詳細
0.2銭 0.5銭1.0銭0.7銭1.2銭0.4pips 詳細
0.2銭 0.5銭1.0銭0.7銭1.2銭0.4pips 詳細
0.2銭 0.5銭1.0銭0.7銭1.2銭0.4pips 詳細
2022年1月情報更新。各社原則固定・例外あり(ヒロセ通商は変動制)。※1. 取引数量により変化。

エフ男

同じFX口座でも、こんなにもスプレッドに差があるんですね

スプレッド勉強中の人

スプレッドの狭さだけにこだわってしまうと、その他のデメリット(取引ツールが使いづらい、スワップポイントが低い、取引手数料がかかってしまうなど)があったりもします。

スワップポイントも高水準なので、長期トレードにも最適!各FX会社のスワップポイントに関しては、「スワップポイント比較一覧表」をご覧ください。

スプレッドで比較!おすすめFX会社・口座 TOP3

スプレッドが低いみんなのFX

みんなのFXのスプレッドは、あらゆる通貨ペアで業界最狭水準!トルコリラやメキシコペソなどのマイナー通貨でもスプレッドが狭いのが特徴です。

FXトレーダー

ヒロセ通商のLION FX

LIGHT FXはスプレッドが低い

LIGHT FX 公式サイトはこちら LIGHT FX(ライトFX)とは、トレイダーズ証券が2018年10月末にリリースしたFX取引サービス。 トレイダーズ証券はLIGHT FXのほか、FX(みんなのFX)、システムトレード(みんな.

LIGHT FX(ライトFX) では、当サイト限定で最大53,000円キャッシュバックキャンペーンを開催中!こちらのLIGHT FX当サイト限定キャンペーンですが、実は通常キャンペーンよりも非常に条件が簡単でたった5Lot(=1,000通貨×5回)の取引をするだけで3,000円の上乗せ分がGETできちゃいます。

余談ですが、2019年10月半ばに各FX会社で米ドル/円のスプレッド縮小合戦が大勃発しました。

そもそもスプレッドって?比較して意味あるの?

FX初心者

スプレッドとは、FXの実質的な取引コストのこと。FXでは、このスプレッドの幅が狭ければ狭いほど利益が生み出しやすくなります。

FX投資家

…と思うかもしれませんが、FXでは取引コストを「スプレッド」と「売買手数料」の2つに分けて考えており、FX会社のいう「取引手数料無料」は売買手数料が無料という意味なのです。

今や売買手数料は無料のケースがほとんどですが、スプレッドは基本的にどこのFX会社でも発生します。

スプレッドはFX口座によって大きく異なるため、自分が使用している口座のスプレッドを把握しておかないと知らず知らずのうちに大損してしまいます。

しかし!そんなFX会社の中にも自社の利益を極力抑え、 私たちトレーダーに還元 してくれているところもあるのです!

スプレッド比較者

せっかくなら、そんな良心的な会社で取引したいっすね

「せっかくならお言葉に甘えて、低コストで取引したい!」ということで、スプレッドが狭いおすすめFX会社を比較しながら一覧で紹介した次第であります。

スプレッドとは「FXの実質的な手数料」

FXのスプレッド

スプレッド(spread)とは、本来は英語で「幅」「広さ」を意味します。FXでは「買値」と「売値」の差のことを意味し、この差が実質的な取引コストとして各FX会社から差し引かれているんですよ。

東京外国為替市場の円相場は、1ドル108円20銭〜24銭の間で取引されています

この差のことをスプレッドといい、スプレッドが狭いほど利益が出しやすくなります

つまり、私たちが買うときはちょっとだけ高い値段売るときはちょっとだけ安い値段で売買して、その差額をFX会社が手数料として差し引いてるってことですね

スプレッドの確認方法

上の画像はトレイダーズ証券みんなのFXの取引画面のものですが、この場合はスプレッド0.2銭という意味。

な〜んだ、FX会社の言う「手数料無料」ってウソだったのかぁ…

FXでは取引コストを「売買手数料」「スプレッド」の2つに分けて考えます。「手数料無料」を掲げているFX会社は「売買手数料」が無料という意味。

ちなみに、このスプレッドという仕組みは外貨預金にもあり、買値と売値の差が取引コストとして差し引かれます。しかしこの外貨預金の取引コスト、 FXよりかなり高い のです。

FXのスプレッドとは?スプレッドを比較したおすすめ業者もご紹介

FX スプレッド


FX業者のスプレッドに関する表記を見てください。「○○銭」という場合もあれば「○○pips」と書かれている場合もあります。pipsはちょっと聞きなれない単位かもしれません。

両者の違いは、 どの通貨でペアを組んでいるか によるものです。

  • 銭:日本円の含まれる通貨ペアで取引した場合
  • pips:海外の通貨でペアを組んだ場合

FX業者でスプレッドは異なる

複数あれば、対象の金融機関の間でオーダーを引き受けるため一種競争が繰り広げられます。 より有利なレートを提示したところ と取引すればいいわけです。

FXのスプレッドの計算方法

ところでこの0.2銭、 1通貨単位当たりで発生するスプレッド です。トレードする通貨単位によって発生するスプレッドの額は変わってきます。

  • 1000通貨:1000×0.FX会社でスプレッドが狭いのはどこ 2=2円
  • 1万通貨:1万×0.2=20円

となります。 スプレッドは少なければ少ないほど、それだけ低コスト となるわけです。

スプレッドでFX業者がもうかる仕組み


スプレッドに関する解説はいろいろなサイトで紹介されています。すると多くのサイトで「スプレッドはコスト、FX業者の利益になる」と紹介されます。

顧客と真逆のリスクが発生する

FX会社はお客さんの注文を受けて取引をします。値上がりした場合、 その利益を負担するのはFX業者 です。

リスクマネジメントとカバー取引

私たち顧客は買いポジションを持っています。つまり業者と顧客は反対方向のリスクを抱えているわけです。このリスクを解消するために、FX会社はカバー取引と呼ばれる手法を実践します。

カバー取引はFX業者の利益のためだけでなく、 安定したサービス提供のため にも必要です。

変動リスクのためのスプレッド


カバー取引をすることで、顧客のオーダーで生じるリスクを相殺できます。しかしこのままだと レートが変動した場合マイナスの生じるリスク は残ります。

そこでリスク回避するために、 変動リスク分を上乗せしたレート を顧客に提示します。これがスプレッドの生じる理由です。

通貨ペアによってスプレッドの異なるわけ

メジャーで取引量の豊富な通貨ペア は変動率は低く安定して相場は推移しますし、流動性も高いです。スプレッドが狭くなりがちな通貨ペアは以下のような組み合わせです。

日本円とほかのメジャーな通貨の取り合わせ は、マーケットが比較的落ち着いています。そんなに大きくレートが短期間で動かないので、スプレッドも低めです。

FXのスプレッドの種類


スプレッドには大きく分けて2種類あります。その2種類とは固定と変動です。

  • 固定:売値や買値が変動してもスプレッドは一定
  • 変動:レートの変動でスプレッドの値が変わる

ただし 固定スプレッドでもその幅が変わることもあります 。スプレッドの変動する要因は主に3つ考えられます。

  1. 経済指標の発表時
  2. イレギュラーな出来事
  3. 明け方

経済指標の発表時

JPY ・日銀短観
・景気動向指数
USD ・アメリカ雇用統計
・FOMC政策金利
EUR ・ECB政策金利
・Ifo景況感指数

イレギュラーな出来事


突発的な政治的・経済的な出来事が起きたときにレートが大きく上下動することがあります。それに対応するためにスプレッドも広がる可能性があるので注意しましょう。

また要人の発言も不安定要因です。 国のトップのほかにも実力派の政治家、中央銀行総裁の発言 で流動性が一時的に低くなることもあります。

日本時間で言うところの 朝5~8時 は流動性が低くなるので、一時的にスプレッドの広がる可能性があります。この時間帯、ニューヨーク市場が閉まって世界の主要な市場が開いていないからです。

スプレッドで比較!おすすめFX業者を紹介

1 SBI FXトレード

SBI FXトレード

  • 1通貨単位からの少額投資に対応
  • SBIグループのFXサービス
  • 業界最狭水準のスプレッド

2 外為どっとコム

外為どっとコム

  • 口座開設数50万突破 ※
  • スプレッド縮小キャンペーンがある
  • 各種取引手数料無料

3 GMOクリック証券

GMOクリック証券

  • 取引ツールが充実
  • 24時間サポート無料
  • 業界最安値水準の取引コスト

関連記事|FX

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。

海外FXスプレッド比較・見方、スプレッドが狭い海外FX業者

XMTrading スプレッド一覧

レートをpipsに換算する方法

  • 円の通貨ペア → レート差 × 100

(0.001 × 100 = FX会社でスプレッドが狭いのはどこ FX会社でスプレッドが狭いのはどこ 0.1 → 0.1pips)

  • 円以外の通貨ペア → 価格差 × 10000

(0.00001 × 10000 = 0.1 → 0.1pips)

確かに、最小スプレッドが狭いほど、その海外FX業者のレートが有利であることを意味していますが、つねに そのスプレッドがトレードで実現できるわけではない のですね。むしろ、最小スプレッドよりはほぼ確実に広くなる、と思っていた方がよいのです。

平均スプレッドとは

平均スプレッドとは、一定期間におけるスプレッドが狭い時と広い時との平均値を表したものです。

平均スプレッドを見ることで、広い時もあれば狭い時もあるとしても概ねの平均コストを見ることができます。

EXNESSの平均スプレッド

EXNESS 取引条件一覧

例えば、EXNESSでは取引条件一覧にて平均スプレッドを提示していますので、目安にすることができます。注意したいのは、 このスプレッドよりも拡がる可能性はある ということです。

リアルタイムスプレッドとは

リアルタイムスプレッドとは、実際にリアルタイムチャートにて取引されている売値・買値、スプレッドのことをいいます。その海外FX業者の取引きツールのレートがそのままリアルタイムで反映されたものです。

リアルタイムスプレッドが実際に取引する際のスプレッドとなるため、最も信用できる数値だといえます。

AXIORYのリアルタイムスプレッド

AXIORY リアルタイムスプレッド

スプレッドが広い海外FX業者は、わざわざ前もって自社のデメリットとなるスプレッドを公開しないものです。 リアルタイムスプレッドが公開されているかどうか が、業者選びの1つのポイントとなるでしょう。

スプレッドと約定力の関係

海外FXでスプレッドを重視する際に、欠かせないのが 約定力をチェックすること です。

約定力を考慮することが大切

約定力を見極める方法

しかし、約定力が期待できる海外FX業者には共通する特徴があるので、口座開設する前にも確認することは可能なのです。

  • リアルタイムスプレッドが公開されている
  • 約定力に関する具体的な明記がある
  • 約定力のデータが確認できる
  • サーバー情報が確認できる
  • 採用するシステムに関する言及がある
  • LP(リクイデティ・プロバイダー)の情報がある

約定力に力を入れている海外FX業者の場合、総じてスプレッド・約定力・サーバーやシステムに関する情報が詳しく表記されているのですね。

スプレッドが狭いおすすめ海外FX業者・FX口座

海外FX ECN口座スプレッド比較一覧

FX会社でスプレッドが狭いのはどこ FX会社でスプレッドが狭いのはどこ
海外FX業者/手数料(1ロット) USDJPY GBPJPY EURJPY AUDUSD EURUSD
XM/往復$10 0.2pips 1.2pips 0.4pips 1.9pips 0.1pips
AXIORY/往復6ドル 0.4pips 0.6pips 0.5pips 0.5pips 0.2pips
Tradeview/往復5ドル 0.1pips 0.5pips 0.2pips 0.2pips 0.2pips
Gemforex/無料 0.3pips 1.0pips 0.5pips 2.5pips 1.8pips
LAND-FX/往復8ドル 0.8pips 1.5pips 0.8pips 1.1pips 0.3pips
HotForex/往復6~8ドル 0.2pips 0.8pips 1.0pips 1.2pips 0.1pips
FBS/往復6ドル 0.3pips 0.6pips 0.2pips 1.7pips 0.1pips
Exness/往復7ドル 0.7pips 1.2pips 0.4pips 1.0pips 0.6pips

最強スプレッド ベスト3はここだ!

ここで、 約定力を考慮 しなければなりません。 なぜなら約定力が弱いと、結果として実質のスプレッドは広くなってしまうからです。

スプレッドが狭いおすすめ海外FX業者!

おすすめ1位:Tradeview

Tradeviewは、最高水準のトレード環境に強みを持つ海外FX業者。業界トップクラスの FX会社でスプレッドが狭いのはどこ 最狭スプレッド卓越した約定力 で短期トレーダーから根強い支持を得ています。ECN口座のリアルタイムスプレッドは、公式サイトでも公開されているため、信頼性も高いと評判です。

  • 業界トップクラスの最狭スプレッド
  • 最大規模のサーバー(EQUNIX社)
  • リアルタイムスプレッドと提携LPを公式サイトにて公開
  • 手数料が片道2.5ドル/ロットと格安レベル

Tradeviewの取引きツールは、MT4・MT5に加えて、スキャルピング・ECN口座専用のcTraderとCurrenexが選択可能です。最低入金額が10万円からとなり、本格的にデイトレードやスキャルピングを取引したい方向けだといえます。 スプレッドや約定力にこだわるなら、まず検討したい海外FX業者です。

おすすめ2位:AXIORY

AXIORY 公式サイト

そして、スプレッドで極めつけの2位はAXIORYです。AXIORYでは、約定スピードやスリッページ率などの 統計データを毎月公開 していて、透明性が高いことで人気の海外FX業者です。完全信託保全を提供する数少ない海外FX業者の1つでもあり、安全性の高さからも評価されています。

  • 約定率99.97%、最速約定スピード0.001秒
  • 世界最大級のサーバー(EQUINIX社)
  • Tier1クラスのLPを採用
  • 約定力に関する統計データを公開

おすすめ3位:LAND-FX

LAND-FXは、設置するサーバー数の多さで圧倒的な強みを持つ海外FX業者です。EQUNIX社をはじめ複数の大手ITインフラ業者と提携し、最強のサーバー環境を完備しています。アジア周辺だけでも東京を含めて5,6か所にサーバーがあるため快適な動作と約定スピードが期待できます。

  • 約定スピード0.035秒
  • サーバー数が圧倒的に多い
  • 大手ITインフラを複数採用している
  • 世界最高水準の大手LPと提携

Bank of America、JPMorganChase、と大手LPの情報を公式サイトでも公開しています。100%入金ボーナスやリカバリーボーナス、デモトレードコンテストなどLAND-FX独特のサービスでも注目されています。

【2022年】海外FX11社のスプレッドを徹底比較!口座別おすすめ業者紹介!

【2022年】海外FX11社のスプレッドを徹底比較!口座別おすすめ業者紹介!

海外FX

  • 海外FX業者のスプレッドの狭さを口座タイプ別に比較!
  • スプレッドで選ぶおすすめ海外FX業者!
  • 海外FXのスプレッドとは?
  • 海外FX業者と国内F業者のスプレッドの違い
  • 海外FXのスプレッドを考える際の注意点

FXで利益を上げるために スプレッドは非常に重要な要素 です。

海外FXのスプレッドとは?基礎知識

そもそもスプレッドとは?

この 売り買いの時の差額がスプレッド と呼ばれます。

海外FXの場合は基本的に「 Pips(ピップス) 」と言う単位が使われ、取引量によって手数料が変わるシステムとなっています。

スプレッドのシステム(スプレッドが1.0Pipsの場合)
取引量 円換算(USDJPYの場合)
10万通貨(1Lot) 1,000円
1万通貨(0.1Lot) 100円
1,000通貨(0.01Lot) 10円

しかし、「 スプレッドがある=FX取引はマイナスから始まる 」となるので、利益を上げるにはスプレッドは理解し取引をする必要があるわけです。

  • 海外FX業者は口座別でスプレッドが違う
  • スプレッドは常に変化するもの
  • トレーダーがスプレッドにこだわる理由
  • 変動スプレッドのデメリット
  • 海外FXのスプレッドとレバレッジの関係
  • スプレッドと約定力の関係

海外FX業者は口座別でスプレッドが違う

海外FX業者は口座別でスプレッドが違う

口座タイプ 口座の特徴
STP方式 スプレッドは広いが、 取引コストはスプレッドのみ
ECN方式 スプレッドは狭いが、スプレッドのほかに 取引手数料 がかかる

ECN方式はボーナスや最低入金額などの制限がある場合が多く 中級トレーダ―向きの口座タイプ と分けることもできます。

スプレッドは常に変化するもの

スプレッドは常に変化するもの

海外FXはほとんどの業者で 変動スプレッド を採用しています。

トレーダーがスプレッドにこだわる理由

トレーダーがスプレッドにこだわる理由

先ほども話したように FXはポジションを持った時点で損失から始まる取引方法 です。

  • スプレッドは狭いが初回入金金額が高い
  • スプレッドが狭いが取引制限が多い
  • スリッページが多くてスプレッドの狭い意味がない
  • 業者の信頼性
  • 入出金のしやすさ
  • 取り扱い銘柄の種類
  • ボーナスの有無や使いやすさ
  • スプレッドの狭さ
  • 約定力
  • レバレッジ
  • FX会社でスプレッドが狭いのはどこ
  • 取引制限の有無等
  • サポートの質

簡単に言えば、 自分のレベルや目的にあっているかが重要 なわけです。

変動スプレッドのデメリット

変動スプレッドのデメリット

  • 日本時間の早朝やクリスマス時期や年末年始
  • 重要な経済指標や要人発言の前後
  • 世界経済に影響を及ぼすほどの世界規模のイベント発生時

海外FXのスプレッドとレバレッジの関係

海外FXのスプレッドとレバレッジの関係

◆海外FXのスプレッドとレバレッジの考え方

スプレッドと約定力の関係

スプレッドと約定力の関係

しかし、少なくとも 海外FX業者自体が約定力UPのための環境整備に力を入れていることは確認すべき点 と言えます。

海外FXと国内FXのスプレッドの違いを知っておこう

海外FXと国内FXのスプレッドの違いを知っておこう

FX会社でスプレッドが狭いのはどこ
発注方法 違い
海外FX業者:NDD式 トレーダーの注文が直接カバー先に流れる
国内FX業者:DD式 トレーダーの注文は一度FX業者が受け、カバー先に注文を流すかどうかは、FX業者が決める

  • 海外FXのNDD式→トレーダーの利益=海外FX業者の利益
  • 国内FXDD式→トレーダーの損失=国内FX業者の利益

海外FX業者でもDD式を採用している業者があるので一概にこのようなことはないのですが、 国内業者と海外業者の考え方の違い として以下の解説を読んでみてください。

海外FX業者のNDD式→トレーダーの利益=海外FX業者の利益

トレーダーの利益=海外FX業者の利益

このような取引方式を NDD方式 と呼びます。

国内FX業者のDD式→トレーダーの損失=国内FX業者の利益

トレーダーの損失=国内FX業者の利益

そのためトレーダーの損失がそのまま国内FX業者の利益となり、逆にトレーダーが儲かるとそのまま国内FX業者の損失となる DD方式 を採用しています。

海外FXスプレッドの見方・調べ方、スプレッドが狭い海外FX業者はどこ?

https://www.axiory.com/jp

https://www.axiory.com/jp/products/forex

「海外FX業者の名称〇〇〇〇スプレッド」と入力すれば、ネット検索から詳しいスプレッド情報を見つけることもできます。

STP口座とECN口座

STP口座とは

STP口座は、 一般向けのスタンダード口座 のことです。手数料がスプレッドに上乗せされているタイプの口座です。

ECN口座とは

ECN口座は、中級・上級者向けの口座で、 手数料有料にて狭いスプレッド が設定されています。

手数料を払ったとしても、スプレッドが狭くなった分で軽く相殺できます。しかも、ECN口座専用のサーバーやシステムが使われたりするので、快適なトレード環境にレベルアップできます。

スプレッドが狭い海外FX業者はどこ?

スタンダード口座 スプレッド比較

USDJPYEURJPYAUDJPYEURUSDGBPUSD
XMTrading1.6pips2.3pips3.5pips1.6pips2.4pips
GEMFOREX1.6pips1.8pips2.1pips1.8pips2.4pips
AXIORY1.6pips1.7pips1.8pips1.1pips1.3pips
Tradeview1.8pips1.9pips2.6pips1.7pips2.0pips
Land-FX1.1pips1.9pips1.6pips0.9pips1.9pips
HotForex1.7pips1.7pips2.3pips1.2pips1.8pips
Exness1.1ppips1.9pips2.1pips1.0pips1.2pips

AXIORYLand-FXExnessが狭めの設定になっているようです。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる