最新情報

取引戦略レポート

取引戦略レポート
同社資料より

翻訳サービス3つの特長

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit.

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit.

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit.

Lorem ipsum 取引戦略レポート dolor sit amet

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit.

Lorem ipsum dolor sit amet

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit.

Lorem ipsum dolor sit amet

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit.

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit.

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit.

Lorem ipsum dolor sit amet

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit.

Lorem ipsum dolor sit amet

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit.

Lorem ipsum dolor sit amet

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit.

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit.

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit.

Lorem ipsum dolor sit amet

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit.

Lorem ipsum 取引戦略レポート dolor sit amet

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit.

Lorem ipsum dolor sit amet

MyReport™

コーポレートアクセス

株式会社シェアードリサーチ
Highlights
ディスクレイマー

弊社レポートは、情報提供のみを⽬的としております。投資に関する意⾒や判断を提供するものでも、投資の勧誘や推奨を意図したものでもありません。SR Inc.は、弊社レポートに記載されたデータの信憑性や解釈については、明⽰された場合と黙⽰の場合の両⽅につき、⼀切の保証を⾏わないものとします。SR Inc.は弊社レポートの使⽤により発⽣した損害について⼀切の責任を負いません。

弊社レポートの著作権、ならびに弊社レポートとその他Shared Researchレポートの派⽣品の作成および利⽤についての権利は、SR Inc.に帰属します。弊社レポートは、個⼈⽬的の使⽤においては複製および修正が許されていますが、配布・転送その他の利⽤は本レポートの著作権侵害に該当し、固く禁じられています。SR Inc.取引戦略レポート の役員および従業員は、SR Inc.の調査レポートで対象としている企業の発⾏する有価証券に関して何らかの取引を⾏っており、または将来⾏う可能性があります。そのため、SR Inc.の役員および従業員は、該当企業に対し、弊社レポートの客観性に影響を与えうる利害を有する可能性があることにご留意ください。

特集:グリーン成長を巡る世界のビジネス動向 世界で導入が進むカーボンプライシング(前編)炭素税、排出量取引制度の現状

カーボンプライシングとは、二酸化炭素(CO2)排出に対して価格付けし、市場メカニズムを通じて排出を抑制する仕組みだ。炭素税に代表される「価格アプローチ」と、排出量取引制度(ETS、Emission Trading Scheme)に代表される「数量アプローチ」、大きく2通りある(表参照)。価格アプローチは、政府などが価格付けする手法だ。対して数量アプローチでは、排出枠の需給バランスにより市場で価格が決定されることになる。

表:カーボンプライシングの特徴 取引戦略レポート 取引戦略レポート 取引戦略レポート
内容 炭素税 排出量取引制度
価格付け 政府により価格(CO2排出トン当たりの税額)が設定される。 各主体に分配された排出枠が市場で売買される結果、価格が決まる。
排出量 税額水準を踏まえて各排出主体が行動した結果、排出量が決まる。 政府により全体排出量の上限が設定さ れ、各排出主体は、市場価格を見ながら自らの排出量と排出枠売買量を決定する。
特徴価格は固定されるが、排出削減量には不確実性あり。 排出総量は固定されるが、排出枠価格は変動あり。
世界の導入国・地域数(21年4月時点) 35 29
主な導入国・地域(かっこ内はCO2排出1トン当たりの炭素価格、ドル) スウェーデン(137)、スイス(101)、フランス(52)、英国(25)、日本(3) EU(50)、スイス(46)、カリフォルニア州(18)、韓国(16)、東京都(5)、中国(n.a.)

上昇するEUの排出量取引価格

一方、ETSを初めて導入したのはEUで、2005年のことになる。そのEU-ETS では、域内(EU 加盟国に加え、アイスランド、リヒテンシュタイン、ノルウェー)の対象企業(発電や石油精製、製鉄、セメントなどエネルギー多消費産業)に対し、排出量上限(キャップ)が割り当てられる。その過不足分を市場で取引する仕組みだ。

これまでに、試験的段階の第 1 フェーズ(2005~2007 年)から、実際に目標値を導入した第 2 フェーズ(2008~2012 取引戦略レポート 年)、さらに強化され、排出枠を原則として、オークションで市場から購入する形式とした第 3 フェーズ(2013~2020 年)へと発展。現在は第 4 フェーズ(2021~2030 年)に入り、排出枠の年間削減率が前フェーズの1.74%から2.2%に引き上げられた。さらに、EUは2020年12月、2030年のGHG排出削減量の目標を55%に引き上げた。これに伴い、2021年7月に発表した改正案では、海運、道路、輸送、建設分野も対象に加えることが検討されている(2021年7月16日付ビジネス短信参照)。

2018年1月、7.83ユーロ。2020年12月、29.24ユーロ。2021年9月、61.29ユーロ。

図:EU-ETSの取引価格の推移

中国で全国レベルのETSがスタート

現行炭素価格水準は気温目標の達成には不十分

注1: World Bank「State and Trends of Carbon Pricing 2021 」 取引戦略レポート 注2: このほか、化石燃料の購入に際しては、石油石炭税〔例えば、原油・石油製品1キロリットル当たり2,800円(うち温対税分760円)〕なども課税されている。これらを含めて炭素税と捉えるべき、との見方もある。 注3: Report of the High-Level 取引戦略レポート Commission on Carbon Prices,取引戦略レポート 2017

(4425)Kudanのアナリストレポートを読んでみよう!【投資初心者向け企業分析】

Kudan アイキャッチ

Kudan 事業1

同社資料より

SLAMとは?

SLAMは、コンピュータによる現実環境での移動体の 自己位置推定と3次元立体地図作成を同時に行う技術 です。

拡大するAP(人工知覚)活躍のフィールド

AP(人工知覚)はカメラや3次元センサを用いるあらゆる機器にとって必要な基礎技術で、 次世代ソリューションの基盤となる でしょう。

産業用ロボット、家庭用ロボット、次世代モビリティ(自動車など)、飛行機器(ドローンなど)の自動制御にAPは不可欠です。

Kudan 事業3

同社資料より

\無料でアナリストレポートが読める/

直近の業績・事業戦略

Kudan 見出し2

業績:2022年3月期2Q

Kudan 業績1

ブリッジレポートより

売上高は前年同期比 262.7%増 の1億10百万円になりました。

Lidar SLAM・Artisense SLAMの技術ラインナップ拡充などにより、案件受注の拡大が見られたことが影響しました。

また、コロナ禍によって売上高は21/3期に大幅に減少しましたが、 回復基調 取引戦略レポート にあります。

グローバル規模での体制拡大によって販管費が増加するなどして、四半期純利益は前年同期より低い結果となりました。

今後の事業戦略

「収益性」「安定性」「競争力」を高いレベルで並立して、市場成長をリードする ことを目標としています。

Kudan 業績2

同社資料より

こうした市場環境の中、AP+AI+IoTの技術統合により応用領域を開拓していきます。

Kudan 事業3

同社資料より

取引戦略レポート

広瀬 隆雄 (ひろせ・たかお) @hirosetakao 国内外の証券会社勤務を経て、2003年に投資顧問会社コンテクスチュアル・インベストメンツLLCを設立。現在は現地米国でSGウォーバーグ(現在のUBS)、H&Q、JPモルガンと、常にADRに関連した業務に従事。
長年、外国株式関連業務に携わっており、特にBRICsをはじめとした新興国市場に詳しい。米国フロリダ州在住。 森永 康平 (もりなが・こうへい) @KoheiMorinaga 株式会社マネネCEO / 経済アナリスト。証券会社や運用会社にてアナリスト、ストラテジストとして日本の中小型株式や新興国経済のリサーチ業務に従事。
現在は複数のベンチャー企業のCFOや監査役も兼任している。著書『親子ゼニ問答』 (角川新書)。日本証券アナリスト協会検定会員。 YEN蔵 / 田代 岳 (えんぞう 取引戦略レポート / たしろ・がく) @YENZOU 投資情報配信を主業務とする株式会社ADVANCE代表取締役。
米系のシティバンク、英系のスタンダード・チャータード銀行と外資系銀行にて、20年以上、外国為替ディーラーとして活躍。
為替を中心に株式、債券、商品、暗号資産と幅広くマーケットをカバーして、分かりやすい解説を行っている。 齊藤 トモラニ (さいとう・ともらに) 2007年開校のFXスクールWIN-INVEST JAPANの代表取締役。 取引戦略レポート
今現在は受講生サポートと、投資助言、セミナーを行っている。
チャート分析を得意とし、難しい分析をせずにわかりやすいチャート解説にはファンも多い。
著書はパンローリング社から出版されている『FXデイトレード』がある。
またロンドンFXの松崎美子さんと一緒に「FXの流儀」というオンラインサロン開催中。 取引戦略レポート 取引戦略レポート マーフィー / 柾木 利彦 (まーふぃー / まさき・としひこ) @murphyFX 株式会社インテリジェンス・テクノロジーズ代表取締役 / エフピーネット(株)インベストメントアドバイザー。
三和銀行(現三菱UFJ銀行)ニューヨーク支店、東京本部のドル円チーフディーラー、米銀大手の『シティバンク』や 欧州系大手の『オランダ銀行』東京支店などでの外国為替部長を経て、インテリジェンス・テクノロジーズを設立、現在に到る。
自身、過去33年に及ぶトレード経験に基づき、独自のチャート分析(「スパンモデル®」「スーパーボリンジャー®」「アクティベート時間分析®」等)を確立。 武市 佳史 (たけち・よしふみ) マネーパートナーズ チーフアナリスト / ファイナンシャル・プランナー(AFP)。
大阪府出身。日本におけるFX(外国為替証拠金取引)の草創期より業務に従事。
マネーパートナーズのチーフアナリストとして、為替コラムの執筆やWebセミナーの講師を務めるだけでなく、日経CNBCを始めとする数々のメディアに出演・寄稿している。

FX取引(外国為替証拠金取引)、商品CFD取引、証券取引、および暗号資産CFD取引(暗号資産関連店頭デリバティブ取引)に関するご注意

【証券】
国内上場有価証券の売買等に当たっては、最大で約定代金の2.75%の手数料(消費税込み)、最低手数料は取引形態等により異なり最大で2,750円(消費税込み)をいただきます。有価証券のお預りが無く、一定期間証券口座のご利用が無い場合等は、別紙 ①「手数料等のご案内」に記載の 証券口座維持管理手数料1,100円(消費税込み)をいただきます。国内上場有価証券等は、株式相場、金利水準、為替相場、不動産相場、商品相場等の価格の変動等および有価証券の発行者等の信用状況(財務・経営状況を含む)の悪化等それらに関する外部評価の変化等を直接の原因として損失が生ずるおそれ(元本欠損リスク)があります。

〈商号〉株式会社マネーパートナーズ(金融商品取引業者・商品先物取引業者)
〈金融商品取引業の登録番号〉関東財務局長(金商)第2028号
〈加入協会〉日本証券業協会 一般社団法人金融先物取引業協会 日本商品先物取引協会 一般社団法人日本暗号資産取引業協会

BNYメロン・米国株式ダイナミック戦略ファンド(愛称:亜米利加)

特色2
マザーファンドの運用にあたっては、BNYメロン・グループ傘下の資産運用会社であるニュートン・インベストメント・マネジメント・ノースアメリカ・エルエルシーに委託します。

特色3
米国の株式市場および円に対する米ドルの為替レートの上昇、下落それぞれの局面においてリターンを最大化することを目指し、株価指数先物取引および為替先渡取引等を用いて実質的な米国株式の組入比率を調整します。

  • 実質的な米国株式の組入比率は、通常、純資産総額の-50%~+150%の範囲内でコントロールすることを原則とします。
  • 実質的な米国株式の組入比率とは、マザーファンドを通じた米国株式組入比率に対し、株価指数先物取引および為替先渡取引等を活用して調整した米国株式および米ドルの投資割合をいいます。
  • 株価指数先物取引および為替先渡取引等を活用するため、実質投資割合が信託財産の純資産総額を超えることがあります。

特色4
実質的な米国株式の組入比率の調整にあたっては、日興グローバルラップ株式会社 * より投資助言を受けます。

主な投資対象と運用の仕組み

  • 主として米国の製造業に関連した株式に実質的に投資することで、中長期的な信託財産の成長を図ることを目指して運用を行います。
  • 株式市場のリスク選好度を分析し、株価指数先物取引および為替先渡取引等を用い実質的な米国株式の組入比率を150% 、100%、50%、0%、-50%の五段階の比率を目安に調整することでリターンの追求を行います。

各組入比率における当ファンドへの影響

  • 株式市場の上昇期待が高まっていると判断される局面では、実質的な米国株式の組入比率を最大150%に引き上げることで、株式市場を上回るリターンを獲得、また、下落リスクが高まっていると判断される局面では、実質的な米国株式の組入比率を引き下げることで、下落リスクを抑制することを目指します。
  • 更に下落リスクが高いと判断される局面では、実質的な米国株式の組入比率を-50%に調整することで、下落局面でもプラスのリターンを獲得することを目指します。

当ファンドへの影響(イメージ)

東海東京証券株式会社

とちぎんTT証券株式会社

池田泉州TT証券株式会社

ほくほくTT証券株式会社

十六TT証券株式会社

ワイエム証券株式会社

あかつき証券株式会社

楽天証券株式会社

ひろぎん証券株式会社

株式会社SBI証券

auカブコム証券株式会社

岡地証券株式会社

アイザワ証券株式会社

フィデリティ証券株式会社

  • ・当サイトは、BNYメロン・インベストメント・マネジメント・ジャパン株式会社及び The Bank of New York Mellon Corporation に関する情報のほか、投資信託及び証券投資一般等に関する情報を提供することを目的としたものです。
  • ・当サイトに掲載されている情報は当社が信頼できると判断した資料に基づいておりますが、その情報の正確性、完全性、および将来の市況の変動等を保証するものではありません。
  • ・投資信託は預金等と異なり元金および利息の保証はありません。投資信託は、預金保険または保険契約者保護機構の対象ではありません。投資信託は値動きのある有価証券(外貨建資産の場合は為替変動リスクが生じます)などに投資しますので、投資した資産価値の減少を含むリスクは、投資信託をご購入のお客様が負うことになります。投資信託をご購入の際は販売会社より投資信託説明書(交付目論見書)および目論見書補完書面をお渡ししますので、必ず内容をご確認のうえ、お客様ご自身でご判断下さい。
  • ・日本の居住者でない方、日本の居住者であっても国籍を有する国の法律等により制約のある方は、本サイトで紹介されている投資信託を取得することができませんのでご了承願います。
  • ・当サイトに記載された内容は、表記時点での弊社の判断を反映したものであり、今後、予告なく変更または廃止される場合がありますので、予めご了承下さい。

©BNY Mellon Investment Management Japan Limited. All Rights Reserved.
©2007-2015 THE BANK OF NEW YORK MELLON CORPORATION. ALL RIGHTS RESERVED.

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる