お取引ガイド

移動平均線で相場のトレンドを知る

移動平均線で相場のトレンドを知る
それともこの様な配列でしょうか?

ビットコイン、まもなく売られ過ぎの水準へ【クラーケン・インテリジェンス】

[NEW!] LINE始めました!フォローをお願いします。
Twitter始めました!フォローお願いします。

(出典:Kraken Intelligence’s OTC Daily「イーサリアム対数回帰レインボー」)

(出典:Kraken Intelligence’s OTC Daily 「ビットコイン200週移動平均マルチプル」)

(出典:Kraken Intelligence’s OTC Daily「ビットコイン強気相場 週間サポート」)

(出典:Kraken Intelligence’s OTC Daily 「グーグル検索とビットコイン」)

(出典:Kraken Intelligence’s OTC Daily「ビットコイン対数成長曲線」)

(出典:Kraken Intelligence’s OTC Daily「ビットコインの月間ボリンジャーバンド(上位)とRSI」)

ビットコインのSOPR(Spent Output Profit Ratio)は、売却価格/購入価格の割合を示す。

(出典:Kraken 移動平均線で相場のトレンドを知る Intelligence’s OTC Daily「ビットコインのSOPR」)

1を 大きく下回れば、ビットコインが大きな調整局面を迎えた可能性を示唆する。 ただ、以前の強気相場で は、価格が横ばいになる中でSPORが1に回帰する形で低下した後、価格の上昇とともに1を超える現象が見られた。

ビットコインのストックフロー分析によると、ビットコインは売られすぎの水準にある。ストックフロー率からの乖離幅は0.34(1より下は売られすぎ)の水準にあり、先週の0.移動平均線で相場のトレンドを知る 39を下回った。


(出典:Kraken Intelligence’s OTC Daily ストック・フロー分析)

ストック・フロー率に 移動平均線で相場のトレンドを知る ビットコイン 価格の推移を重ね合わせると、両者の動きがほぼ同じであることが分かる。 新たなビットコイン供給量が6.25BTCから3.125BTCまで半減する「半減期」まで826日となった。

移動平均線で相場のトレンドを知る

銅相場

1.銅相場(銅建値)とは

黄銅イメージ

この 相場の動き こそが、非鉄金属市場の中で世界最大かつ最古の市場 「ロンドン金属取引所(通称LME)」 が公開する銅相場となります。一般的には、LME3Monthのように表示される3ヶ月先物の相場が利用されています。また「ニューヨーク商品取引所(通称COMEX)」も同様に指標とされています。
LME銅相場は スマートフォン用アプリ や、インターネットでも調べることができます。

メタレポツイッター

黄銅棒.com

2.銅建値を計算してみる

3.銅相場の買い時が分からない原因

週末の金曜日や、 連休前「素材を手配するべきか悩む。」 手配せずに休み明け出社し、銅建値が改定すると 「ああ先週買っとけばよかった」 というのは購買担当者のあるあるではないでしょうか。

休み前に買わなかった理由は、日本のマーケット終了後にFRBや雇用統計の発表がある。その思惑で銅相場が下がるかもしれないという ファンダメンタルズ予測 に基づくものだったのではないでしょうか。

2005年以前の年間銅相場の高値-安値が1,移動平均線で相場のトレンドを知る 000ドルしか動かなかった時は、このファンダメンタル分析の意味は多いにあったと考えられます。しかしながら、年間3,000-4,000ドルと大きく動くようになった2006年以降は、この考え方こそが 「買い時を逃す最大の原因」 となっています。

4.過去30年間の銅相場を把握する

移動平均線で相場のトレンドを知る移動平均線で相場のトレンドを知る 移動平均線で相場のトレンドを知る 移動平均線で相場のトレンドを知る 移動平均線で相場のトレンドを知る 移動平均線で相場のトレンドを知る 移動平均線で相場のトレンドを知る 移動平均線で相場のトレンドを知る 移動平均線で相場のトレンドを知る
年始値 年高値 年安値 年終値 陽/陰 高値-安値
1991 2646.4 2667.7 2138.2 2221.2 529.5
1992 2208.4 2634.7 2107.8 2323.9 + 526.移動平均線で相場のトレンドを知る 9
1993 2329.5 2438.9 1600.0 1785.0 838.9
1994 1738 3032 1736 3023 + 1296
1995 3021 3080 2643 2659 437
1996 2653 2713 1737 2126 976
1997 2141 2613 1719 1747 894
1998 1730.5 1910 1460 1492 450
1999 1487 1894 13601888.5 + 534
2000 1866 2036 1634 1826 402
2001 1752 1840 1336 1477 504
2002 14601717 1435 1556 + 282
2003 1557 2303 1553 2298 + 750
20042307 3179.5 2307 3165 + 872.5
2005 3115 4511.5 2875 4405 + 1636.5
2006 4400 8800 4330 6270 + 4470
2007 6300 8335 5250 6695 + 3085
2008 6750 8940 2825 3090 6115
2009 3055 7423.8 3025 7408 + 4398.8
2010 7405 9687 6037 9685 + 3650
2011 9685 10190 6635 7557.2 3555
2012 7645 8765 7219.5 7944.2 + 1545.5
2013 8000 8346 6602 7374.5 1744
2014 7389.5 7460 6230 6284.2 1230
2015 6273.5 6481 4443.5 4689 2037.5
2016 4716 6045.5 4318 5516 + 1727.5
2017 5542.5 7312.5 5450.5 7251.5 + 1862
2018 7250 7348 5773 5912 1575
2019 5970 6608.5 5518 6169 + 1090.5
2020 6188.5 8028 4371 7735.5 + 3657
2021 7784 10747 7705 9755 + 3042

5.一年間ではいつが買い時なのか

移動平均線で相場のトレンドを知る 移動平均線で相場のトレンドを知る 移動平均線で相場のトレンドを知る 移動平均線で相場のトレンドを知る
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
最高値 5 2 12 2 1 1 1
33.3%13.3% 0.0% 6.7% 13.3% 13.3% 6.7% 0.0% 6.7% 6.7% 0.0% 0.0%
最安値 1 1 1 2 1 3 2 4
0.0% 6.7% 0.0% 6.7% 6.7% 13.3% 0.0% 0.0% 6.7% 20.0% 13.3% 26.7%
移動平均線で相場のトレンドを知る 移動平均線で相場のトレンドを知る 移動平均線で相場のトレンドを知る
1月2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
最高値 1 1 1 1 1 1 1 8
0.0% 6.7% 6.7% 0.0%6.7% 6.7% 0.0% 6.7% 0.0% 6.7% 6.7% 53.3%
最安値 9 1 2 2 1
60.0% 0.0% 6.7% 0.0% 13.3% 13.3% 0.0% 0.0% 6.7% 0.0% 0.0% 0.0%

当然、 年足が陰線 の場合は 年初に年間の最高値 移動平均線で相場のトレンドを知る をつけることが多く、 年末に最安値 をつけることが多くなっています。またその逆に 年足陽線 の場合は 年初が年間の最安値 であることが多く、 年末に最高値 をつける傾向になります。

ここで注目すべきポイントは、 年間の最高値を付ける時期 になります。

つまり 7月以降に1-6月の最高値を超えた場合、その年は相場が「強い」年となり、年末にかけて最高値をうかがう展開 になる。という予想が立ちます。

・7-8月に1-6月につけた最高値を更新する 展開なら、年末に向けて価格が上がることが予想されるので 前倒し手配

・7-8月に相場がもみ合い になり1-6月の高値を更新しないなら、年末に向けて価格が下がることが予想されるので 実需内にて手配

6.銅相場予測のためのテクニカル分析

①大きな流れをつかむ-移動平均線-

白:5日 青:20日 黄:60日※200日では動きが捉えにいくので60日を長期に設定しています。

基本的に①と④のステージは長続きし、それ以外は移行期のためあっという間にすぎていきます。移動平均線は本質的に トレンド追随型 のため、マーケットがトレンドの中にある時はうまく働き、逆にマーケットの方向性が定まらず横ばいの時はあまりいい結果がでないとされています。

②取引量からトレンドの反転をつかむ-出来高-

特に 出来高が30,000 を超えた場合は ほぼその数日以内にトレンドの変換が起きていました。 ただし、出来高はあくまで補足的な指標のため、他の指標と合わせてその根拠を裏付ける指標として使用しましょう。

③方向感がない時の-MACD-

④下げたあとの戻しをつかむ-フィボナッチリトレースメント(黄金率)-

購買担当者にとっては、価格の上昇トレンドの際は意外に買いやすく、 むしろ価格の下落トレンド時のほうが買い時が分からず難しい のではないでしょうか。

一方で相場が弱い(下落トレンド)際は、月初に一括発注はできない。また、生産計画に影響がでないよう月のどこかで購入する必要があり、できればそのタイミングが月の最安値近辺であることが望ましい。この いつか買わなければいけないが、いつが月中の最安値か分からないことが 、下落トレンドが実需家にとって買い時が一番難しい原因にだと考えられます。

この月中の最安値がどれくらいになるかを予想するために知っておきたいのが、一定相場下がった後にくる戻しのタイミングをつかむための フィボナッチリトレースメント です。

リトレースメント分析によく使われる数値は61.8%、38%、50%で、強いトレンドにおいて 最小の戻しは前回最高値の約38% 。弱いトレンドにおいては、最大の戻しが 前回最高値の約62% と言われています。相場で有名な半値戻しもフィボナッチ比率なんですね。

7.2022年の銅相場を予測する

潮目が変わった2006年以降、年足陽線が2年続いたのは2006-2007年。2009-2010年。2016-2017年と2019-2020年の4回ありました。2021年も年足陽線となり潮目が変わって以降で 最も長く上昇トレンドが続いているのが2022年の今 です。

過去から考えても 2022年下半期は相場の急落に備えたほうが良さそうです 。月足MACDも2011年8月以来の水準でデッドクロスし半値戻しを考えるとLMEで7,500-8,000を年末にかけて伺う展開になると予測します。

初心者が一番最初に押さえるべきテクニカル~ 移動平均線 と 乖離率 とは?

19041902


テクニカルの「基本」ツールである 移動平均線 (MA)とはどのようなものなのでしょうか?ここでは 移動平均線 を投資初心者でも簡単に理解できるように説明していきます。

移動平均線 とは?

本日終値 100円
前日終値 95円
2日終値 90円
3日終値 95円
4日終値 70円

5日 移動平均線 の計算式
(100円+95円+90円+95円+70円)÷5(日)=90円

上記のように5日 移動平均線 の場合はここ5日間の株価の平均値を毎日つないでグラフ化したものであることがわかります。
ですから25日 移動平均線 であれば、25日間の株価の平均値をグラフ化したもの、75日 移動平均線 であれば、75日間の株価の平均値をグラフ化したものということになります。

移動平均線 とチャートの基礎知識

日足と 移動平均線

19041903


日足で使われる 移動平均線 は上記のように5日・25日・75日 移動平均線 です。デイトレードなら5日平均線を活用してトレードすることになります。また短期スイングトレードならば25日線を基軸にトレードを構築していくことになります。

週足と 移動平均線

19041904


週足で使われる 移動平均線 は上記のように13週・26週・52週 移動平均線 です。特に重要なのは13週 移動平均線 です。13週はおよそ3か月の株価の平均値です。ここで勘のよい方ならピンとくるのではないでしょうか?3か月=決算スパンです。決算を見ながらのファンダメンタル重視のトレーダーの売買状況を表しているのが13週 移動平均線 なのです。

ですから、ファンダメンタル重視の投資を行う場合13週 移動平均線 が必須のテクニカル指標ということになります。

月足と 移動平均線

19041905

月足で使われる 移動平均線 は上記のように12月・60月・120月 移動平均線 です。月足の場合最短スパンが12月=1年ですので 移動平均線 がいったん崩れた場合、年単位でのトレンドが決まってしまうといった傾向があります。

ですから 移動平均線 を下回ったら利確、 移動平均線 を上回ったら買いとトレンドに逆らうことなくトレードすることでフェイクの少ないトレードをすることが可能です。

移動平均線 からわかる3つのこと

ここでは 移動平均線 を見ればわかる 3つのポイントをご説明します。

移動平均線 の向き=トレンド

19041906


上記のチャートの緑の線は5日 移動平均線 です。5日 移動平均線 の向きと株価が連動していることがお分かりいただけると思います。 移動平均線 が上向き=株価上昇(オレンジ色の矢印)、 移動平均線 の向きが下向き=株価下落(水色の矢印)です。

このように 移動平均線 の向きから株価のトレンドを知ることができます。

移動平均線 の角度=株価の勢い

19041907


上記のチャートをご覧ください。ピンク色の矢印の 移動平均線 の角度は「横」つまり角度がない状態です。こういった 移動平均線 の時の株価推移も「横」に推移していることがお分かりいただけると思います。

次にオレンジ色の矢印の 移動平均線 の角度は上昇傾向にあることがわかります。こういった時の株価推移も上昇傾向になることがわかります。

さらに赤色の矢印の 移動平均線 の角度はかなり急勾配になっていることがわかります。急勾配=株価高騰していますよね?
このように 移動平均線 の角度は株価の勢いを表しているのがわ かります。

移動平均線 と株価位置

19041908


移動平均線 と株価の位置をご覧ください。赤色の矢印のところでは5日 移動平均線 の上で株価が推移しています。 移動平均線 より上に株価が存在する=5日以内の購入者は含み益ということになります。よって含み益の株を売却する相場参加者は少数派ですので売り圧力が低くなり、株価があがりやすい傾向があります。

逆に水色の矢印のように株価が5日 移動平均線 を下回った場合、多くの相場参加者が含み損を抱えた状況になるため、売り圧力(損切)が高くなり株価が下落しやすくなります。このように 移動平均線 と株価の位置で相場参加者の売買状況が予測しやすくなります。

見てきたように 移動平均線 だけでも、相場状況を知ることが可能です。ですからしっかりと 移動平均線 の基本を押さえることが、相場で勝利するための近道といえます。

移動平均線 乖離率 を利用した投資方法

19041909

移動平均線 を利用したトレード方法に「 乖離率 」を活用する方法があります。ここでは 乖離率 を活用したトレード方法をご紹介していきます。

乖離率 とは?

乖離率 とはどの程度 移動平均線 から離れているのかを数値化したものです。 移動平均線 から離れている=株価が異常に推移していることを表しています。

乖離率 を活用したトレード方法

乖離率 を活用したトレード方法は「逆張り」と呼ばれるトレード方法です。相場のイレギュラー(高 乖離率 )が発生している銘柄を逆張りし、短期的に大きな利ザヤを狙うことが可能です。

移動平均線パーフェクトオーダー

トレード手法

FX投資を実践するにあたり 移動平均線を用いたパーフェクトオーダー を理解することは極めて重要です。
このページをご覧頂く事で、移動平均線を用いたパーフェクトオーダーを理解出来、実際のチャートを見て相場のトレンド方向と言った テクニカル分析が瞬時に出来る 様になります。

パーフェクトオーダーとは


期間の異なる移動平均線を3本を用いて相場のトレンドを測る手法です
移動平均線の配列によって短期線、中期線、長期線の3つの線の配列と現在の価格とを比較してパーフェクトオーダーを分析します。

パーフェクトオーダーには、上昇トレンドに対するパーフェクトオーダーと、下降トレンドに対するパーフェクトオーダーとの2種類あります。上の画像は上昇トレンドのパーフェクトオーダーです。
移動平均線の配列は上から順に、短期線、中期線、長期線の順で、かつ価格は短期線より大きい。
このチャートが上昇時のパーフェクトオーダーつまり、上昇トレンドとなります。

こんな配列でしょうか?

それともこの様な配列でしょうか?

正解は下段のチャートです。
上昇トレンドとは逆の配列で長期線、中期線、短期線の配列かつ価格は短期線より小さい。
このチャートが下降時のパーフェクトオーダーつまり、下降トレンドとなります。

期間の異なる移動平均線とは

この移動平均線の値については諸説ありますが、これと言った答えはなく仮に期間の短い5MA10MA21MAでもパーフェク
トオーダーは測る事が可能ですが、期間が短い分騙しが多発するデメリットがあり、逆に期間が長いと、パーフェクト
オーダーサインの精度は上昇しますが、サイン発生時にはトレンドの終演を向かえる等サイン発生が遅くなります。
皆さんも試されると解ると思います。

上昇トレンドの定義

先にも書きましたがトレンドの定義とは 上昇のパーフェクトオーダー中のことを上昇トレンド といいその チャートの詳細は短期線、中期線、長期戦の移動平均線配列かつ価格が短期線よりも大きい この条件を満たすことで上昇トレンドと定義付けしています。

下降トレンドの定義

上昇トレンドとは逆に、移動平均線の配列長期線、中期線、短期線の配列で、価格は短期線より小さいこの条件を満たしている場合に下降のパーフェクトオーダーが成立し、下降のパーフェクトオーダー成立中を
下降トレンドと定義付しています。
下降トレンドは相場の流れは速く、相場の流れに乗ることは経験を積んだトレーダーでも難しいと認識ください。

ここまで読み進めると、移動平均線の配列を用いたパーフェクトオーダーの仕組みを理解出来たと思います。
ただし、パーフェクトオーダーの仕組みを理解できたとしても、ピンポイントの買いサイン、売りサイン、を見極めるには、もう一歩踏み込んだテクニカル分析が必要です。
パーフェクトオーダーをインプットした後は移動平均線で売買サインを知るこちらの記事も合わせて読んでおくことでより実践的になってきます。

為替相場を予想する2つの視点 知っておきたいドル円相場のアノマリー

為替相場を予想する2つの視点 知っておきたいドル円相場のアノマリー

為替相場を予想するためには、大きく分けてファンダメンタルズ分析とテクニカル分析という2つの大きな視点が必要になる。また、「夏は円高になりやすい」、「米中間選にむけては円高になりやすい」など、季節やイベントによって為替が動きやすいとされているアノマリー (理論的な根拠はないが、経験則的に起こりうるとされている事象) を把握することが見通しを考える上で役に立つ。為替相場の見通しを考える上で必要なポイントを紹介しよう。

最低限知っておきたい「ファンダメンタルズ分析」と「テクニカル分析」の中身

為替の動きはグローバルな資金の動きを表しているとも言え、教科書的には国の景気が強い国に資金が集まりやすいとされている。たとえば、米国と日本の景気の強さや方向性を国内総生産 (GDP) 等の経済指標で比較する。米国の経済が日本より高いならば、ドル高・円安になりやすいというのが基本の考え方だ。

各国の通貨政策や金利動向も大切だ。グローバルな投資資金は少しでも利回りの高いところに集まりやすい。米国の金利が日本より高ければ、資金は日本円から米ドルに向かい、ドル高・円安になりやすい。特に、米国の政策金利や通貨政策を決める米連邦準備制度理事会 (FRB) の米連邦公開市場委員会 (FOMC) や日銀の金融政策決定会合における発言や内容が為替相場で重要なイベントとなる。

これらは完全に綺麗に分けて分析するものではなく、例えば移動平均乖離率やMACD (移動平均収束拡散手法:短期と長期の移動平均線の動きから売買タイミングを読み取る指標。2本のラインだけで表すため売買サインの見やすさに利点がある) 、ボリンジャーバンド (統計学的観点から価格の変動範囲を予測してチャート上に表示する指標。株価移動平均線からの振れ幅をラインで表示し、値動きが収まりやすい範囲が一目で分かる利点がある) は順張り指標にも逆張り指標としても使用されることが多い。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる