基礎

利益最大化の鍵となる取引コストの特徴とは

利益最大化の鍵となる取引コストの特徴とは
イノベーター(革新層):2.5% 新製品を最も早く受け入れる層。
冒険心が強くリスク許容度も高いため、製品やサービスの良し悪しよりも目新しいものに飛び付く。
「導入期」のメイン顧客となる。 アーリーアダプター(初期採用層):13.5% 新しいアイデアや流行に敏感な層。
具体的な価値やベネフィットを検討してから取り入れる。
情報発信も積極的に行っており、周囲の仲間に影響を与えるため「オピニオンリーダー」になる人物が多い。
「成長期」のメイン顧客となる。 アーリーマジョリティ(前期多数派):34% 市場の平均よりも少し早めに新製品を受け入れる層。
口コミや周囲の評判を参考にして、メリット・デメリットを熟考してから導入を決める。比較的慎重な層。
「成熟期」のメイン顧客となる。 レイトマジョリティ(後期多数派):34% 新製品に対して抵抗感を抱える層。
リスクや不確実性を嫌うため、信頼性や安全性が完全に確保されてから受け入れる。
「飽和期」のメイン顧客となる。 ラガード(遅滞層):16% 新製品を受け入れない層。 利益最大化の鍵となる取引コストの特徴とは
購入までの期間が長く、最後まで受け入れない人もいる。
「飽和期」のメイン顧客となる。

第1部 ものづくり基盤技術の現状と課題
第1章 我が国ものづくり産業が直面する課題と展望 利益最大化の鍵となる取引コストの特徴とは 第2節 不確実性の高まる世界の現状と競争力強化

注15 D・J・ティース『ダイナミック・ケイパビリティの企業理論』(中央経済社、2019年), p133.

今日、世界はインターネットで結ばれ、どこかで変化が起こると、瞬時にその変化が広がるVUCA(ブーカ)と呼ばれる不確実な時代である。VUCAとは、Volatility(変動性・不安定さ)、Uncertainty(不確実性・不確定さ)、 Complexity(複雑性)、 Ambiguity(曖昧性・不明確さ)の略語である。

(3)価値創造の原理

なお、日本政府は、我が国の産業が目指すべき姿(コンセプト)として、人、モノ、技術、組織等が様々につながることにより新たな価値創出を図る“Connected Industries(コネクテッド・インダストリーズ)”のコンセプトを提唱し、世界に向けて発信している。ティース氏の理論に基づけば、この“Connected Industries”の意義は、多様なつながりが生み出す「共特化」の関係から、新たな価値を創出するところにあると言うことができる。

-企業における基礎研究の在り方について。

-企業が研究開発にかけられる時間は短期化しているのではないか。

-AIなどの新技術がものづくりに与える影響について。

-中小企業との連携について。

-先が読めない長期的な開発をどうやって進めたのか。

-日本の製造業における研究開発の課題は。

-世代の問題について。最近の若者や研究環境に対してどう感じるか。

-ものづくり関係者へのエール。

(4)我が国製造業の企業変革力(ダイナミック・ケイパビリティ)

図122-1 製造業のGDP構成比の変化

図122-2 平成以降の製造事業所数と1事業所当たり付加価値額の推移

図122-3 製造業、非製造業における労働生産性の推移

図122-4 製造業の実質労働生産性の時系列変化(2010年を1とした時の上昇率)

図122-5 不測の事態に対する柔軟性や俊敏性を重視するか(創業年数別)

図122-6 業種別老舗企業構成比

図122-7 職務権限の在り方について「堅固な組織」寄りであると答えた割合(企業規模別)

また、ティース氏は、ダイナミック・ケイパビリティには、資産を再構成する企業家的なリーダーシップが重要であると論じているが、オーナー企業については、経営者がリーダーシップを発揮しやすく、迅速な意思決定ができるという優位性があるという調査がある。 注19 また、図122-8にあるとおり、オーナー企業は、非オーナー企業に比べて、「不測の事態に対する柔軟性や俊敏性」をより重視していることがうかがえる。

注19 みずほ総合研究所『みずほリポート』(2008年2月13日発行) https://www.mizuho-ri.co.jp/publication/research/pdf/report/report08-0213.pdf

図122-8 不測の事態に対する柔軟性や俊敏性を重視する割合(オーナー企業かどうか別)

図122-9 創業年数別オーナー企業の割合

図122-10 不測の事態に対する柔軟性や俊敏性重視のスタンス(縦軸)と平時の際の効率性や生産性重視のスタンス(横軸)の関係

図122-11 平時の際の効率性や生産性重視のスタンス(縦軸)と不測の事態に対する柔軟性や俊敏性重視のスタンス(横軸)の関係

<STEP1 環境の変化に素早く、適切に対応する>

<STEP2 変化を予測し先手を打つ>

その後、成長するバイオ医薬品市場の拡大を見据えて、2011年にバイオCDMO(Contract Development Manufacturing Organization;開発受託及び製造受託を行う組織)企業2社を買収し、バイオCDMOビジネスに本格参入した。バイオCDMO事業では製造プロセスの安定性や設計品質の管理が重要となるが、同社は業界トップレベルの培養技術や先進設備に加え、写真事業で培ってきた高度な生産/解析/エンジニアリング技術を保有し、それらを融合できることに強みを持っている。2019年には米バイオ医薬品大手の製造子会社も買収し、同事業において2021年に売上1,000億円達成を目指している。

仮想通貨取引所を紹介!初心者におすすめなのはどこ?

コインチェック

今後が期待できる暗号資産(仮想通貨)は? これから期待できる暗号資産として、ビットコイン、イーサリアムなどの銘柄が挙げられます。 ほとんどの取引所で購入できることから信頼性や流動性の面で優位に立っており、今後も需要の拡大が見込まれます。 また、リスクやIOSTなどの実用性・信頼性が高い小型銘柄にも注目です。まだまだ時価総額が大きくない銘柄なので、これからの値上がりに期待が持てます。 暗号資産を選ぶ際には、基本的には取引所で購入できる信頼性の高い銘柄に注目することをおすすめします。

暗号資産(仮想通貨)の価値が1000倍になる可能性は? 今後暗号資産の取引で、1000倍以上の価値に跳ね上がる可能性はあります。 例えば、ビットコインも最初の取引時には「1BTC=0.0025ドル」でしたが、2021年12月現在は5万ドルを超えており、およそ2000万倍以上に価値を伸ばしてきました。 同様に他の暗号資産も、早い段階で購入することで大きな利益を得られる可能性はあります。 しかし、そうした小型銘柄はリスクも当然あり、価値が1000倍どころかまったく無価値になってしまう危険性もあります。高いリターンを目指す場合は、その分高いリスクがあることに注意しましょう。

草コインへの投資はおすすめ? 時価総額が小さく、知名度の低い「草コイン」への投資は、短期的に大きな利益を狙えることから一部の投資家から人気を集めています。 ただし、これから暗号資産への投資を始める初心者には、草コインはおすすめしません。 価格変動が大きいことから損失を抱える可能性が十分にあり、価値が0になってしまう危険性もあるためです。 最初は、ビットコインやリップル、イーサリアムなどの主要銘柄の取引から始めて、慣れてきたら信頼できる草コインを探していくのがよいでしょう。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる