海外FXお役立ちガイド

トレンド市場とは

トレンド市場とは
図表2 仕事探しに利用した方法(%) 出所:Randstad Research: Finding Work in the Labour Market, September 2021

トレンド市場とは


GW休業のお知らせをご案内いたします。
●休業日
・4月29日(金)~5月1日(日)
・5月3日(火)~5月5日(木)
・5月7日(土)~5月8日(日)

●発送日
・4月29日(金)15時~5月2日(月)15時までのご注文は5月2日(月)発送
・5月2日(月)15時~5月6日(金)15時までのご注文は5月6日(金)発送
・5月6日(金)15時以降のご注文は5月9日(トレンド市場とは トレンド市場とは 月)から順次発送
※お取り寄せ商品は連休明け順次発送いたします。
どうぞよろしくお願い申し上げます。

【ARTISTIC&CO】10%OFFクーポン配布中!!母の日のプレゼントに♪

☆SITERA403ぴったり¥10.000キャンペーン実施中☆ラッピングサービス♪

ヘアケアで有名な【KERASTASE】続々と商品追加♪

マニックパニックの新色が先行予約受付開始☆

ケラスターゼのヘアケア商品の種類が大幅に追加しました!!

【ARTISTIC&CO.】のハイラインシリーズの商品が追加☆

モロッカンオイルご購入で【数量限定】トライアルサシェプレゼント♪

『Health&Beauty』P-UP商品が全品ポイント10倍!!

【POINT UP 5%】人気のヘアケアアイテムポイント5倍!!~2/28まで

天候不良に伴う荷物のお届けへの影響について


天候や道路状況により荷物のお届け、お預かりに影響が生じる可能性がございます。
ご迷惑をお掛けいたしますがご理解とご協力お願い申し上げます。
なお、商品運送状況の詳細につきましては各運送会社にお問い合わせください。

プロ仕様のドライヤーから高級美顔器が特別価格!最大30%の価格で販売中

【Miss9(ミスナイン)】の商品のバリエーション追加!!

「シワ改善」「美白」に同時アプローチ!ARTISTIC&CO.のホームケア商品♪

待望の【ARTISTIC&CO.】新商品が発売☆

気軽に楽しめる★EMAJINY★ヘアカラーワックス

Y.S.PARKから新登場のバームとワックスが入荷しました!

マグネットヘアプロシリーズのリニューアル商品登場☆

モロッカンオイル新商品のシャンプー&トリートメント入荷しました!

11/17(水)は社内研修による臨時休業となります。発送やお問い合わせは11/18以降に対応させていただきます。

モロッカンオイル全品5%ポイントアップ!

新作ケラスターゼ入荷いたしました!

Products

  • NEW ARRIVALS
  • RECOMMEND ITEM
  • RANKING

Elujuda

エクステ買うならここ!! 発送も早くて良し! 友達(元美容師)に付けて貰う度に購入させて頂いてます! 編み込みも購入した事があり毛質が良く 持ちが良かったので今回はシールを買って見ました! シールもその日シャンプーしても取れる事無し! 毛質も良し! 文句なしです(^^) また購入させて頂きます! ボブの伸ばしかけ 肩下長さ 毛量多め すいてあった髪ですが4ヶ月放置の地毛に シール80枚で馴染みました(^^)

images

たいちょめん様

素早い配送に感謝します。 予想よりも毛の量が少なくて40本ではぺらぺらでした。下調べして必要な本数を知っておく必要がありました。 毛質はとってもよくおどろくほどすべすべさらさらで綺麗です もうワンセット追加で購入してから着けたいと思います。

images

xx櫻子6_6xx様

質問に対する対応も丁寧で分かりやすく、
商品の質もとてもいいのでいつも利用しています。
特にシールエクステの質はダントツです。
オススメのお店です☆

images

購入者様

早く届いて感謝してます。超音波エクステをしたのですが自宅に帰ったらスカスカで。
シールエクステは自分でもでき毛質もよかったです。
今度は少し暗めを頼みました。自分の毛となじみも良かったです

images

Y.ノリコ様

素晴らしい毛質です
またよろしくお願います
ステキな対応ありがとうございます

images

Sn0106様

世界の最新雇用トレンド人材サービス市場は「より強固に、より良く、より速く、より強く」

本コラムでは、SIAグローバルリサーチ エグゼクティブダイレクターのJohn Nurthen氏による基調講演の内容を紹介する。テーマは、「より強固に、より良く、より速く、より強く」。講演は、コロナ禍からの回復、自動化の促進、効率化、共感性の高まりと、人材サービス事業における需要の回復や、M&A、テクノロジーへの投資、RPAや急成長する各プラットフォームへの期待について、その背景やデータを中心に語られた。

2021年の人材サービス市場は各国で堅調な成長を見せた

図表1 主要国の人材サービス市場の収益

図表1 主要国の人材サービス市場の収益 出所:Staffing Industry Analysts: Global Staffing Industry Market Estimates & Forecast, November 2021

34カ国で仕事探しに最も利用されているのは、人材サービス会社

図表2 仕事探しに利用した方法(%)

図表2 仕事探しに利用した方法(%) 出所:Randstad Research: Finding Work in the Labour Market, September 2021

人材サービス会社によるHRテクノロジーの買収と投資

図表3 人材サービス会社によるHRテクノロジー領域への投資計画(1年間)

図表3 人材サービス会社によるHRテクノロジー領域への投資計画(1年間) 出所:Staffing Industry Analysts: Staffing Company Survey (Global Findings) 2021

SIAによると、人材サービス領域のプラットフォームは、一般的な「採用テクノロジー」と、人材サービス会社向けの「人材サービスプラットフォーム」の2種類ある(図表4)。採用テクノロジーは主に候補者を発掘するためのもので、人材を探す「タレントプラットフォーム」(例:Upwork、Fiverrなど)と、業務を委託依頼するための「業務委託プラットフォーム」(例:Uber)がある。タレントプラットフォームの中には「クラウドソーシング・プラットフォーム」(例:Amazon Mechanical Turk)と、「タレントプラットフォーム・アグリゲーター」(例:KellyOCGのHuman トレンド市場とは Cloudなど)がある。

図表4 人材サービス領域のプラットフォーム

図表4 人材サービス領域のプラットフォーム 出所:Staffing Industry Analysts

人材サービス領域のプラットフォームは、人材サービス企業が顧客企業に紹介する人材を迅速に探す。正規雇用の人材を探すための「採用プラットフォーム」(例:Robert HalfのRH Direct、AdeccoのHiredなど)と、臨時雇用の人材を探すための「人材派遣プラットフォーム」(例:AdeccoのAdia、リクルートのAvailatemp、独立系のWonoloやJobandtalentなど)がある。人材派遣プラットフォームは、業種や職種に特化したものが多く、米国では医療系の市場が2020年第二四半期以降、需要が急速に高まり、急拡大している。たとえば、Aya Healthcareは看護師を臨時的に派遣し、宿泊場所の確保や光熱費の支払いなどの付加的なサポートも行う。

10年使えるGoogleトレンドの5タイプ分析。検索需要の波から適切なマーケティングへ繋げる方法

-->

タイプ5.需要安定でほぼ横ばい

Googleトレンドを使って検索広告の年間予算計画をつくってみよう

1.Googleトレンドで変動の傾向を把握する

今回は、「自転車」というキーワードを基に具体的に説明します。自転車の通販をする場合の広告費をどのようにかければよいのでしょうか。 自転車は、Google トレンドで検索してみると以下のような傾向が見れます。

2.年間スケジュールに配分割合を設定する

トレンド市場とは
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月8月 9月 10月 11月 12月
予算投下割合 30% 30% 60% 150% 250% 120% 120% 70% 150% 150% 80% 30%

3.年間予算を入れる

年間の広告予算を300万円とすると、平均的に割り振ると月当たり25万円になります。しかし Google トレンドで見た需要の波にあった配分にすると以下の通りになります。

1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
予算投下割合 30% 30% 60% 150% 250% 120% 120% 70% 150% 150% 80% 30%
広告予算 ¥75,000 ¥75,000 ¥150,000 ¥375,000 ¥625,000 ¥300,トレンド市場とは 000 ¥300,000 ¥175,000 ¥375,000 ¥375,000 ¥200,トレンド市場とは 000 ¥75,000

4.閑散期の問題解決より繁忙期の最大化を

Googleトレンドを活用してみよう

メールアドレスをご登録いただきますと、ブログの更新情報などをお届けいたします。

メールアドレスをご登録いただきますと、ブログの更新情報などをお届けいたします。

「わかりにくいこと」を「わかりやすく」をモットーに、すべての記事を実際に広告運用に関わるメンバー自身が執筆しています。ぜひ無料のメールマガジンに登録して更新情報を見逃さないようにしてください!

知っていますか?ファッションの流行の決め方 | iDAマガジン

知っていますか?ファッションの流行の決め方

そもそも「流行って自然に生まれるものじゃないの?」と思われる方もいらっしゃると思います。しかし現実には、流行は人為的に生み出されているものなのです。(もちろん100%流行をコントロール出来るわけではありませんので、突発的に流行が生まれるケースもままあります。)
なぜ流行を生み出すのか?流行はそのまま売上に直結するからです。
もし仮に、アパレルメーカーが誰のニーズも意に介さず、時流の先読みもせず、何でもいいから、とにかく自分たちの思い描くカッコいい洋服・カワイイ洋服だけを作り続けたとしたらどうなるでしょうか?
10000%そのアパレルメーカーは潰れてしまいます。だって誰も欲しがらないのですから。(私はそんな洋服があったらちょっと欲しい気もしますが…笑)
そして、パリコレで斬新なスタイルを発信し続けているデザイナーたち。彼らは一見して流行とは関係なく、自由な感性のもとにデザインを行っているように見えますが、実は彼らも世のトレンドに忠実に倣っているのです。なぜなら彼らはファッションをアートとしてではなくビジネスとしてデザインしているからです。
流行の存在を無視すれば先述したアパレルメーカーの例のように、ブランド自体にお金が入って来ず衰退し、創作活動を続けて行けなくなるからです。これはファッションに限った話ではありません。家具も然り、家電も然り、食事だって世のニーズを汲み取り、トレンドを先読みして商品開発に活かしているのです。つまり流行というのはあらゆる生産活動を行う上で決して避けては通れないものなのです。

初めに“色”ありき。流行はディスカッションとプレゼンの産物だった

皆さんはインターカラー(Intercolor)という組織をご存知ですか?
インターカラーは 国際流行色委員会(International Study Commission for Color) のことで、ファッションで用いられる流行色を選定している国際的な機関です。6月に春夏カラー、12月に秋冬カラーと年2回会議を開いています。
何と言っても驚きなのが、それを決める時期がなんと実際に洋服に落としこまれる約2年前ということです!つまり、現時点2019年に私たちが選んでいる洋服の色は、2年前の2017年には既に決められていたものだったのです!信じられませんよね…。
「いくらなんでも2年もあったら気分変わってるつーの!!」って思う方が多いと思いますがそれにも実は深い訳があるのです。(詳しくは後述します。)

日本では、 日本流行色協会=JAFCA(Japan Fashion Color Association) がその役割を担っているのですが、ここでも次のカラーは赤!という風に単一的なカラーを決めている訳ではありません。インターカラーで決めた方向性に沿って、カラーイメージの集合体を選定し発表しているのです。そしてそのカラーイメージの集合体を切り取り、新聞・雑誌・WEBなどのマスメディアが単一のカラーとして次の流行色はこれ!と発表し、ようやく私たちは流行色を知ります。

ちなみに先ほど経済状況や市場を分析した上でプレゼンが行われると言いましたが、世の中が不況や戦争状態など暗いムードに傾いているときはそのムードを払拭しようと、ピンクなどの明るめのカラーや色調・トーンが流行色として選ばれる傾向があり 、 ます。逆に好景気の時は堅実に景気を保とうという意識が働き、落ち着いた色み など を選定する傾向が見られるそうです。

色が決まれば、お次は素材とスタイル

例えば機能性に優れたユースフルな洋服が流行っていれば、やはり素材の時点から少しでも他社が使用していない新素材の糸やテキスタイルを選び、洋服を作る上で使用される石油の大量消費に世論がNOの姿勢を見せていれば、できるだけ化繊ものは選ばずオーガニックコットンなどを使用したエコロジカルな洋服作りを目指します。
名だたるメゾンブランドのデザイナーたちは、素材選びだけでもこれだけ神経を払っているのですね。 ちなみにこの時点でコレクション制作の1年~半年前になります。

コレクションで発表する洋服の平均型数は、50〜60型程度。多いところでは100型以上の洋服を発表するブランドもあります。 そしてコレクションは春夏、秋冬と年2回、それにプラスして最近はプレコレクションを行い、さらにオートクチュールとプレタポルテをどちらもやり、トータルで最高年6回コレクションを発表するブランドも存在します。
つまり平均型数の50型で作ったとしても、年に300着以上の洋服を生み出さなければならないのです。これこそが2年前に流行色を発表する最大の理由です。ブランドデザイナーの立場を考えれば決して早すぎる発表ではありませんよね?

4大コレクションでようやく世間にお目見え

パリ、ミラノ、ロンドン、ニューヨークで毎年行われるコレクション。この時初めて各々のブランドがメディアに向けてコレクションを発信し、私たちはこの先のトレンドを目にすることが出来ます。
しかし実際にコレクションのショーで発表される服を手に取るまでは、さらに半年の時間がかかります。コレクションに集まったバイヤー達のオーダーが入り、量産する為に半年がかかるのです。しかし近年では、コレクション開催中にその場でコレクションの服をスマ ホなどで買えるシステムを導入しているブランドも。
コレクションから実売期までの半年というタイムラグを無くし、欲しいと思ったその気持ちが冷えきる前にコレクションの服を手に入れることができるようになりました。

っていう流れだったけれど・・・

最近ではここまでの流れに変化が生じつつあります。その要因としてはSNSの急速な普及が挙げられます。強力な影響力を持つインフルエンサーの登場により、市場のトレンド予測を超えた流行が突発的に現れるパターンが…。 情報を誰でも気軽に発信できるSNSではトレンドの移り変わりが早く、また情報を受け取る側も常に情報に囲まれているので、それぞれの趣向に合わせてニーズが細分化。それにより今までよりも流行を先読みすることが難しくなっているのです。
しかし これは決して悲観すべき事態ではありません。確かに先読みして服作りが出来ないのは、メーカーにと っては在庫を抱える可能性が出て来てしまい、デメリットとなるかもしれません。
しかし元々流行は、トップダウンとボトムアップという形からバランスよく生まれるべきものです。 トップダウンとは、ブランドやアパレルメーカーなどが今年はこういう服がいいですよとトレンドを牽引する形で生まれる流行です。 それに対してボトムアップは、ストリートや一般の人々がブランドの予期せぬ着方や洋服を選び発信していくことで、逆にブランドがそれを吸収し生まれる流行です。最近では、ボトムアップ型の流行を積極的に取り入れる歴史ある名門ブランドも続々出てきています。
このような流れは、一方的な提案を繰り返してきたブランドと私たちの関係を、互恵的に刺激し合う関係へと変えていき、ファッション業界全体を盛り上げてくれるのです。

2021年の市場調査トレンド10選

1960年代に入ると、消費者情報を収集するための主な市場調査方法として、定量調査フォーカスグループが用いられるようになります。コンピュータを使って調査ができるようになると、統計データを重視するようになりました。業界では、消費者が言っていることと実際に行っていることの間に食い違いがあることが明らかになっていたためです。この乖離を把握するための市場調査が、処理能力の進化によって可能になったのです。

インターネットの普及により、研究者がデータを取得するための新たな扉が開かれ、消費者の思考、感情、行動へのアクセスが拡大しました。現在では、クラウドコンピューティングと人工知能の進歩により、膨大なデータセットを保存・評価する手段を用いて、消費者データに24時間いつでもアクセスできるようになり、デジタル時代にしっかりと根付いています。

1.消費者と市場の総合的な情報把握

戦略を練り、リスクを最小限に抑えるためには、消費者や市場の情報を集約した包括的な視点が必要です。そのためには、ありとあらゆるリソースからデータを収集する必要があります。

特定の分野で競合他社が常に優位に立っている場合、彼らはあなたよりも情報を持っている可能性があります。ビジネスにおけるアジリティ(敏捷性)は、虚勢を張ることではなく、消費者や市場の情報に対する総合的なアプローチによって築かれるものです。コロナウイルスのパンデミックが多くの業界にもたらした混乱の後、ブランドは情報の獲得競争に巻き込まれています。これはトップへの競争であり、最初に方向転換することができたものが勝者となります。適切な情報がなければ、ブランドはコストのかかるミスを犯し、最終的な利益に悪影響を及ぼします。

スピードを追求するあまり、孤立してしまったデータは、資源の枯渇を招き、機動的な意思決定の妨げとなります。今まで以上に、ブランドポジションを理解するためには、社内データ、消費者情報、ソーシャル情報、戦略的市場情報などの孤立したデータを結び付けていく必要があります。

マーケット・インテリジェンスは、グローバルなポジショニング、トレンド、競合他社の動向などを総合的に理解した上で、トップダウンのアプローチで行う必要があります。カテゴリーを絞り込むと、自社を取り巻くM&Aや特許の状況に関するデータが必要になるかもしれません。また、収益報告書などの非構造化データを入手して、競合他社の情報を得ることも、優位に立つためには重要なことです。

2.従来の調査方法が廃止され、AIの導入が進む

従来のリサーチ方法は、ラクダのようになりつつあります。グローバル経済では市場の動きが速すぎるため、従来の方法では妥当性を保つことができないのです。例えば、消費者の製品レビューをデータ分析ツールにアップロードすれば、すぐにデータを詳細に分析することができます。

人工知能を市場調査に組み込むことで、迅速に洞察を得ることができるようになります。機械学習のスピードと機能性は日々向上しており、市場情報を総合的に把握するための最速の手段として、この技術の導入が急がれています。

アジリティはビジネスの未来であり、インサイトへのスピードは、今日の市場で先頭集団を走るための最も重要な側面の一つです。AIは、今後数年間の年平均成長率が33%と推定されており、市場調査業界はこの技術に大きな期待を寄せています。適応が遅れている企業や業界は、情報に飢えることになるでしょう。

3.隣接している市場の把握

危機が訪れたときの対処方法は、”もしもに備える“のではなくすでにあるも別の手段へと”いつ切り替えるか“なのです。もしものときに、隣接する市場についての情報が不足していたとします。そのような場合、競合他社があなたの食事しているテーブルから皿を横取りに出てくるかもしれません。

すぐに切り替えるには隣接する市場のことを前後関係なく知っておく必要がありますが、ここに2つ目の理由があります。危機に瀕しているのがあなたではなく、隣接する部門だったらどうでしょう?彼らは、あなたの利益の一部に目を向ける可能性があります。もちろん、すべてのシナリオを想定することはできませんが、相手が誰で、何をしているのかを把握していれば、ゼロから始めるよりも、自分達の領域から相手を排除することができます

4.企業の価値観と消費者の価値観の一致

消費者はかつてないほどにブランドを調査しており、その傾向は衰えることを知りません。パンデミックの際、人々は自分と同じことに関心を持っているブランドにお金を使おうと、自分の価値観に合ったブランドを探し始めていることがわかりました。

精通した消費者は、ブランドを自分の個性の延長線上にあるものとして見ています。彼らは、自分のお金がどこに行くのかを調べるという大変な作業を行っており、それは彼らにとって非常に重要なことなのです。彼らにとって、ミッションステートメントが古くなった牛乳のようだと非常に不愉快に感じます。彼らは、自分たちが関心を持っている社会問題や環境問題に注意を払い、意味のある方法で行動しているブランドの製品やサービスを求めています。

そのためには、行動に裏打ちされた新鮮なミッションステートメントが必要なのです。さらに、信頼性を高めるために、第三者機関による独自の検証を行うことも必要です。消費者はもともとブランドに対して懐疑的なので、その緊張感を和らげるためにできることは何でもしておきましょう。

5.スマートな調査で、ターゲットに合わせたインサイトを獲得する

現代の市場調査ではインサイトへの到達速度が重要であるため、このデータ収集ツールを武器として追加することは、ターゲットとなるインサイトを獲得するために不可欠です。アンケート調査は、マーケットリサーチの原点であり、今日でもカスタマージャーニーの重要な瞬間からインサイトを抽出するための手法として使われています。目的は同じですが、その方法はより優れています。

デジタルの世界では、消費者は詐欺師や悪意のある動機にますます注意を払うようになっています。アンケート調査のタイミングが悪かったり、おとり広告だと感じさせるようなインセンティブがあったりすると、消費者は利用されたと感じるでしょう。これは消費者にとって不快なものであり、ブランドがスマートなアンケートを開発する際には、常に念頭に置いておく必要があります。

しかし、カスタマージャーニーの適切なタイミングで率直なフィードバックを収集するスマートな調査を設計・実施すれば、その努力に見合うだけの成果が得られます。また、お客様が押し付けられたと感じることもありません。アンケートが消費者に適切なインセンティブを与えるものであれば、消費者は喜んでフィードバックを提供するでしょう。なぜなら、あなたが消費者の時間に対して付加価値を与えたからです。

また、先進的なスマートサーベイの例としては、フォーカスグループでの顔認識キューを用いた感情ベースの調査や、CX戦略に関連して選択的にまとめられたコミュニティから得られる非干渉型のフィードバックなどがあります。スマートサーベイに関するセンチメントは今、ポジティブな波に乗っているので、ここで競合他社を出し抜くことは賢明なことです。

6.リアルタイム・ソーシャルリスニングの導入

今後、競合他社を凌駕するブランドの差別化要因となるトレンドは、リアルタイムでのソーシャルメディアリスニングです。社会、経済、政治の動向を反映するソーシャルメディアは、常にオンの状態であり、ビジネスを行うことは地雷原を走り抜けるようなものです。ある程度のソーシャルリスニングはあるに越したことはありませんが、長い目で見ていくならば、リアルタイムのモニタリングが必要です。

あなたのブランドの寿命は、ソーシャルメディアでの失敗を避け、消費者の情報を活用することにかかっています。イノサイト社の調査によると、1964年にS&P500に参加していた企業がリストから外れるまでの平均は33年でした。しかし、2016年には24年に低下し、2027年にはわずか12年にまで低下すると予測されています。

1955年にFortune 500を構成していた企業の88%がすでにリストに存在していないという事実と合わせて考えると、長寿は保証されていないことがわかります。恐竜のようになってしまわないようにするには、社会情勢を常に把握し、新しいトレンドを理解することです。ここでは、ソーシャルリスニングに関する話題の中で、最も関心の高い分野を紹介します。

ご覧の通り、誤報の監視と管理がトップ5に入っているのには理由があります。これらは、競合他社が注目している問題です。ソーシャルが眠らないということは、市場に影響を与える可能性も眠らないということです。

ブランドを長持ちさせるためには、リアルタイムのソーシャルリスニングを、潜在的な危機に対するストップロスオーダーのように考えてみましょう。情報は早ければ早いほどいいのです。

7.分析指標の質への再注目

ベースラインメトリクスについては、正確さが最も重要です。別々の分析ツールからメトリクスを集約している場合は、ソース間で何かが失われていないか、特に注意を払わなければなりません。専用のソーシャルリスニングプラットフォームを使用している場合でも、メトリクスにノイズが混じらないように注意しなければなりません。

具体的にはどのようなことでしょうか?例えば、ブランドのセンチメントを再評価するためにブランドのソーシャルメディア監査を行う場合、データがトピックから外れた言及や類似のハッシュタグ、スパムコンテンツに汚染されていないことを認知する必要があります。クリーンなデータセットは、ブランドの健康状態を明確にしてくれます。もしデータが雑然としていたら、そもそもブランドについて正確に表すことができません

掘り下げて無関係な投稿を切り捨てることができれば、信頼できるブランドの明確なイメージを得ることができます。そして、これがこのトレンドの原動力となっています。つまり、揺るぎない正確さに基づいて構築された質の高い測定基準への渇望です。

8.長期間のトレンドトラッキング

トレンドが時系列でどのように変動しているかを理解することで、市場の動きの背景を知ることができます。トレンドトラッキングは、マーケットインテリジェンスのための「設定したら終わり」というシナリオではありません。継続的なトレンド分析は、ブランドがいつ撤退し、いつ前進すべきかを知る上で重要な役割を果たします。

市場には予測不可能な気質があるため、トレンドは全体を左右するムードの影響を直接受けます。持続可能性が長年のトレンドだからといって、それを軸にした取り組みをして夕日に向かって走り出すことはできません。

そのような考え方はトラブルの元であり、多くのブランドが存在しなくなった理由でもあります。言い換えれば、時流に乗ってブランドを維持することは、短期的には利益を生むかもしれませんが、長期的には大きな賭けになるということです。トレンドは膨らみ、後退し、新たな方向へと枝分かれしていくものであり、ブランドはこれまでにないほど長期的な動きに注目して戦略を立てています。

暗号通貨とブロックチェーン技術はいま白熱しており、イーロン・マスクのような影響力のある人々に注目されています。多くの金融機関やKOL(Key Opinion Leader)は、いまだにこれを流行だと書いています。しかし、そうでしょうか?1兆ドルの時価総額は、注目に値するかもしれません。

この業界に少しでも興味があれば、最近の投資額のかなりの急増について知りたいと思うはずです。また、過去5年間の暗号通貨分野の特許活動を見てみると、よくわかります。例えば、この5年間に出願された特許は1,000件を超えていますが、取得された235件のうち、その大半は昨年に起きたもので、「所有権を移転するためのコンピュータで実装された方法」に関するものは23回出願されています。興味深いですね。

9.顧客体験の発見と再定義

コロナウイルスを背景にしたEコマースの急速な普及により、多くのブランドがCX戦略を見直しています。元の状態に戻るのでしょうか?しかし、清潔さへの意識の高さやEコマースの手軽さは、長期的な影響を及ぼすでしょう。

ですから、ブランドはユニークで記憶に残る顧客体験を生み出す新しい方法を見つける必要があります。ここでは、デジタルトランスフォーメーションの流れに沿って、オンラインで消費者とのつながりを深める機会を模索する必要があります。

そのためには、市場調査が欠かせません。また、人口統計学的データも必要ですが、心理学的データの収集にも力を入れるべきです。つまり、年齢、人種、性別だけでなく、ターゲットとなる消費者の価値観、興味、態度、性格タイプなどの情報を収集し、戦略に反映させるのです。これらの心理的特徴は、人口統計学的な指標を超えて、理想的な顧客に合ったメッセージを発信することができます。

さらに、大規模なパーソナライゼーションにも大きな関心が寄せられています。多くのブランドが企業レベルでのパーソナライゼーションの導入に苦戦していますが、導入したブランドはその効果を享受しています。フォーブス誌によると、調査対象となった経営者の40%が、”パーソナライゼーションは、消費者向け直販チャネルにおける売上、バスケットサイズ、利益の最大化に直接的な影響を与えている “と回答しています。

Eメールやチャットボットの会話にお客様の名前を含めることは、まず手始めに行うべきことです。消費者データに基づいたパーソナライズされた推奨事項やペインポイントの提案は、カスタマイズされた消費者体験を提供するための追加の方法です。デジタルでの対話に人間らしさを加えるための、ちょっとした工夫です。それは単純に効果的です。

10.より少ないプラットフォームでより強力な結果を

以前にもご紹介したように、世界経済が絶え間なく動いている今、正確な情報迅速に入手することはかなり重要な課題です。しかし、残念ながら多くの企業では、市場調査のために使用しているプラットフォームの数が多すぎます。もしあなたのマーテックスタックが扱いにくいものになっているなら、いまが変化の時です。

なぜなら、効率化こそが重要だからです。市場調査の分析ツールが一つの傘下にあれば、それだけで世界が変わります。ただ、先に手を打った者には必ず利益がもたらされることを覚えておいてください。煩雑なリサーチ方法やツールは、今日のようなペースの速い環境では成功の秘訣ではありません。

自分のマーテックスタックを監査する際には、何が必要で何が必要でないかを正直に伝えなければなりません。プラットフォームやリソースは時間とともに変化し、不要な重複、非互換性の問題、ブルートウェア、ワークフローの低下などを引き起こします。扱うツールが多ければ多いほど、ツール間で問題が発生する可能性も高くなります。

昨年は、情報を得ることの重要性が強調された年でした。これを受けて、世界中のブランドは、市場調査を次のレベルに引き上げています。今年は、世界がパンデミックを過去のものにしようとする中で、独自のチャレンジが待ち受けています。

あとは、新たな変化の波に消費者がどう反応するかです。消費者や市場の情報を十分に把握しているブランドは、他のブランドよりも一歩先を行くことができるでしょう。これらのトレンドは、どのブランドにとっても難しい目標であることは間違いありません。しかし、その多くは、他の目標の上に成り立っています。目標を分析し、低いところからアプローチし、そこから市場調査の範囲を広げていきましょう。細分化して体系的にアプローチしてください。

大切なのは、正確なインサイトを積み重ねること。基盤がしっかりしていれば、スピードは必ずついてきます。次世代の人工知能を搭載した世界最高水準のデータ分析ツールで、あなたの市場調査のギアを上げる手助けをします。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる