デモ取引

インデックス投資

インデックス投資
  • ・話題株ピックアップ【夕刊】(1):フロンテオ、エムアップ、神戸物産 (05/26)
  • ・話題株ピックアップ【夕刊】(2):アサヒ、パソナG、SBG (05/26)インデックス投資 インデックス投資
  • ・話題株ピックアップ【夕刊】(3):インバウンド関連、ガーラ、FFRI (05/26)
  • ・本日の【ストップ高/ストップ安】 引け S高= 7 銘柄 S安= 0 銘柄 (5月26日)
  • ・★本日の【サプライズ決算】超速報 (05月26日) [プレミアム専用] (05/26)
  • ・億ヤラレ中の億り人、日本株躍進もアメ株でつまずきのワケ (05/26)
  • ・インバウンドの追い風再び、「サービスロボット関連株」本格稼働へ <株探.. (05/25)
  • ・バリュー株優位はいつまで? バリュエーション格差に見る「割高・成長株」の逆襲 (05/25)
  • ・【高配当利回り銘柄】ベスト30 <割安株特集> 5月25日版
  • ・打たれ強さ発揮の「J-REIT」、経済再開に向け新たな評価余地 <株探トップ特集> (05/24)

TTIがロス・ギラーディを財務・投資家対応担当上級副社長に任命

香港--( BUSINESS WIRE )--(ビジネスワイヤ) -- コードレスのプロ用工具、DIY工具、屋外動力機器の世界的リーダーである創科実業(「TTI」または「当グループ」)(証券コード:669、ADRシンボル:TTNDY)は、2022年7月5日付けでロス・ギラーディ氏を財務・投資家対応担当上級副社長に任命したことを発表します。ギラーディは、米国を拠点としてTTIの世界的な投資家対応の責任を担い、ジョゼフ・ガリ最高経営責任者の下で勤務します。

TTIは、ハンセン指数、FTSE RAFI™オールワールド3000インデックス、FTSE4Good先進国インデックス、MSCI ACWIインデックスの構成銘柄です。詳細情報については、www.ttigroup.comをご覧ください。

AEGとRYOBIを除き、表示されているすべての商標は、当グループが所有しています。AEGはAB Electrolux (publ.)の登録商標であり、許諾を得て使用されています。RYOBIはリョービ株式会社の登録商標であり、許諾を得て使用されています。

Contacts

For インデックス投資 investor relations enquiries:
Main Contact
TTI Investor Relations
Tel: +1 (954) 541 9660
Email: [email protected]

Asia/Pacific
TTI Investor Relations
Tel: +(852) 2402 6888
Email: [email protected]

Contacts

For investor relations enquiries:
Main Contact インデックス投資
TTI Investor Relations
Tel: +1 (954) 541 9660
Email: [email protected]

Asia/Pacific
TTI Investor Relations
Tel: +(852) 2402 6888
Email: [email protected]

Search

Follow Us

More from Business Wire

Business Wire Information

Internet Explorer presents a security risk. To ensure the most secure and best overall experience on our website we recommend the インデックス投資 latest versions of Chrome, Edge, Firefox, or Safari. Internet Explorer will not be supported as of August 17, 2021. Internet Explorer is no longer supported. To ensure the most secure and best overall experience on our website, we インデックス投資 recommend the latest versions of Chrome, Edge, インデックス投資 Firefox, or Safari.

ニュースリリース
(2022年)

「森林×脱炭素チャレンジ2022」で優秀賞受賞
~社有林の持続的な活用、CO2吸収量を高く評価~

住友林業株式会社(社長:光吉 敏郎 本社:東京都千代田区)は林野庁が主催する「森林×脱炭素チャレンジ 2022 」 ※ 1 で優秀賞(林野庁長官賞) ※2 を受賞しました。「森林の有する公益的機能発揮への貢献」部門での受賞で、国内社有林の持続的な活用と森林整備による CO2 吸収量が高く評価されました。

当社は生態系を守りながら伐採・再造林により森林を若返らせる循環型森林経営を行っています。 2050 年カーボンニュートラル達成のため、適切な森林管理で CO2 吸収量を増やしながら、木材を建築やバイオマス燃料など様々な分野で活用することで炭素固定・排出抑制を推進していきます。

・森林を持続的に活⽤する「保続林業」の基本理念の下、国土の約800分の 1 に相当する約 48,インデックス投資 000 ha の国内社有林で2016年から森林認証 インデックス投資 SGEC ※ 3 を継続取得。

国内社有林の CO2 吸収量が応募企業や団体の中で最も多い年間 3,415 t-CO2 となる。

・全国で年間 190 万本規模のコンテナ苗木の生産体制構築。

「 Forest Road Designer ( FRD )」開発、販売。

住友林業グループは国内外で森林経営から木材建材の調達・製造、木造建築、木質バイオマス発電まで「木」を軸とした事業を展開しています。木の伐採・加工、利用、再利用、植林という「住友林業のウッドサイクル」を回すことで、森林の CO2 吸収量を増やし、木材活用で炭素を長く固定し続けることができます。世界の脱炭素シフトへのパートナーとして当社グループならではの「ウッドソリューション」を提供し、持続可能な社会の実現に貢献していきます。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる