取引プラットフォーム

バイナリデータとは

バイナリデータとは
能力データ

この文字列が、小川さんexcelの、「ta_shoki_mem_original.xls sheet2 川村丈夫」の記述にあたる。
すなわち、初期選手川村丈夫の能力データである。

バイナリデータとは

ますますネットワーク化された世界では、ネットワーク上のサーバや他のクライアントから流 れて バイナリデータ して 全て のビッグまたはリトルエンディアンのデバイスで適切に動作することが不可欠です。

to scan through it once in order to convert it into the data structures your application uses internally.

The user is therefore responsible for selecting the appropriate function for retrieving string objects as binary data or text.

[. ] はシャドウイングなどの一部の状況でクライアントとサーバ間の通信に使用され、 バイナリ・ データ 含ま れる 場合があるため、未定義文字が両方の方向でそれ自身にマップされるように、UnicodeLittle [. ]

As an outsourced case from a major telecommunications carrier, we reviewed and evaluated memory-saving search methods that target XML binary data and efficient search methods on a P2P platform.

新しいプロトコルでは、エラーコード、より多くの状況情報、より高速な起動、よ り優 バイナリデータ 信、 SQ Lコマンドとパラメータ値の分離、プロトコルレベルで利用できる準備された文が付与されました。

t-mat / bin2c.cpp

This file contains bidirectional Unicode text that may be interpreted or compiled differently than what appears below. To review, open the file in an editor that reveals hidden Unicode characters. Learn more about bidirectional Unicode characters

# include
int main ( int argc, const char * argv[])
for ( int iarg = 1 ; iarg < argc; ++iarg)
const char * filename = argv[iarg];
char outFilename[ 256 + 1 ];
sprintf (outFilename, " %s.c " , filename);
FILE* fp = fopen (filename, " rb " );
FILE* fo = fopen (outFilename, " wt " );
if (fp && fo)
const size_t bytesPerLine = 16 ;
for ( size_t t = バイナリデータとは 0 ; ; t += bytesPerLine)
char buf[bytesPerLine];
auto n = fread (&buf[ 0 ], 1 , sizeof (buf), fp);
for ( int i = 0 ; i < bytesPerLine; ++i)
if (i < n)
fprintf (fo, " 0x%02x, " , buf[i] & 0xff );
> else
fprintf (fo, " " );
>
>
fprintf (fo, " // 0x%05x \n " , t);
if (n != sizeof (buf))
break ;
>
>
>
fo && fclose (fo);
fp && fclose (fp);バイナリデータとは
>
return 0 ;
>

You can’t perform that action at this time.

You signed in with another tab or window. Reload to refresh your session. You signed out in another tab or window. Reload to refresh your session.

Turbo Encoder

コード生成 –– バイナリデータとは 生成された C コードを使用してモデルをシミュレートします。シミュレーションの初回実行時、Simulink ® は対象ブロックの C コードを生成します。この C コードは、モデルが変更されない限り以降のシミュレーションで再利用されます。このオプションを使用すると、シミュレーションの起動時間は長くなりますが、以降のシミュレーションの速度は [インタープリター型実行] よりも速くなります。

モデルの例

並列連接畳み込み符号化: ターボ符号

並列連接畳み込み符号化: ターボ符号

この例では、ノイズの多いチャネルを使用したターボ符号の性能の特徴を示します。ここでは、送信側と受信側のターボ符号の基本構造を示します。構成コンポーネントのパラメーターには、LTE (Long Term Evolution) 仕様 [ 4 ] を選択します。

ブロックの特性

データ型

Boolean | double | fixed point a | integer | single

多次元信号

可変サイズの信号

並列連接畳み込み符号化スキーム

ターボ符号化器は並列連接畳み込み符号化スキームを使用してバイナリ入力信号を符号化します。この符号化方式では、次の図に示すように 2 つの構成符号化器と 1 つの内部インターリーバーを使用します。それぞれの構成符号化器は、テール ビットで個別に終了します。

Turbo encoder output applying output indice assignemnt for systematic and parity bits for both constituent encoders

シンボルのパンクチャと反復に使用される出力インデックスのソースは、[Source of output indices] パラメーターで指定します。

[Source of output indices] パラメーターを [Auto] に設定した場合、ブロックで出力インデックスが計算されます。この場合、構成符号化器の符号化率は 1∕N、ターボ符号化器からの出力ビット数は L × (2 × バイナリデータとは バイナリデータとは N – 1) + (2 × numTails) になります。L は入力ベクトルの長さで、numTails は log2( TrellisStructure.numStates ) × N で与えられます。終了によるテール ビットが末尾の符号化された入力ビットの後に付加されます。

この符号化方式では、2 つの同一の構成符号化器と 1 つの内部インターリーバーを使用します。それぞれの構成符号化器は、テール ビットで個別に終了します。ターボ符号化器の出力は、最初の符号化器の組織ビット ストリーム (X) とパリティ ビット バイナリデータとは ストリーム (Z)、および 2 番目の符号化器のパリティ ビット ストリーム (Z ’ ) のみで構成されます。すべてのストリームの末尾にテール ビットが付加されます。

[Source of output indices] パラメーターを [Input port] または [Property] に設定した場合、出力インデックスを [OutInd] 入力端子または [Output indices] パラメーターでそれぞれ指定します。この場合、指定した出力インデックスを使用してオブジェクトが実行されます。出力インデックスは、すべてのストリームの完全に符号化された出力を基準として指定します。

ターボ符号化器の出力は、最初と 2 番目の構成符号化器の組織ビット ストリーム (X と X ’ ) とパリティ ビット ストリーム (Z と Z バイナリデータとは ’ ) で構成されます。出力ビット数は、指定した出力インデックスのベクトルの長さと等しくなります。

一般に、構成畳み込み符号の符号化率は K/N として表されます。K は入力ビット ストリーム数、N は出力ビット ストリーム数です。

メモ

Turbo Encoder ブロックおよび Turbo Decoder ブロックを使用する場合、K は 1 でなければなりません。ターボ符号化のための高レート畳み込み符号の例では、代わりに comm.ConvolutionalEncoder System object および comm.APPDecoder System object を使用して、1 より大きい K についてターボ符号化を実行しています。

符号化器は L 要素の列ベクトル入力信号を受け取り、M 要素の列ベクトル出力信号を返します。ターボ符号化器の有効な符号化率は L/M です。L はバイナリ入力メッセージの長さ、M は並列連結符号語の出力ビット数です。

[Source of output indices] パラメーターを [Auto] に設定した場合、2 番目の符号化器からの組織ビット (並列連接畳み込み符号化スキームの図の X ’ ) は並列連結符号語に出力されません。想定されるトレリスにおいて、M と L は M = L × (2 × N – 1) + 2 × numTails によって関連付けられます。ここで numTails はテール ビットの数です。詳細は、テール ビット を参照してください。

[Source of output indices] パラメーターを [Input port] バイナリデータとは または [Property] に設定した場合、M は [OutInd] 入力端子または [Output indices] パラメーターでそれぞれ指定された出力インデックスのベクトルの長さと等しくなります。

テール ビット

ターボ符号化器は各入力を個別に扱います。個々の入力メッセージごとに追加のビットを使用することで、符号化器の状態をすべて 0 の状態に設定します。それぞれの構成符号化器は、テール バイナリデータとは ビットで個別に終了します。ターボ符号化器の出力は、インターレースされた組織ストリームとパリティ ストリームで構成され、符号化したデータ ストリームの最後にテール ビットを多重化します。

各構成符号化器によって出力されるテール ビットの数 numTails は、各符号化器で使用されるトレリス構造体の値に依存します。

numTails = log2( trellis.numStates ) × N

N = log2( trellis.numOutputSymbols ).符号化率 1/2 のトレリスの場合、N = 2。

符号化率 1/3 のターボ符号例の符号化器図

次の図は、[Trellis structure] パラメーターの既定値 バイナリデータとは poly2trellis(4,[13 15],13) で指定されるトレリスの符号化器構成を示しています。

Encoder Schematic for Rate 1/3 Turbo Code

64 ビットの入力ベクトル長の場合、符号化器ブロックの出力は 204 ビットです。最初の 192 ビットは、X、Z、Z ’ としてインターレースされた 3 つの 64 ビット ストリーム (最初の符号化器からの組織ビット ストリーム (X) とパリティ ビット ストリーム (Z)、および 2 番目の符号化器のパリティ ビット ストリーム (Z ’ )) に対応しています。最後の 12 ビットは、スイッチが破線に対応する低い位置にあるときに、2 つの符号化器からのテール ビットに対応します。6 バイナリデータとは ビット (3 組織的ビットと 3 パリティ ビット) の 1 番目のグループは、1 番目の構成符号化器からの出力テール ビットです。6 ビット (3 組織的ビットと 3 パリティ ビット) の 2 番目のグループは、2 番目の構成符号化器からの出力テール ビットです。

テール ビットのため、符号化器出力符号化率は 1/3 より少し低くなっています。

[1] Berrou, C., A. Glavieux, and P. Thitimajshima. “Near Shannon Limit Error-Correcting Coding and バイナリデータとは Decoding: Turbo-Codes.” Proceedings of ICC 93 - IEEE International Conference on Communications, Geneva, Switzerland, May 1993, 1064–70. https://doi.org/10.1109/icc.1993.397441.

[2] Benedetto, S., G. Montorsi, D. Divsalar, and F. Pollara. "A Soft-Input Soft-Output Maximum A Posterior (MAP) Module to Decode Parallel and Serial Concatenated Codes." Jet Propulsion Lab TDA Progress Report, 42–127, (November 1996).

[3] Schlegel, Christian, and Lance Perez. Trellis and Turbo Coding. IEEE Press Series on Digital & Mobile Communication. Piscataway, NJ ; Hoboken, NJ: IEEE Press ; Wiley-Interscience, 2004.

Error: "This document may contain binary EPS files, which can cause the print job to fail." (英語)

PostScript 印刷設定によっては、バイナリ形式の文字の組み合わせをコマンドとして解釈することがあるモジュールが組み込まれています。そのため、コマンドとして解釈されると、ジョブが失敗したり、プリンターがバイナリテキスト文字列の単一行の出力ページを多数生成するように、バイナリデータを直接印刷し始めることがあります。予防策として、InDesign バイナリデータとは ではこの可能性があるときに上記の警告を表示します。警告の表示には、以下のケースがあります。

  • ジョブに、バイナリであることを記述する %%DocumentData コメントのある配置済みの EPS がある
  • ジョブに、値のない %%DocumentData コメントのある配置済みの EPS がある
  • ジョブに、%%DocumentData コメントのない配置済みの EPS がある
  • ジョブに、データ形式が特定できないプリンター構成に配置済みの EPS がある。これは、Mac OS X システムから印刷するときによく見られます。下流のデータパイプを十分に評価できないからです。

解決策 1:「OK」をクリックして、ドキュメントのテスト印刷を行う

「OK」をクリックして印刷ジョブをプリンター/デバイスに送り、正常に印刷された場合は、ご使用の印刷設定でバイナリデータがサポートされているため、警告を無視しても構いません。一方、「OK」をクリックして印刷ジョブをデバイスに送り、各ページにバイナリデータのような内容のページが 1 行で印刷された場合、印刷ストリームはバイナリ印刷をサポートしていません。その場合は、以下のいずれかの解決策を使用してください。

解決策 2: EPS 以外のファイル形式でグラフィックを保存し直す

解決策 2:バイナリデータのない EPS を使用する

これは、異なる設定でソースアプリケーションから EPS を保存し直すことで可能になることがあります。ただし、問題のファイルでデータ形式が変更されないようにデータがカプセル化されていることもあります。

解決策 3: Photoshop から EPS を使用する

InDesign では、Photoshop EPS ファイルは一般に、InDesign の印刷ダイアログで設定された ASCII/バイナリスイッチと一致するようにデータを再フォーマットできるように処理されます。EPS を Photoshop で開き、「別名で保存」を選択して別の名前または同じ名前を選択し、「はい」をクリックして置き換えます。

解決策 4:ご使用のプリンターの設定をバイナリ印刷プロトコルをサポートするように変更する

バイナリデータを含む EPS ファイルを Indesign ドキュメントに入れ、出力データフォーマットを バイナリデータとは ASCII に設定してパブリケーションを印刷すると、EPS データはコード内の PostScript パススルーを経由して送られ、バイナリデータが生成されます。これが、印刷ジョブの失敗で考えられる原因の 1 つです。

現在、InDesignでは、%%DocumentData コメントの有無を確認して EPS にバイナリデータが含まれているかどうかを判別します。存在する場合、InDesign はこの DSC コメントの 3 つの有効なパラメータである Clean7Bit、Clean8Bit または Binary を検索します。

このパラメータが Binary に設定されている場合、または %%DocumentData コメントが EPS にない場合、InDesign は警告メッセージを表示し、印刷ジョブをキャンセルできます。

ウホウホゴリラマン

2013y12m22d_054894.jpg


ドラフトデータとは、画像の情報が記述されている部分のこと。今回、これの解説はしないので、次に行く。

3回クリックで川村一平のドラフトデータ。
4回クリックで「川村 丈夫 カワムラ」と出てくる。これが川村丈夫の「初期基礎データ」だ。

2013y12m16d_1657861.jpg

基礎データ

この文字列が、小川さんexcelの、「ta_shoki_mem_original.xls sheet1 川村丈夫」の記述にあたる。
すなわち、初期選手川村丈夫の基礎データである。

「02 00 90 EC 91 BA 20 20 8F E4 95 76 20 20 83 4A 83 8F 83 80 83 89 20 20 20 20 20 20 20 20 00 00 00 バイナリデータとは バイナリデータとは 00 00 00 00 00 10 01 76 01 52 3C 1D 33 04 04 04 00 45 00 01 00 02 0D 00 00 00 00 00 02 A0 0F 58 1B 58 1B 58 1B 00 バイナリデータとは バイナリデータとは 00 00 00 00 00 02 00 00 5F 00 00 00 08 15 15 01 00 00 00 00 00 12 12 00 00 00 00 00 00 01 00 00 00 00 00 00 00 00 バイナリデータとは 00 00 00」


データは、excelおよびバイナリの記述通りに並んでいる。

データの読み方
選手ID 「02 00」
ここはいじってはいけない。初期選手の川村が現役のうちは、ドラフト候補に川村が登場しないなどを管理している部分だ。

氏名 「90 EC 91 BA 20 20 8F E4 95 76 20 20」
90 EC=川。91 BA =村。8F E4 =丈。95 76 =夫。20 バイナリデータとは はなにもなし、スペースの意味。
どの数値がどの漢字にあたるかは、そのつど検索すればよい。たとえば翔なら「83 B6」となっている。

よびな 「83 4A 83 8F 83 80 83 89 20 20 20 20 20 20 20 20」
83 4A 83 8F 83 80 83 89=カワムラ。20 バイナリデータとは はなにもなし、スペースの意味。
つくろう選手を作るときに決めるよびなと同じで、実況音声とは関係ない。音声はIDと関連づけられているとおもわれる。

0000000 「00 00 00 00 00 00 00」
空白のようなもの。いじってはいけない。

手順
能力データは見つけづらい。
なぜなら、さきほどのように文字列検索ではたどり着けないからだ。
ならどうするか? ここでexcelのsheet2を見てほしい。
川村丈夫の速値・球値・制値は「4800・3900・5800」とある。これを16進数に直して検索するのだ。
たとえば、このサイトで16進数に直す。俺は65536までの数字は脳内で16進数に変換できるぞ! という人は、それでかまわない(笑)。
ともあれ、「4800・3900・5800」を16進数に直すと、「12C0・0F3C・16A8」となる。
↑16進数が3桁の時は、先頭に0を足す。
そして、数字の前後を入れ替えて「C012・3C0F・A816」にする。
あとはスペースを入れ「C0 12 3C 0F A8 16」として、16進データ検索すればよい。

検索手順
「4800・3900・5800」→「12C0・F3C・16A8」→「12C0・0F3C・16A8」→「C012・3C0F・A816」→「C0 12 3C 0F A8 16」

2013y12m22d_2638985.jpg

能力データ

この文字列が、小川さんexcelの、「ta_shoki_mem_original.xls sheet2 バイナリデータとは 川村丈夫」の記述にあたる。
すなわち、初期選手川村丈夫の能力データである。

「00 03 90 1A 00 00 02 FF 01 02 03 07 0A バイナリデータとは 00 00 00 00 00 00 00 00 00 1F 00 00 00 00 02 01 03 00 00 02 01 00 00 00 01 00 00 02 00 00 00 00 00 00 00 C0 12 3C 0F A8 16 00 00 44 16 E8 03 A0 0F 70 17 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 50 00 00 00 00 00 00 00 66 34 93 60 00 00 00 01 02 02 01 00 00 02 03 02 00 00 00 00 00 00 E8 03 E8 03 E8 03 3C 0F 44 16 D4 17 D0 07 00 00 E8 03 A0 0F F4 1A 40 1F F4 01 F4 01 F4 01 バイナリデータとは F4 01 F4 01 F4 01 00 00 00 00 00 00 00 バイナリデータとは 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00」

体値 「90 1A」
90 1A=1A90。10進数に戻すと6800の意味。

0(体練習変化) 「00」
0(現在の体) 「00」
投手タイプ 「02」
255(前回の登板日) 「FF」
?球種 (直球) 「01」
上 (変化球) 「02」
右 (変化球) 「03」
右下 (変化球) 「07」
下 (変化球) 「0A」
左下 (変化球) 「00」
左 (変化球) 「00」
~以下続く。

変化球の数値を書くと
ストレート 01
Cアップ 02
スライダー 03
Hスライダー 04
シュート 05
カーブ 06
スローカーブ 07
シンカー 08
スクリュー 09
フォーク 0A
SFF 0B
Vスライダー 0C
パーム 0D
ナックル 0E
※カーブの位置にVスライダー、フォークの位置にSFFのように、下変化球ふたつでもバグらない。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる