FXってなに

中長期成長戦略

中長期成長戦略
医療用カラーチャート

中長期成長戦略

2030年に向けて
(新中期経営計画の位置づけ)

グループ重点戦略

常にお客様の立場に立って、 新たな体験価値を提供

  • *1 BOPIS : Buy Online Pick-up In Store・・・・・オンラインで購入した商品を店舗で受け取る仕組み
  • *2 CRM : Customer Relationship Management・・・・・顧客関係管理
  • *3 LTV : Life Time Value・・・・・顧客生涯価値

海外コンビニエンスストア事業戦略

北米コンビニエンスストア事業

店舗ネットワーク活用・サプライチェーン強靭化による北米コンビニエンスストア事業の成長

グローバル戦略

中期グローバル戦略マップ

グローバルブランド価値向上に向けて

国内コンビニエンスストア事業戦略

グループ食品戦略

更なる食品領域におけるシナジーへの挑戦

多様な業態を持つからこそ実現できる
食品領域における差別化

大型商業拠点戦略
(大型商業拠点戦略の事業・店舗構造改革)

DX・金融戦略

ラストワンマイルへの挑戦

コロナ禍で加速するお届けニーズの拡大に合わせて、「セブンイレブン ネットコンビニ」などのオンデマンド配送サービスや
「イトーヨーカドー ネットスーパー」をはじめとする計画的な配送サービス、「イトーヨーカドー とくし丸」などの日々のお買物に不便を感じていらっしゃる方々への移動販売の取り組みを拡大していきます。

お客様接点の拡大

事業ポートフォリオに
関する考え方

サステナブル経営

環境宣言目標達成に向けた投資

2019年には環境負荷低減の方針を明確にした、環境宣言『GREEN CHALLENGE2050』を発表。
4つのテーマに分けて取り組みを明示し、それぞれ数値目標を掲げて2030年、2050年の目指す姿に向けて各社具体的な取り組みを進めています。

環境宣言(2019年5月発表)

GREEN CHALLENGE 2050

4つのテーマで、2050年の目指す姿を発表

GREEN CHALLENGE 2050

2030年に目指す姿

  • 太陽光パネルの設置店舗
    8,683店(92MW)→11,000店(160MW)
  • 大型太陽光パネルは駐車場や工場へ設置拡大
  • オフサイトPPAモデルの拡大
  • 再生可能エネルギー調達の推進
  • 店舗運営における水素エネルギーの利活用
  • 次世代太陽電池、蓄電池の研究開発
  • ペットボトル回収機
    (2020年度で3億3,000万本の回収実績)
    現在1,000台設置済
    →年間1,000台以上の増設
  • ペットボトル以外のプラスチック回収への挑戦
    プラスチックトレーの回収の強化
  • 廃ペットボトルのリサイクル工場への出資
    PB商品で使用するリサイクルPETの確保
  • ケミカルリサイクル事業への出資
  • セブンプレミアムの容器や商品への活用
    (現在約200アイテム⇒1,000アイテムへ)

持続的成長のために

誰もが働きやすい職場づくり

財務・定量目標

2025年度を最終年度とした財務目標をEBITDA 1兆円以上、ROE 10%以上、EPS成長率5年間平均で15%以上と設定し、収益性、成長性、持続可能性を高めていきます。
当社グループが持続的な企業価値の向上をし続けていくために、財務の健全性を確保しつつ、量的な拡大と質的な向上を両立させます。

財務基本方針

持続的に企業価値を向上させるため、 資本コストを上回るリターン(利益) を
拡大するとともに、 キャッシュ・フロー(CF)の創出力 を高める。

中長期成長戦略

中期経営計画の作り方

そこで今回は、 中期経営計画の作り方から、現場に落とし込む手順 をご紹介します。

経営計画ハンドブックダウンロード

中期経営計画とは

だからこそ 中長期的な視点で経営計画を作り、多少のイレギュラーがあったとしても目標達成できるよう、ロードマップを作ることが大切 です。

中期経営計画は会社成長のロードマップ

中期経営計画を立てる目的・メリット

目的・メリット1:会社の現状や課題を整理できる

目的・メリット2:やるべきことが明確になる

目的・メリット3:社員に「考える」癖がつく

中期経営計画を立てる目的とメリット

中期経営計画の作り方

手順1:経営理念を明確にする

1.ミッション 中長期成長戦略

企業が果たすべき使命、存在意義。企業活動を通じて世の中にどのように貢献していくのかという企業の「あり方」を示す。

2.ビジョン

企業が目指すべき姿。「5年後に売上を100億円にする」「3年後にインド進出し、アジア圏の売上を10億円まで伸ばす」といった具体的な数値目標を示す。

3.バリュー

企業の価値観や行動規範。「お客様ファーストでサービスを提供します」「クレームが発生した場合、誠実に対応し再発防止に努めます」など、社員が行動する際の手本・規範を示す。

手順2:自社の現状を把握する

手順3:外部環境を分析する

外部環境の分析結果をもとに中期経営計画を作成する

手順4:中期的な戦略を決める

手順5:数値目標・行動計画を作る

中期経営計画を計画倒れさせないために

そのためには各部門の リーダーやマネジャーが中期経営計画を正しく理解し、自身の部門に合わせ現場レベルまで目標や行動計画に落とし込むことが必要 です。現場に近ければ近いほど、タスクに落とし込み、期限を切らないと社員の行動は変わりません。

中期経営計画を現場に落とし込むマネジメント法

予材管理とは目標の2倍の営業材料(予材)をあらかじめ仕込むことで、事業目標を最低でも達成させるという経営マネジメント手法です。予材管理をおこなうことで、安定かつ継続的に事業目標を達成できる営業基盤ができます。


予材管理を使った中期経営計画の実施例

中期経営計画の立案は、5年後に必要な営業材料(予材)を起点に考えます。200億円の営業材料(予材)を仕込むには、それまでに「どのような経営課題があるか」を逆算して洗い出すことが大切です。とりわけ中期経営計画の達成には 中長期成長戦略 3つの経営課題に対し、「今」から対策をとることが重要 です。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる