トレードを学ぶ

上昇トレンド継続のパターン

上昇トレンド継続のパターン
丸みを帯びた天井を形成し、その後レンジで推移してブレイク

Fx講座「Fxプライス・アクション理論」陳満咲杜氏 2017/04/12 | タペストリー プライス アクション 理論 最新の書き込み

トピック記事を見てみましょう “タペストリー プライス アクション 理論 – FX講座「FXプライス・アクション理論」陳満咲杜氏 2017/04/12” カテゴリ内: Blog. この記事は、インターネット上の多くのソースからのJp.sunsquare.vnによって編集されています. 著者FXTF【公式】による記事には53,582 回視聴があり、高評価 554 件で高く評価されています.

このタペストリー プライス アクション 理論トピックの詳細については、以下の記事を参照してください。.投稿がある場合は、記事の下にコメントするか、関連記事セクションのトピックタペストリー プライス アクション 理論に関連するその他の記事を参照してください。.

Table of Contents

主題に関するビデオを見る タペストリー プライス アクション 理論

以下は、このトピックに関する詳細なビデオです タペストリー プライス アクション 理論 – FX講座「FXプライス・アクション理論」陳満咲杜氏 2017/04/12. 注意深く見て、あなたが読んでいるものについてのフィードバックを私たちに与えてください!

FX講座「FXプライス・アクション理論」陳満咲杜氏 2017/04/12 – タペストリー プライス アクション 理論 このトピックの詳細

テーマの説明 タペストリー プライス アクション 理論:

■□■会社概要
商号:株式会社FXトレード・フィナンシャル
(略称:FXTF、英語名称:FXTrade Financial Co., Ltd.)
http://www.fxtrade.co.jp/
所在地:〒108-0073 東京都港区三田2-11-15 三田川崎ビル4F
代表者:代表取締役社長 鶴 泰治
資本金:3億5千万円(2016年3月末現在)
設立:2006年6月14日
金融商品取引業者登録番号:関東財務局長(金商)第258号
加入団体:一般社団法人 金融先物取引業協会 会員番号 第1570号、一般社団法人 日本投資顧問業協会 会員番号 012-02639
▼ソーシャルメディア
FXTF公式Twitter:https://twitter.com/FXTF_PR
FXTF公式LINEアカウント(「友だち追加」ボタンから登録):http://www.fxtrade.co.jp/support/263260
FXTF公式Facebook:https://www.上昇トレンド継続のパターン 上昇トレンド継続のパターン facebook.com/fxtrade.co.jp
FXTF YouTube公式チャンネル:https://www.youtube.com/user/fxtradefxtf
FXTF公式ブログ:http://www.fxtrade.co.jp/blogs/

【リスク警告】
外国為替証拠金取引においては、お客様が当社に預託した証拠金を担保として、実際には–証拠金と比較して多額の通貨を取引します。したがって、外国為替相場 の変動がお客様の損益に与える影響は、証拠金と取引額の倍率に従って大きく増幅されま–す。外国為替証拠金取引はハイリスク・ハイリターンな取引であり、元 本保証はありません。外国為替証拠金取引においては、取引対象である通貨の価格の変動–により損失が発生することがあり、取引金額がその取引についてお客様 が預託すべき証拠金の額に比して大きいため、その損失の額が証拠金の額を上回ることが–あります。取引対象である通貨の金利の変動によりスワップポイントが 受取りから支払いに転じることもあります。相場状況の急変により、ビッド価格(お客様–の売付価格)とオファー価格(お客様の買付価格)のスプレッド幅が広くなったり、意図した取引ができない可能性があります。取引システムまたは金融商品取–引業者及びお客様を結ぶ通信回線等が正常に作動しないことにより、注 文の発注、執行、確認、取消しなどが行えない可能性があります。

コメントセクションでFX講座「FXプライス・アクション理論」陳満咲杜氏 2017/04/12に関連する詳細情報を参照するか、トピックに関連するその他の記事を参照してくださいタペストリー プライス アクション 理論.

キーワードに関する情報 タペストリー プライス アクション 理論

以下はの検索結果です タペストリー プライス アクション 理論 Bingサイトから. 必要に応じてもっと読むことができます.

投稿 タペストリー プライス アクション 理論 – FX講座「FXプライス・アクション理論」陳満咲杜氏 2017/04/12 インターネット上のさまざまな情報源から編集しました。この記事がお役に立てば幸いです。より多くの人に見てもらえるように共有して応援してください!ありがとうございました!

コンテンツの写真 タペストリー プライス アクション 理論

トピックに関する写真 FX講座「FXプライス・アクション理論」陳満咲杜氏 2017/04/12 記事の内容をよりよく理解するために記事を説明するために使用されます。コメントセクションでより多くの関連画像を参照するか、必要に応じてより多くの関連記事を参照してください.

FX講座「FXプライス・アクション理論」陳満咲杜氏 2017/04/12

FX講座「FXプライス・アクション理論」陳満咲杜氏 2017/04/12

トピックに関する記事を評価する タペストリー プライス アクション 理論

  • 著者: FXTF【公式】
  • 意見: 53,582 回視聴
  • いいねの数: 高評価 554 件
  • 動画のアップロード日: 2017/04/11
  • ビデオURL: https://www.youtube.com/watch?v=1ohCYSSNtas

記事のキーワード FX講座「FXプライス・アクション理論」陳満咲杜氏 2017/04/12

  • プライスアクション
  • price action
  • 陳満咲杜
  • FX
  • 為替
  • FXTF
  • FXトレード・フィナンシャル
  • MT4
  • メタトレーダー
  • GMMA

Youtubeでトピックタペストリー プライス アクション 理論に関するビデオをもっと見る

また、最新のニュースレターでキーワードタペストリー プライス アクション 理論に関連するニュースをさらに見ることができます。.

トピック タペストリー プライス アクション 理論 – FX講座「FXプライス・アクション理論」陳満咲杜氏 2017/04/12 に関する記事の表示が終了しました。この記事の情報が役に立った場合は、共有してください。どうもありがとうございます。

上昇トレンド継続のパターン

(図1): ステージの推移

上記の6つに分けられる各ステージには、相場の現状を示す意味(相場の状況)があります。では順を追ってみていきましょう。まずは、第1ステージです。これは 上昇期を示しており、買いにエッジ(優位性)があるところです。 次に、第2ステージは上昇トレンドの終わりを示しています。そして、第3ステージは下降トレンドの入り口であることを示しており下降期が来るかもしれないというように準備ができます。ここから 第4ステージへと移行すれば下降期となり売りにエッジがあるところとなります。 そして、第5ステージとなると下降トレンドの終わりを示し、第6ステージに移行すると上昇トレンドの始まりとなり、ここでも上昇期が来るかもしれないと準備ができます。
この一連の流れは時系列でいうと、一般的にはステージ1から始まり、最後はステージ6にいくという順番に推移していきます。これを「順行」といいます。ただし、「一般的には」というからには例外もあります。ステージ6からステージ1に向けて動くケースもあります。これを「逆行」といいます。ただ、逆行はそんなに多く起こる現象ではありません。大雑把な表現になりますが、全体の7割は順行で、残り3割が逆行です。ステージが逆行するのは、相場が押し目や戻し、あるいはもみ合い局面に入ったときです。また、逆行はそう長く続くものではありません。第2ステージから第1ステージ、第6ステージから第5ステージ、第4ステージというように、ステージを2段階か3段階進んだ後、再び順行に戻っていきます。したがって、逆行になったときは、「いつか順行に戻る」ことを念頭に置いて、ポジションをとるようにしましょう。

(図2): 移動平均線大循環分析の順行と逆行 (8897)タカラレーベン 日足 2019年5月~2020年4月

次に重要なポイントは、 順行のときでも逆行のときでも、ステージを飛ばして推移することは基本的には無い 、ということです。厳密にいえばごく稀ではありますがステージを飛ばすこともあります。ただし、その時には移動平均線が収束しているので予測はできます。話を戻すと、例えば順行のときであれば、第1ステージの次は第2ステージになりますし、逆行のときには、第6ステージの次は第5ステージになります。これは移動平均線の成り立ちを考えれば、ギャップを空けて推移することはないので、ステージが急にジャンプすることはないとわかります。
上記の(8897)タカラレーベンのチャートを見るとステージが①➁③~と順行して①②となりましたが、そこから逆行して①に戻り、トレンドが継続する押し目買いの動きになりました。また、⑥⑤④と戻り売りの動きの時にも逆行しているのが分かります。
ということは、「いまがどのステージにあるのか」「順行なのか逆行なのか」さえわかれば、次のステージが明確に見えてくるということを意味します。そして、特徴として第1ステージ、第4ステージは、基本的に長続きする傾向があります。第2・3ステージ、第5・6ステージは移行期(変化期)のため、基本的に直ぐに終わる傾向があります。もし、その逆で第1ステージや第4ステージが短く、第2・3・5・6ステージが長いときは、もみ合い状態である可能性が高いということを示唆してくれます。

FXチャートパターン17種と初心者が損しないための3つの心得を紹介

FXチャートパターン_シンメトリカル・トライアングル

左が上昇パターン、右が下落パターン

アセンディング・トライアングル

FXチャートパターン_アセンディング・トライアングル

ディセンディング・トライアングル

FXチャートパターン_ディセンディング・トライアングル

上昇ウェッジ

FXチャートパターン_上昇ウェッジ

左が上昇時の上昇ウェッジ、右が下落時の上昇ウェッジ

下降ウェッジ

FXチャートパターン_下降ウェッジ

左が下落時の下降ウェッジ、右が上昇時の下降ウェッジ

上昇フラッグ

FXチャートパターン_上昇フラッグ

下降フラッグ

FXチャートパターン_下降フラッグ

トレンド転換を示唆する10種のチャートパターン

ヘッド&ショルダー ヘッド&ショルダートップ 山なりの左肩・頭・右肩 下落トレンドへ転換

ヘッド&ショルダーボトム 谷型の左肩・頭・右肩 上昇トレンドへ転換

スパイク スパイクトップ 長い上ヒゲで実体の短いロウソク足 下落トレンドへと転換

スパイクボトム 長い下ヒゲで実体の短いロウソク足 上昇トレンドへと転換 上昇トレンド継続のパターン

ソーサ ソーサートップ 上方に緩やかな丸みを描く 緩やかに下落トレンドへ転換

ソーサーボトム 下方に緩やかな丸みを描く 緩やかに上昇トレンドへ転換

ライン ライントップ 天井圏で小さくもみ合い 下落トレンドへ転換 上昇トレンド継続のパターン 上昇トレンド継続のパターン

ダブル(ダブルトップ、ダブルボトム)

ダブルトップ(毛抜き天井)

FXチャートパターン_ダブルトップ(毛抜き天井)

水色の線がネックライン

ダブルボトム(毛抜き底)

FXチャートパターン_ダブルボトム(毛抜き底)

水色の線がネックライン

ヘッド&ショルダー(三尊、逆三尊)

ヘッド&ショルダートップ(三尊)

FXチャートパターン_ヘッド&ショルダートップ(三尊)

水色の線がネックライン

ヘッド&ショルダーボトム(逆三尊)

FXチャートパターン_ヘッド&ショルダーボトム(逆三尊)

水色の線がネックライン

スパイクトップ(スパイクハイ)

FXチャートパターン_スパイクトップ(スパイクハイ)

赤が陽線、青が陰線

スパイクボトム(スパイクロー)

FXチャートパターン_スパイクボトム(スパイクロー)

赤が陽線、青が陰線

ソーサートップ

FXチャートパターン_ソーサートップ

丸みを帯びた天井を形成し、その後レンジで推移してブレイク

ソーサーボトム

FXチャートパターン_ソーサーボトム

丸みを帯びた底を形成し、その後レンジで推移してブレイク

ライン(ライントップ、ラインボトム)

ライントップ

FXチャートパターン_ライントップ

天井圏で、1本のラインに見えるほど小幅な値動き後、下落

ラインボトム

FXチャートパターン_ラインボトム

底値圏で、1本のラインに見えるほど小幅な値動き後、下落

初心者がFXチャートパターンで損をしないための3つの心得

  • 日足以降の長期期間から判断する
  • 取引は「ブレイク」を確認してからが基本
  • チャートパターンの動きはあくまで傾向

日足以降の長期期間から判断する

取引は「ブレイク」を確認してからが基本

また、初心者の場合、教科書などで指摘されているエントリーポイントより、少し遅らせてから取引を始めるくらいで丁度いいだろう。チャートパターンではなかったリスクと、チャートパターン形成失敗のリスクを軽減できる。

チャートパターンの動きはあくまで傾向

チャートパターンは、あくまで傾向として留めておくようにしたい。特に初心者の場合、チャートパターンを信じすぎると、その形が出そうになったら、「取引しないと、チャンスを逃してしまう」という心理に陥り、早とちりして損をする可能性もある

FXのウェッジとは?上昇・下降のFXチャートパターン手法について徹底解説!

ウェッジ


上図のチャートを見てわかる通り、チャネルラインの中でも、何度か上昇に転換しようとする動きがあり、抜けた瞬間から強い上昇トレンドが発生しています。

【下降ウェッジ】トレンド継続パターン

【下降ウェッジ】エントリータイミング

インジケーターを組み合わせたスキャルピング手法

  1. 下降ウェッジ終盤にて、RCIが売られすぎのシグナル、つまりロングのエントリーを示唆している点
  2. 下降ウェッジのチャネルラインを抜けて、陽線が出始めていること
  3. 安値の切り下げが弱く、ロング勢力の存在が読み取れること

ウェッジのダマシを防ぐには?

  • それぞれのウェッジの特徴をよく押さえておくこと
  • 使い慣れたインジケーターと組み合わせること
  • 極力、上位足でトレードすること

ダマシはそもそも、機関投資家たちによる市場操作によって引き起こされるものですが、下位足ほど要する資金が少なく済むため、操作が容易となります。

FXのウェッジを活用したトレード手法

この場合、ブレイクした方向にエントリーするといわゆる 逆張りのトレード になるため、リスクも伴うので、値動きを注意深く見てエントリーの判断をする必要があります。

FXのウェッジ:まとめ

リアルタイム為替レート

リアルタイムチャート

2021.11.16 FX-Katsu(鈴木 克佳)
bears power(ベアパワー)とbulls power(…

2021.12.24 FX-Katsu(鈴木 克佳)
FXの三角持ち合いとは?パターン3種類とトレード手法2つ 上昇トレンド継続のパターン

<トレードスタイル別解説> 人気記事

2021/07/17 【FX初心者】FXの始め方がわかる!稼ぎ方からおすすめ口座まで完全ガイド|エフテン|FXにつよくなる FXとは5000円、1万円といった少ない資金から手軽に始めら
FX-Katsu(鈴木 克佳)

ダウ理論でトレンドを定義して「目線の切り替え」をする方法とは?

お札でできたトレンドのイラスト

FXの手法&テクニカル分析

この記事は約15分で読めます(11,048文字)

ダウ理論をつかって目線を定め、状況の変化に応じて目線を切り替えていくことは、テクニカル分析(チャート分析)の基礎となる重要なスキルです。

トレンドについての「明確な基準」をもつ必要がある

トレンドには上昇と下降の二種類がある

上昇トレンド(上目線)の図

下降トレンド(下目線)の図

「上昇?下降?それとも?」トレンド判断に迷うケース

トレンド判断に迷うケース1の図

トレンド判断に迷うケース2の図

トレンド判断の強い味方「ダウ理論」登場

ダウ理論の6つの法則

  1. 平均はすべての事象を織り込む。
  2. トレンドには3種類ある。
  3. 主要トレンドは3段階からなる。
  4. 平均は相互に確認されなければならない。
  5. トレンドは出来高でも確認されなければならない。
  6. トレンドは明確なシグナルが発生するまでは継続する。

ダウ理論1.「平均はすべての事象を織り込む」

これは、 「チャート上にあらわれるレート(価格)そのもの」 のことです。

そしてこのことを示しているのが、ダウ理論の 『平均(価格・値動き)はすべての事象を織り込む』 なのです。

つまりダウ理論は、「値動き・レートそのものが、相場参加者すべての人々の真実の姿をあらわしているんだよ。 だから、チャートがすべてだよ 」と教えてくれているのです。

ダウ理論2.「トレンドには3種類ある」

ダウ理論2の解説図

つまり、 各時間足ごとに個別のトレンドをもっている のであり、大きなトレンドの波の中に、中規模の波が、さらにその中に小規模の波が入っているのです。

ダウ理論3.「主要トレンドは3段階からなる」

ダウ理論法則3の図

ここでは、詳しく理解しようとするよりも、 「トレンドは、あやふやな時期から始まって、だれが見てもトレンドだと分かる時期を経て、最後にひと盛り上がりして、そして終わっていくんだな」 とイメージを持ってもらえれば十分です。

ダウ理論6.「トレンドは明確なシグナルが発生するまでは継続する」

さて、この6番目がダウ理論ではもっとも重要なもので、他は忘れたとしてもこれだけは忘れないで欲しい とても重要なポイント になります。

トレードをしていて悩ましいのは、 「今はトレンド状態なのか?」 を判断することです。

そして、トレンド中の場合は 「いつトレンドが終わったと判断すればいいのか?」 が問題になります。

その 「明確なシグナル」 を理解することで、現在トレンドがどういう状態なのかを判断できるようになります。

ダウ理論におけるトレンドの定義とは?

  1. 上昇トレンド=「高値が切り上がり、安値も切り上がっている状態」
  2. 下降トレンド=「安値が切り下がり、高値も切り下がっている状態」

トレンドの定義の図

このようにダウ理論では、 「高値と安値がどうなっているのか」 に注目して、トレンドの状態を判断していきます。

上昇トレンドの図下降トレンドの図

トレンドの「明確なシグナル」とはなにか?

ということは、この高値と安値を見ていけば 「トレンド状態」 なのか、それともトレンドの継続に黄信号がついて 「トレンドが一旦終わった状態」 なのか、さらには 「反対方向のトレンドが始まった状態」 なのかが判断できるわけです。

そこでまず注目してほしいのが、 「最高値のひとつ前の安値」と「最安値のひとつ前の高値」 です。

重要な高値安値の図

この安値を下抜けたり、高値を上抜けたりすることは、「高値と安値が切り上がっている状態」が崩れることになり、つまり トレンドの定義から外れる ことになります。

ですからそれは 「トレンド状態ではなくなった」 ことを示しているのです。

この重要ポイントにはちゃんと名前があり、それぞれ 「押し安値」と「戻り高値」 と呼びます。

この 「押し安値」と「戻り高値」 をレートが抜けると、トレンドの定義から外れるため、それまでのトレンドは終わったことになり、さらにはトレンド転換する可能性が生じます。

トレンド転換の図

まず上昇トレンドの場合、 押し安値を下抜けたら そこで上昇トレンドは終わりになり、これがダウ理論のいう、 トレンド終了を示す「明確なシグナル」です。

上昇トレンド継続の図

しかし、 この時点では(押し安値を下抜けて出来た)安値は下抜けておらず、まだ高値は明確には切り下げていませんので、 「新たに下降トレンドが始まった」とまでは判断できません。

ここまで分かれば、あなたにも目線が定められる

目線を定めるとは、どういうことか?

あなたがチャートを見て、 何らかの理由 で「買いが有利だ!」と判断したなら、その時あなたは「上目線に定めた」のです。

そして、その 何らかの理由 として有効なのが ダウ理論 です。

ダウ理論をつかって目線を定める方法

押し安値の下抜けで「下目線」にする理由

  1. 買いポジションをもっていた買い勢力は、「このまま下落するんじゃないか?」と心配しはじめ、決済の売り注文を出し始めます。
  2. 売り勢力は「これをチャンスに売っていこう!」と考えて、新規の売り注文を出し始めます。

このように、 売り買い両方の思惑が「売り」で一致しやすくなる場面 だと考えられますので、まだ下降トレンドにはなっていないものの、目線を下に定めてトレードの機会をうかがおう──ということなのです。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる