取引ツール

MACDの使い方

MACDの使い方
MACDとシグナルライン

MACDとは?特徴・使い方を基礎から応用まで徹底解説

【買いシグナル】 ・MACD線がシグナル線を下から上に突き抜けてするゴールデンクロスした時 ・MACD線とシグナル線がマイナス圏から0ラインをクロスした時 ・強気のダイバージェンス ・強気のリバーサル(上昇トレンド中の押し目狙いの買い) 【売りシグナル】 ・MACD線がシグナル線を上から下に突き抜けてするデッドクロスした時 ・MACD線とシグナル線がプラス圏から0ラインをクロスした時 ・弱気のダイバージェンス ・弱気のリバーサル(下降トレンド中の戻り目狙いの売り)

3.MACDはどのような状況で使うか

  • 短期:MACDの使い方 6、19、9
  • 中期:12、26、9
  • 長期:19、39、9

一般的に使われているのが中期の設定値で、多くのトレーダーはこの数値を使っています。多くの人が使っているテクニカル指標の売買シグナルを把握しておくという意味で、中期のパラメータがオススメです。

その代わりに売買シグナルの発生が増え、だましも増えてしまいます。自身の売買エントリーやエグジットの傾向を踏まえて、MACDの設定値の最適化を行ってみてください

4.MACDと相性のいいテクニカル手法について

MACDとRSIを組み合わせる

RSIは相対力指数といいます。RSIは相場の過熱感を0-100の数値で表し、一般的に30以下は売られすぎ、70以上は買われすぎとして判断され、逆張り系の売買シグナルとして利用されてます

  • ・RSIが天井圏で張り付くときは、上昇トレンド継続
  • ・RSIが底を這っているときは、下降トレンド継続

RSIが天井圏・底値圏で張り付いておらず、ワークしている時は、RSIをもとにレンジを判断していきます。RSIが天井や底に張り付いたらMACDを基準に売買をします。価格が調整し方向性の判断が分からなくなれば、再度RSIの方が機敏に反応するのでRSIの方向性を確認していきます。

①RSIのシグナルが点灯したところから見ます。
この時、RSIが張り付いてないかどうか確かめます。RSIでダイバージェンスが出る場合があります。この時も同様に優先的な売買シグナルとして考えます

MACDとボリンジャーバンドを組み合わせる

ボリンジャーバンドも、レンジ相場を把握するのに役に立ちます。利点は、バンドの幅がエクスパンションしたりスクイーズすることで値動きの強さ(トレンドの発生の有無)やトレンドの方向性を捉えやすいということです
参考記事:ボリンジャーバンドとは?活用法から注意点まで完全網羅

  • ・ボリンジャーバンドの中心線の傾きでトレンドを確認し、バンド幅でトレンドの強弱を把握
  • ・ボリンジャーバンドで確認したトレンドの方向性が、MACDの向きと同じ場合、売買シグナルが点灯すればエントリー
  • ・利益確定は、ボリンジャーバンドの±2σを目途。もしくはMACDで反対の売買シグナルやトレンド転換が見られた場合に決済。

5.まとめと注意点

  • ・MACDの値の上下限はない。数値は無限大でトレンドに勢いがあるほど、数値の絶対値が大きくなる
  • ・MACD線の計算にはEMAが使われる
  • ・移動平均線が交差するような狭いレンジ相場では、だましが多くなり使えない
  • ・価格の天底よりもMACDの天底の方が早く発生し、トレンド転換を示唆する

上達への道は、マイルールをつくってそれを守る事だとは筆者は考えています。MACDの特徴を理解してうまく活用することで、感覚的なトレードで損する取引を減らすことができるかもしれません。ぜひこの記事を読んで、MACDを活用する練習を始めてみてくださいね。

東京大学大学院卒、NTAA認定テクニカルアナリスト /株式・為替トレーダー歴7年。ファンダメンタルズとテクニカルを組み合わせた分析手法の解説が得意。ラジオ日経「THE スマートトレーダー+」の出演など

初心者におすすめFX会社特集

こだわり条件でFX会社を選ぶ

FX取引を始めるにはまずFX会社に口座が必要です。 FX会社によって取扱通貨ペアや取引コストにあたるスプレッドなど、サービスに違いがあります。 こだわりの条件でFX会社を選んでみましょう。

スプレッドの狭さ

スワップの高さ

スマホ取引比較

お役立ちコラム カテゴリが同じ記事一覧

口座を準備しよう!初心者におすすめのFX口座

初心者おすすめポイント みんかぶFXから申し込むと条件達成で4,000円キャッシュバック LINE問い合わせでオペレーターに気軽に質問できる 電話問い合わせも平日24時間対応 DMMFX を詳しくチェック

初心者おすすめポイント FX取引高世界第一位(ファイナンス・マグネイト社調べ2020年1月~2020年12月)の大手FX会社 預かり資産は3年連続で国内No,1 FXの他に株式やCFDも取り扱っている GMOクリック証券 を詳しくチェック

注目サービス

FX口座 スプレッドスワップランキング

MACDの使い方
ドル円0.0 銭(原則固定・例外あり)
ユーロ円 0.2 銭(原則固定・例外あり)
ポンド円 0.4 銭(原則固定・例外あり)

ドル円 0.2 銭(原則固定・例外あり)
ユーロ円 0.2 銭(原則固定・例外あり)
ポンド円 0.5 銭(原則固定・例外あり)

ドル円 0.1〜7.8 銭(原則固定・例外あり)
ユーロ円 0.28〜15.8 銭(原則固定・例外あり)
ポンド円 0.88 銭(原則固定・例外あり)
FX口座 MACDの使い方 スプレッド比較

ドル円 29 円
豪ドル円 4 円
トルコリラ円 23 円

ドル円 30 円
豪ドル円 4 円
トルコリラ円 23 円

MACDの使い方
ドル円 31 円
豪ドル円 4 円
トルコリラ円 22 円
FX口座 スワップ比較

カテゴリからFX会社を探す

関連サイト

米ドル円の取引情報

MACDの使い方 MACDの使い方 MACDの使い方 MACDの使い方 MACDの使い方
会社名 スプレッド 買スワップ 売スワップ取引単位

詳しく見る
0.0 銭 4 円 -161 円 100 通貨

詳しく見る
0.2 銭 35 円 -38 円 10,000 通貨

詳しく見る
0.2 銭 31 円 -34 円10,000 通貨

詳しく見る
0.2 銭 30 円 -50 円 1,000 通貨

詳しく見る
0.2 銭 29 円 -32 円 1,000 通貨

詳しく見る
0.2 銭 29 円 -32 円 1,000 通貨

詳しく見る
0.2 銭 22 円 -47 円 1,000 通貨

詳しく見る
0.2 銭 14 円 -47 円 1,000 通貨

詳しく見る
0.2 銭 3 円 -79 円 1,000 通貨

詳しく見る
0.2 銭 2 円 -78 円 1,000 通貨

詳しく見る
0.MACDの使い方 3 銭 30 円 -53 円 1,000 通貨

詳しく見る
0.3 銭 27 円 -42 円 1,000 通貨

詳しく見る
1.0 銭 14 円 -54 円 1,000 MACDの使い方 通貨

詳しく見る
0.1〜7.8 銭 31 円 -35 円 1 通貨

【ご注意】『みんかぶ』における「買い」「売り」の情報はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。 また、東京証券取引所、名古屋証券取引所、China Investment Information Services、NASDAQ OMX、CME Group Inc.、東京商品取引所、大阪堂島商品取引所、 S&P Global、S&P Dow Jones Indices、Hang MACDの使い方 Seng Indexes、bitFlyer 、NTTデータエービック、ICE Data Services等から情報の提供を受けています。 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 『みんなの株式』に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。 これらの情報には将来的な業績や出来事に関する予想が含まれていることがありますが、それらの記述はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。掲載しているFX会社の評価やランキングは、各FX会社の公式サイトの掲載情報や、実際の取引画面の調査、個人投資家へのアンケートに基づいています。ただし、必ずしもサービスの内容、正確性、信頼性等を保証するものではございません。また、ランキングの評価項目は各カテゴリの比較ページに掲載しています。 総合ランキングについてはスプレッド比較、スワップ比較、PCツール比較、スマホアプリ比較、取引ルール比較、ニュース・コラム比較の評価をもとにランキングを作成しています。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。 投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 個別の投稿が金融商品取引法等に違反しているとご判断される場合には「証券取引等監視委員会への情報提供」から、同委員会へ情報の提供を行ってください。 また、『みんなの株式』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。

掲載情報について 当サイトに掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。また、掲載されている評価やランキングは、各FX会社の公式サイトの掲載情報や、実際の取引画面の調査、個人投資家へのアンケートに基づいています。ただし、必ずしもサービスの内容、正確性、信頼性等を保証するものではございません。 口コミの内容はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。 これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 最新情報は各FX会社の公式サイトにてご確認ください。 『みんかぶ(FX/為替)』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。 MACDの使い方 キャンペーン・特典は各広告主において実施されるものであり、広告主による募集要綱等を十分にご確認ください。 ランキング根拠について 各ランキングページに評価項目を掲載しています。 総合ランキングについてはスプレッド比較、スワップ比較、PCツール比較、スマホアプリ比較、取引ルール比較、ニュース・コラム比較の評価をもとにランキングを作成しています。

MACDの見方と使い方は?FX億トレーダーが初心者向けに解説!

鈴木拓也

鈴木拓也

MACDの設定値

MACDの設定値ですが、 初心者の方におすすめの設定値 は以下の数値となります。

  • MACDライン:期間12と期間26
  • シグナル線:期間9

MACDの4つの使い方(手法)

MACDの主な売買シグナルには、以下の4つがあります。

  • MACDのゼロラインとのクロス(ゴールデンクロス・デッドクロス)
  • MACD自体の傾きの変化
  • MACDとシグナル線とのクロス
  • MACDの使い方 MACDの使い方
  • ダイバージェンス

手法①:MACDとゼロラインとのクロス

つまり、MACD=12EMA-26EMA=0になる時は、12EMAと26EMAが交差している時であり、それは移動平均線のトレード手法の一つである「 ゴールデンクロス・デッドクロス 」と同じシグナルであることを示しています。

下図のチャートのように、MACDが下から上へゼロラインと交差すれば、それはゴールデンクロスと同じであり、 買いシグナル となります。

一方、MACDが上から下へゼロラインと交差すれば、デッドクロスと同じであり、 売りのシグナル となるのです。

MACDとゼロラインとのクロス

  • MACDが下から上へゼロラインを上抜けすれば買いシグナル
  • MACDが上から下へゼロラインを下抜けすれば売りシグナル

鈴木拓也

鈴木拓也

手法②:MACD自体の傾きの変化

二つ目の使い方は、MACD自体の傾きの変化を見る事です。

下図のチャートのように、MACDがプラスの領域にあり、かつ右肩上がりに上昇している領域(赤塗)では、短期EMAが長期EMAからどんどん離れている状態であり、上昇トレンドの勢いが強いことを示します。

つまり、 押し目があれば、積極的に買いでエントリーしたい局面 です。

一方、青塗の領域では、MACDが右肩下がりとなり、これは短期EMAと長期EMAの幅がどんどん狭くなっている状態であり、上昇トレンドの勢いが落ちて、レンジ相場に入りつつあることを示しています。

なので、この時であれば、 トレンド転換のリスクを考える必要 があり、買いエントリーは慎重になった方がいいと言えます。

MACDの傾き変化

  • MACDが上向きならば、上昇トレンドの勢いが強く、買いエントリー検討
  • MACDが下向きならば、トレンド転換のリスクを警戒
  • MACDが下向きならば、下降トレンドの勢いが強く、売りエントリーを検討
  • MACDの使い方
  • MACDが上向きならば、トレンド転換のリスクを警戒

鈴木拓也

鈴木拓也

手法③:MACDとシグナル線のクロス

3つ目の使い方は、MACDとシグナル線のクロスです。

  • MACDがシグナル線を下から上へ抜ける時、買いシグナル
  • MACDがシグナル線を上から下へ抜ける時、売りシグナル

具体的には、下図チャートの場合、赤い印の箇所では、MACDがシグナル線を下から上へ抜けていますので、 買いシグナル の部分になります。

一方、青い印の箇所では、MACDがシグナル線を上から下へ抜けていますので MACDの使い方 売りシグナル の部分です。

シグナル線とMACDのクロスのシグナル

手法④:ダイバージェンス

4つ目の手法は、為替レートとMACDの逆行現象である「ダイバージェンス」と呼ばれる手法です。

下図のように、為替レートは上昇しているが、MACDが下落している時、上昇トレンドの勢いが弱まっていることを示しており、 下降トレンドへの転換シグナル となります。

MACDの見方・使い方 – 具体例からダイバージェンスまで解説!

MACDの見方・使い方

テクニカル指標・チャート分析

MACDとは?

このMACDはMoving Average Convergence / Divergence MACDの使い方 の略称となっており、「マックディー」と呼ばれています。

それぞれには、
Moving Average = 移動平均線
Convergence = 収束
Divergence MACDの使い方 = 発散
という意味があり、日本語では「移動平均収束発散法」と呼びます。

MACD表示例

参考チャート:みんなのFX

MACDはEMA(指数平滑移動平均線)がベースなので、 オシレーター系指標としては珍しく、逆張りだけではなく、トレンド系指標のように相場の方向性を判断する使い方が可能 です。

MACDの計算式

MACDとシグナルライン

MACDとシグナルライン

MACD = 短期線(12EMA) − 長期線(26EMA)

MACDヒストグラム = MACD − シグナル

MACDヒストグラムについて

MACDヒストグラム

MACDヒストグラム

MACDヒストグラムは、 MACD2、OSC(MACDオシレーター)、乖離 とも呼ばれています。

MACDの見方と使い方を知ろう!

12EMAと26EMAのクロスするタイミングでMACDは0ラインとなる

12EMAと26EMAのクロス=MACDの0ライン

MACDが0ラインを上抜いたら上昇トレンド、下抜いたら下降トレンド

0ラインからの推移でトレンド判断

MACDの売買サインはクロスの位置が要

MACDとシグナルのクロス

MACDとシグナルのクロス

  • 0ラインより下でMACDがシグナルを上抜いたら、買いサイン。(MACDとシグナルのゴールデンクロス)
  • 0より上でMACDがシグナルを下抜いたら、売りサイン。(MACDとシグナルのデッドクロス)

クロスの角度で信頼性を計る

MACDとシグナルはクロスの角度が深いほどトレンド転換を示す

クロスの角度に注目!

MACDの注意点は?

相場に動きがないときはMACDは横ばいで推移する

相場に動きがない場面

ダイバージェンス発生は天井・大底の目安に

MACD買いのダイバージェンス

MACD買いのダイバージェンス

MACD売りのダイバージェンス

MACD売りのダイバージェンス

ダイバージェンスは2つの山(谷)に注目!

MACDでのダイバージェンスは2つの山、2つの谷に注目!

MACDでのダイバージェンスは2つの山、2つの谷に注目!

MACDの使い方

ここまで移動平均線の使用方法を学んだので、次に最も使われているテクニカル指標の一つであるMACDについて勉強しましょう。MACDとは、移動平均収束発散法のことで英語のMACDMoving Average Convergence Divergenceの略語です。MACDのテクニカル分析指標は、移動平均の勢いや、トレンドの方向を識別するために使用されます。MACDは、2つの指数移動平均をモメンタムオシレーターに変換し、両方の長所を明白にします。その結果、MACDは両方の長所を提供することができます。

前のレッスンで説明された短期移動平均線のように、 MACD は赤色の シグナル線 と比べて市場の動きに速く反応します。MACDヒストグラムは、MACDとシグナル線間の差を表し、価格のモメンタムのレベルを表します。

MACDの買いサインと売りサイン

前のレッスンでは、長期移動平均線と短期移動平均線の交差から、売買サインを探すことを学びました。MACDでは、MACDとシグナル線の交差から買いサインと売りサイン(売買シグナル)を探します。売買シグナルとは、指標の変化による売買の転換点のことで、この転換点に達した時に知らせてくれる機能のことを言います。

買いサイン

MACDシグナル線 を下から上へ抜けたときが、買いサインです。

売りサイン

MACDシグナル線 を下から上へ抜けたときが、売りサインです。

MACDを使用したトレンド分析(トレンドフォロー)

上昇トレンドに入る可能性大

上昇トレンドに入る可能性は小

下降トレンドに入る可能性大

下降トレンドに入る可能性は小

トレンド転換のサイン、トレンドが終了のサイン

MACDを利用すると 、売買サインのみならず、トレンドの可能性が可視化されるだけでなく、トレンドの方向転換の可能性も確認できることです。例えば、MACDが0.00レベルを交差するとき、 MACD MACDの使い方 (12日指数移動平均) とシグナル線 (26日指数移動平均)が同じレベルであるため、トレンド方向が変わる可能性があります(トレンド転換のサイン)。以下でより詳しく見てみましょう。

以下の図表では、26日・12日指数移動平均が同じレベルにあり MACD0.00レベル と交わる点があります(黄色の線で表示)。この点は、トレンドが終了するか(トレンド終了のサイン)、または転換し新しい方向に移動する(トレンド転換のサイン)ことを示しています。

MACDを使用した売買シグナル

市場は急速に動くことがあるため適切な時期に売買の注文を行うことが難しい場合があります。MACDは、売買シグナルを示すので取引のタイミングを知る時に役立ちます。以前に述べたように、 MACDシグナル線 と交差するとき、通常は売買注文のタイミングです。以下のチャートを見ると、上昇トレンドや下降トレンド( 赤色緑色 の線で表示)が発生するところ、およびMACDがシグナル線と交わるところ( 黄色青色 の点で表示)が 買いサイン売りサイン を示していることが分かります。

MACDとは?

MACDとは?

当社でのお取引にあたっては、各商品毎に所定の手数料や諸経費等をご負担いただく場合があります。
金融商品のお取引においては、株価の変動、為替その他の指標の変動等により損失が生じるおそれがあります。
また、商品等の種類により、その損失の額が保証金等の額を上回るおそれがあります。
上記の手数料等およびリスク・ご注意事項についての詳細はこちらをよくお読みください。
お取引に際しては、契約締結前交付書面および目論見書等の内容をよくお読みください。 MACDの使い方
当社は日本国内にお住まいのお客様を対象にサービスを提供しています。

FX取引(店頭外国為替証拠金取引)は、一定の証拠金を当社に担保として差し入れ、外国通貨の売買を行う取引です。
多額の利益が得られることもある反面、多額の損失を被る危険を伴う取引です。預託した証拠金に比べて大きな金額の取引が可能なため、金利、通貨の価格、金融商品市場における相場その他の指標に係る変動を直接の原因として損失が生じ、その損失の額が預託した証拠金の額を上回るおそれがあります。
取引手数料は0円です。ただし、当社が提示する通貨の価格の売値と買値の間には差額(スプレッド)があります。
注文の際には、各通貨ペアとも取引金額に対して4%以上(レバレッジ25倍)の証拠金が必要になります。当社でお取引を行うに際しては、 「店頭外国為替証拠金取引の取引説明書」等をよくお読みいただき、取引内容や仕組み、リスク等を十分にご理解いただき、ご自身の判断にてお取引ください。

CFD取引は預託した証拠金に比べて大きな金額の取引が可能なため、原資産である株式・ETF・ETN・株価指数・その他の指数・商品現物・商品先物、為替、各国の情勢・金融政策、経済指標等の変動により、差し入れた証拠金以上の損失が生じるおそれがあります。
取引金額に対して、商品CFDは5%以上、指数CFDは10%以上、株式CFD・バラエティCFDは20%以上の証拠金が必要となります。
取引手数料は無料です。手数料以外に金利調整額・配当調整額・価格調整額が発生する場合があります。
当社が提示する価格の売値と買値の間には差額(スプレッド)があります。相場急変時等にスプレッドが拡大し、意図した取引ができない可能性があります。
原資産が先物のCFDには取引期限があります。その他の銘柄でも取引期限を設定する場合があります。
当社の企業情報は、当社HP及び日本商品先物取引協会のHPで開示されています。

LINE証券株式会社/金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第3144号、商品先物取引業者
加入協会/日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、日本商品先物取引協会

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる