外国為替市場

インサイダー取引関連サービス

インサイダー取引関連サービス

貿易監視システム市場、2027年に2兆4,122万米ドル規模到達見込み

株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「貿易監視システムの世界市場:業界動向、シェア、規模、成長、機会、予測(2022年~2027年)」(IMARC Services Private Limited)の販売を5月30日より開始いたしました。

コンポーネント別の市場区分 インサイダー取引関連サービス
・ソリューション
・サービス

導入形態別の市場区分
・オンプレミス
・クラウド型

企業規模別の市場区分
・大企業
・中小企業

エンドユーザー別の市場区分
・銀行
・機関投資家向け証券会社
・リテールブローカー
・マーケットセンターと規制機関
・その他

市場の競合状況
世界の貿易監視システム市場における主要な企業としては、ACA Group、Accenture plc、Aquis Exchange PLC、b-next、Cognizant、CRISIL Limited (S&P Global Inc.)、FIS、International Business Machines Corporation、Nasdaq Inc.、NICE Ltd、OneMarketData LLC、SIA S.p.A.などが挙げられます。

【本件に関するお問合せ先】
<アジア最大の市場調査レポート販売代理店>
株式会社グローバルインフォメーション
マーケティング部
E-mail:[email protected]
TEL:044-952-0102(9:00-18:00 土日・祝日を除く)
URL:リンク

創立:1995年
所在地:215-0004 神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F
事業内容:市場調査レポート/年間契約型情報サービスの販売、委託調査の受託
市場調査レポート/年間契約型情報サービス:リンク
委託調査:リンク

デジタル製品主要記事

ZDNet Japan 注目ヘッドライン

編集部おすすめの記事

読まれている記事

  • 1 KDDI、7月から「au Ponta ポータル」を開始--「au」「UQ mobile」ユーザー特典変更も
  • 2 カプコン、「バイオハザード RE:4」を2023年3月24日に発売--「バイオ4」リメイク作品
  • 3 マイクロソフト、「Teams」に対する一連の機能強化を発表

The Japanese edition of 'CNET' is published under license from A Red Ventures Company., Fort Mill, SC, USA. Editorial items appearing in 'CNET Japan' インサイダー取引関連サービス that were originally published in the US Edition of 'CNET', 'ZDNet' and 'CNET News.com' are the copyright properties of A Red Ventures Company. or its suppliers. Copyright (c) A Red Ventures Company. All Rights Reserved. 'CNET', 'ZDNet' and 'CNET News.com' are インサイダー取引関連サービス インサイダー取引関連サービス trademarks of A Red Ventures Company.

Copyright (c) 2022 ASAHI INTERACTIVE, Inc. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.

The Japanese edition of 'CNET' is published under license from A Red Ventures Company., Fort Mill, SC, USA. Editorial items appearing in 'CNET Japan' that were originally published in the US Edition of 'CNET', 'ZDNet' and 'CNET News.com' are the copyright properties インサイダー取引関連サービス of A Red Ventures Company. or its suppliers. Copyright (c) A Red Ventures Company. All Rights Reserved. 'CNET', 'ZDNet' and 'CNET News.com' are trademarks of A Red Ventures Company. 個人情報保護方針 インサイダー取引関連サービス 利用規約 訂正 運営会社 広告について

当サイトは最新ブラウザでの閲覧を推奨します。 Copyright (c) 2022 ASAHI INTERACTIVE, Inc. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.

インサイダー取引の罰則 規制内容と事例、監視体制とは?

インサイダー取引の罰則はこんなに重い!適用除外について知っておこう

 

目次【本記事の内容】

インサイダー取引とは

インサイダー取引の規制対象は?

インサイダー取引禁止規定を理解するポイント

インサイダー取引の対象者は誰?「会社関係者とは」

① 当該上場会社等の役員、代理人、使用人その他の従業者(⇒役員等)+その職務に関し知ったとき (金融商品取引法第 166 条第 インサイダー取引関連サービス 1 項第 1 号)

② 当該上場会社の会社法第 433 条第 インサイダー取引関連サービス 1 項の権利(帳簿閲覧権)を有する株主等+当該権利の行使に関し知ったとき (同項第 2 号)

③ 当該上場会社等に対する法令に基づく権限を有する者+当該権限の行使に関し知ったとき (同項第 3 号)

④ 当該上場会社等と契約を締結している者又は締結の交渉をしている者(その者が法人であるときはその役員等、法人以外の者であるときはその代理人・使用人を含む)+当該契約の締結若しくはその交渉又は履行に関し知ったとき (同項第 4号)

⑤ ②又は④に掲げる者であって法人であるものの役員等+その者の職務に関し知ったとき(同項第 5 号)

上場会社の役員取締役、執行役、相談役、監査役、顧問役など
上場会社の従業員正社員、契約社員、派遣社員、嘱託・業務請負者、パート・アルバイト社員など
上場会社との契約締結者・契約締結交渉中の者金融機関を含む取引先、業務委託・提携先、顧問弁護士・公認会計士・税理士・中小企業診断士、元引受証券会社、各種コンサルタントなど
上場会社の帳簿閲覧権を有する者総株主の議決権の3%以上を保有する株主など
上場会社に対して法令に基づく権限を有する者その会社の許認可権や監査権を有する官公庁の職員

重要事実とは?

条第 2 項に列挙して規定されており、その内容は、

ⅰ)上場会社等の機関決定に係る重要事実(同項第 1 号)

ⅱ)上場会社等に発生した事実に係る重要事実(同項第 2 号)

ⅲ)重要事実となる上場会社等の売上高等の予想値等(同項第 3 インサイダー取引関連サービス 号)

決定事実株式・新株予約権の発行、自社株式取得、株式分割、合併、提携、会社分割、研究開発成果の商品化、新技術開発等に関する事項
発生事実自然災害・業務災害による損害、主要株主の異動、訴訟の提訴または判決、手形不渡り、主要取引先との取引停止、債権者による債務免除等に関する事項
決算情報業績予想の大幅修正に関する事項
その他上場会社の運営・業務・財産に関する重要な事実であって、投資家の投資判断に著しい影響を及ぼす事項および企業グループ全体の経営に大きな影響を及ぼす事項

知りながら

重要事実が公表される前

●第一次情報受領者

インサイダー取引の罰則事例

インサイダー取引違反勧告事例1上場会社A社の役員甲は、自社が算出し直した業績予想値と公表済みの業績予想値を比較すると、投資家の投資判断に重大な影響を及ぼす重要事実1と、自社が株式分割を行うとの決定をした重要事実2を職務上知った。そして甲は知人の乙と飲食店で会食した際、この2つの重要事実を「実は」と乙に伝えた。その結果乙は、A社が2つの重要事実を公表する前にインターネット注文で現物取引と信用取引によるA社株を買付け、経済的利益を得た。
これに対し、証券取引等監視委員会は乙に1167万円の課徴金納付命令勧告を行った。
インサイダー取引違反勧告事例2上場会社B社の役員甲は、自社が算出し直した当期純利益の予想値と公表済みの当期純利益を比較すると、投資家の投資判断に重大な影響を及ぼす重要事実を職務上知った。そして取引先S社の乙がB社を訪問。面談した甲は互いの会社の業績に関する雑談をしている最中に、この重要事実を「実は」と乙に伝えた。その結果乙は、B社がこの重要事実を公表する前に電話注文の現物取引でB社株を買付け、経済的利益を得た。
これに対し、証券取引等監視委員会は乙に252万円の課徴金納付命令勧告を行った。
インサイダー取引違反勧告事例3公開買付者X社の親会社Y社の役員甲は、X社の公開買付等事実(以下、本件事実)を職務上知った。そして甲は知人の乙と飲食店で会食した際、本件事実を「実は」と乙に伝えた。その結果乙は、X社が本件事実を公表する前に前に電話注文の現物取引により公開買付対象者Z社の株式を買付け、経済的利益を得た。
これに対し、証券取引等監視委員会は乙に281万円の課徴金納付命令勧告を行った。

どうしてインサイダー取引は発覚するのか

証券取引等監視委員の存在

J-IRISS(ジェイ・アイリス:Japan-Insider Registration & Identification Support System)とは、上場会社の役員情報を上場会社に自ら登録していただくことでデータベース化し、証券会社が定期的に自社の顧客情報と当該データベースを照合確認することで、不公正取引の未然防止等に活用するため、日本証券業協会が運営するシステムであり、高いセキュリティを実現したシステムです。

OpenSea元プロダクト責任者、NFTインサイダー取引で起訴

米司法省が、NFTのインサイダー取引を行なったとしてオープンシー(OpenSea)の元プロダクト責任者ナサニエル・チャステイン(Nathaniel Chastain)氏を起訴したことが6月1日に分かった。同氏は電信送金詐欺とマネーロンダリングの容疑で起訴された。ちなみに最高刑は懲役20年に及ぶうという。 被告はオープンシーで掲載される予定のNFTに関する内部情報をもとに、取引を行ったとされている。この事実は昨年9月に、オープンシーが公表し、事実関係と追加措置を把握するため、第三者機関を通して徹底的な調査が行なわれてきた。 米司法省の発表によれば、被告は少なくとも2021年6月頃から2021年9月頃まで、どのNFTが公式サイトに掲載されるかに関するオープンシーの機密のビジネス情報を利用し、掲載直前に数十のNFTを購入していたという。 そしてそのNFTがオープンシーに掲載された後、被告は最初の購入価格の2倍から5倍の利益でNFTを販売していたとのことだ。さらに不正を隠すため、被告はオープンシーの匿名のデジタルウォレットと匿名のアカウントを使用して、NFTの購入と売却を行っていたようだ。 米国連邦検事のダミアン・ウィリアムズ(Damian Williams)氏は、次のように説明した。 「NFTは新しいものかもしれませんが、この種の犯罪計画は新しいものではありません。被告は自分のお金儲けのためにオープンシーの機密情報を利用し、オープンシーを裏切ったのです。 本日の告発は、株式市場であれブロックチェーンであれ、インサイダー取引を根絶するための当庁のコミットメントを示すものです」 FBI副長官のマイケル・J・ドリスコル(Michael J. Driscoll)氏は、次のように述べている。 「今回の事件では、申し立てられたように、被告は機密情報の知識を利用して、オープンシーのホームページに掲載される前に数十のNFTを購入し、インサイダー取引を行うという時代錯誤な計画を開始しました。ブロックチェーンに対応したNFTのような新しい投資ツールの出現には、自らの利益のために脆弱性を悪用する者が存在するものです。FBIは、このような方法で市場を操作することを選択した行為者を積極的に追及していきます」

OpenSea元プロダクト責任者、NFTインサイダー取引で起訴

「FTX Japan」ローンチ、日本市場へ本格参入、国内でステーブルコインや前払式支払手段に規制、資金決済法改正案が成立、前澤友作、web3コミュニティ「MZ CLUB」を立ち上げ、OpenSea元プロダクト責任者、NFTのインサイダー取引で起訴、FTXグローバル、イーサリアムL2「Optimism(OP)」を先物で取扱開始、OKX、WAX StudiosのP2Eゲーム事業に約13億円投資、メタバースの「日本デジタル空間経済連盟」、新たに17社入会

国内でステーブルコインや前払式支払手段に規制、資金決済法改正案が成立

OKX、WAX StudiosのP2Eゲーム事業に約13億円投資

暗号資産(仮想通貨)取引所OKX(オーケーエックス、旧:OKEx)の投資部門OKXブロックドリームベンチャーズ(Blockdream Ventures)が、WAXブロックチェーンを開発するワックススタジオ(WAX Studios)に1000万ドル(約13億円)を投資することが6月2日分かった。

FTXグローバル、イーサリアムL2「Optimism(OP)」を先物で取扱開始

メタバースの「日本デジタル空間経済連盟」、新たに17社入会

前澤友作、web3コミュニティ「MZ CLUB」を立ち上げ

「FTX Japan」ローンチ、日本市場へ本格参入

【6/2話題】バイナンスが650億規模web3ファンド、米コインベースがKusama上場へなど(音声ニュース)

関西サッカーリーグ1部「FC. AWJ」、FiNANCiEでトークン発行

人気の記事

前澤友作、100億円規模のweb3ファンド立ち上げ

【取材】FC琉球がIEOで約10億円調達も「FCR」大幅下落、GMOコインのルール変更も影響か

STEPNの「GMT」で買い物が可能に、AlchemyPayと提携

Terra(LUNA)ハードフォーク案可決、新チェーンTerra2.0へ

【取材】ガウディがweb3メタバース事業開発に25億円調達。バンダイナムコ、KDDI、SBIから

あたらしい経済をシェアする

人気のキーワード

著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部 記者・編集者 ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる