バイナリーオプション取引

本質的価値の定義

本質的価値の定義

長期的価値の重視を可能にする価値評価の変革

A member of EY UK LLP Board. FTSE 100 audit partner. Father of three and Welsh rugby fan.

関連資料を表示

長期的価値(LTV)に対する取り組みを効果的に定着させている企業が、自らが創出する価値による利益を最も効果的に享受することができる。

  1. ビジネスを取り巻く状況を把握する
  2. ステークホルダーを特定し、それぞれが何に価値を置いているか把握する
  3. 組織の戦略実行ケイパビリティを明確に理解する
  4. 長期的価値の創造を評価するための指標を策定する

企業目的の価値を把握する

目的志向の戦略を評価する

1. ビジネスを取り巻く状況を明確にする

経営幹部は、企業がステークホルダーに向けた価値創造のドライバーとなる企業目的と、ビジネスモデルに影響を及ぼす、次のような社会の動きを検証する必要があります。自社が属している業界は、新たなテクノロジーによるディスラプションの影響を受けているか? 自社の顧客において、社会への積極的な貢献を求めるミレニアル世代の影響は増加しているのか? このように社会全体の動向をつかむことが、効果的な戦略の策定に必要不可欠です。

2. ステークホルダーにとっての成果を評価する

3. 戦略実行ケイパビリティを特定する

4. 長期的価値の創出を評価するための指標を策定する

利益の先にある企業目的

参考記事を表示する#参考記事を非表示にする


Embankment Project for Inclusive Capitalism(EPIC)

この記事について

EY UK&I Assurance Managing Partner and UK Audit Head, EY UK&I Regional Managing Partner and UK Chair-elect

A member of EY UK LLP Board. FTSE 100 audit partner. Father of three and Welsh rugby fan.

EY | Assurance | Consulting | Strategy and Transactions | Tax

About EY

EY is a global leader in assurance, consulting, strategy and transactions, and tax services. The insights and quality services we deliver help build trust and confidence in the capital markets and in economies the world over. We develop outstanding leaders who team to deliver on our promises to all of our stakeholders. In so doing, we play a critical role in building a better working world for our people, for 本質的価値の定義 our clients and for our communities.

EY refers to the global organization, and may refer to one or more, of the member firms of Ernst & Young 本質的価値の定義 Global Limited, each of which is a 本質的価値の定義 本質的価値の定義 separate legal entity. Ernst & Young Global 本質的価値の定義 Limited, a UK company limited by guarantee, does not provide services to clients. For more information about our organization, please visit ey.com.

© 2020 EYGM Limited. All 本質的価値の定義 Rights Reserved.

This material has been prepared for general informational purposes only and is not intended to be relied upon as accounting, tax, or other professional advice. Please refer to your advisors for specific advice.本質的価値の定義

EY.comへようこそ

本ウェブサイトを運用する上で不可欠なクッキーに加え、利用者の利便性とEYのサービス向上のために、次の種類のクッキーを使用しています。機能性クッキー:利用者の操作性を向上させるために使用します(例:選択した設定の記憶)。パフォーマンスクッキー:ウェブサイトのパフォーマンスを測定し、利用者のサイト上での利便性を向上させるために使用します。広告/ターゲティングクッキー:広告キャンペーンを行う第三者の広告サービス提供者により設定されるもので、利用者に関連性の高いコンテンツを提供することができます。

「本質的価値」を英語に翻訳する

Rotork aims to be a 'great place to work', with strong core values in all of our business units and clear adherence to our published group ethics policies.

The symposium was held on the theme of "Education, Research and Innovation - The Universities' Mission 本質的価値の定義 本質的価値の定義 between Academic Core Values and Societal Expectations", with approximately 150 attendees from Japan and Germany.

It underlines the credibility of MIDO in the world of architecture and reasserts the essential values which have established the brand's reputation: timeless design beyond fashion and passing trends, based on quality and technical innovation.

Middle-sized・・・neither very large nor very small(LONGMAN現代英英辞典より)(超大規模、もしくは超小規模を除く(本資産運用会社訳)) ミドルサイズのオフィスビルへの重点投資 2不動産の本質的価値-立地とビルスペック-の追求 本投資法人は不動産の本質的な価値の多くは立地とビルスペック(機能性・デザイン性等)に依拠するものと考えており、投資に当たってはテナントニーズの高い立地に所在するビルスペックの高い物件に厳選して投資します。

Middle-sized: neither very large nor very small(from LONGMAN dictionary of contemporary English) Investment Focusing on Middle-sized Office Buildings 2Pursuing essential values ("Location" and "Building Specification") of real estate One REIT believes that most of the essential values of real estate are dependent on "location" and "building specification (functionality, design, etc.)" and 本質的価値の定義 will invest in carefully selected properties with high building specification situated at locations with high tenant needs.

Extrinsic value is 本質的価値の定義 calculated as the difference between an option'本質的価値の定義 s market price and its intrinsic value.

ブランドの本質的価値を捉え直し、体質から改善するコミュニケーションで時代を超えて愛されるブランドへ。 | 株式会社 YRK and

PLAYER TALK

ブランドの本質的価値を捉え直し、
体質から改善するコミュニケーションで
時代を超えて愛されるブランドへ。

Re/BRAND CONSULTING :リブランドコンサルティングは、時代の変化や競合ブランドの氾濫などにより劣化したブランドを再生させる事業として2017年に構想がスタート。ワークショップやストラテジック・プランニング、クリエイティブなどの力を融合し、近視眼的なプロモーションや溢れかえるデジタルアプローチに翻弄されない本質的に強いブランドへと成長させていく。2018年より本格始動。

なぜ、リブランドコンサルティングを立ち上げたのか

120年以上の歴史があるYRK&にしか
できないブランディングがあるのではないか。

リブランドを語る戸田

メイド・イン・ジャパンの信頼が揺らぐ今、
もう一度、日本の企業やブランドを元気にしたい。

プランニング職に携わるキッカケを語る上野

リ・ブランディングにとって重要なことは何か

社員の意識がバラバラではうまくいかない。
全員一丸となって変わっていこうと思えること。

インナー施策の大切さを語る上野

外側ではなく、内側へ向かうクリエイティブ。
いちばん中心にある本質をつかんで解き放つ。

リブランディングの難しさを語る戸田

上野:「What to SAY(どう言うか)」だけでなく「What to ACT(どう動くか)」が伴わないとコミュニケーションは機能しないし、企業全体としてもよくなっていかない。エンドユーザーとの関係性も、一方的にではなく、企業の活動に賛同してもらうことでキャッチボールが始まる。ブランドの本質は何か、まずコアを決め、その上で全体を包括的に考えていく。リ・ブランディングをうまく進めていくためには、企業全体の活動をつなげ、動かしていく必要があります。

企業が自ら動くことが大切であるリブランディング

リ・ブランディングはどう続いていくのか

ごまかしのきかない効果測定

この国にはすばらしいブランドや商品がある。
自社のブランドにもっと誇りを持つことが大切。

インナーとアウターの施策の両立が大切

めざしたいのは、クライアントが自らアクセルを踏み、
自らビジネスを加速していけること。

CDUの打ち合わせ風景
CDUフロア
CDU入口付近のネオンサイン

戸田 成人

戸田 成人

広告会社にてデザイナー、アートディレクターとして活動し、主に大手飲料・食品メーカー、通信会社、アパレルメーカーなどを担当。2009年、株式会社 YRK and入社。コミュニケーションデザインユニット(CDU)の統括クリエイティブディレクター・コミュニケーションデザイナーとして活動。メーカーのブランドデザインを得意とし、広告領域だけではなく、プロダクトデザイン、ストアデザインも含めたトータル的なコミュニケーション構築を行う。2017年からは、経年劣化してしまったブランド力の再生を専門的に担うリブランド・コンサルティング(RBC)事業や、メディアニュートラルを前提とした従来の広告計画に縛られないコンパクトコミュニケーション®デザイン(CCD)メソッドを推進。YRK&のストラテジック、クリエイティブ、インタラクティブ、メディアデザイン、プロデュース、BPOの6つの部門を統合することであらゆる業態のビジネスそのものを、コミュニケーション領域からサポート。内的な体質改善から外的要因を体系的且つ継続的にコントロールすることで、愛されるブランドへ導くコミュニケーション活動を行う。

上野 大輔

上野 大輔

クリエイティブコンサルティング事業部(CRC)
シニアマネージャー
コンサルタント 兼ストラテジックプランナー

株式会社 YRK andクリエイティブコンサルティング事業部(CRC)のコンサルタント兼、ストラテジックプランナーとして活動。TMOTプラットフォームカンパニーという愛用者に着目した独自のマーケティングメソッドを軸とした社内ベンチャー・独自サービスの立ち上げを牽引。現在はリブランドコンサルティング(RBC)事業を推進し、クライアントのコミュニケーションコンサルティングを担い、あらゆる症状や機能低下を発見することで新たな戦略策定を行い、特別なノウハウによるワークショップやブレインキャンプなどの共生型ワークスキームを活かしたインターナルブランディングを得意とする。またクリエイティブチームとの連携によるエクスターナルブランディングをバランスよく稼働させ、本質的な課題解決をアウトプットまで一貫して行う事ができる。効果測定が重視される中、データドリブンマーケティングも同時推進することで、短期的なコンサルティングだけではなく、長期的な取り組みの中で現在多くのクライアントのコンサルティング担当。

「本質的価値」を英語に翻訳する

Rotork aims to be a 'great place to work', with strong core values in 本質的価値の定義 all of our business units and clear 本質的価値の定義 adherence to our published group ethics policies.本質的価値の定義

The symposium was held on the theme of "Education, Research and Innovation - The 本質的価値の定義 Universities' Mission between Academic Core Values and Societal Expectations", with approximately 150 attendees 本質的価値の定義 from Japan and Germany.

It underlines the credibility of MIDO in the world of architecture and reasserts the essential values which have established the brand's reputation: timeless design beyond fashion and passing trends, based on quality and technical innovation.

Middle-sized・・・neither very large nor very small(LONGMAN現代英英辞典より)(超大規模、もしくは超小規模を除く(本資産運用会社訳)) ミドルサイズのオフィスビルへの重点投資 2不動産の本質的価値-立地とビルスペック-の追求 本投資法人は不動産の本質的な価値の多くは立地とビルスペック(機能性・デザイン性等)に依拠するものと考えており、投資に当たってはテナントニーズの高い立地に所在するビルスペックの高い物件に厳選して投資します。

Middle-sized: neither very large nor very small(from 本質的価値の定義 LONGMAN dictionary of contemporary English) Investment Focusing on Middle-sized Office Buildings 2Pursuing essential values ("Location" and "Building Specification") of real estate One REIT believes that most of 本質的価値の定義 the essential values of real estate are dependent on "location" and "building specification (functionality, design, etc.)" and will invest in carefully selected properties with high building specification situated 本質的価値の定義 at locations with high tenant needs.

Extrinsic value is calculated as the difference between an option's market price and its intrinsic value.

企業価値評価の基礎知識(2)
DCF法とマルチプル法

第4回は、まずディスカウントキャッシュフロー(DCF)法による企業価値評価の基本を押さえたうえで、理論株価の算出や、企業価値評価に「正解がある」と考えてしまう誤解などについて解説する。次に、DCF法によって算出した企業価値の水準をチェックする際によく用いられるマルチプル法の基本に触れ、日本企業の公表数値を用いたケーススタディをもとに、DCF法とマルチプル法を実際にどのように活用していけばよいのかについて解説する。

企業価値の算出

企業価値とは、企業が生み出すフリーキャッシュフローの現時点での価値(現在価値と呼ばれる)の総和である。企業価値を具体的に算出する際は、(1)将来のフリーキャッシュフローの予測、(2)継続価値(CV: Continuing Value)の算出、(3)加重平均資本コスト(WACC)の算出、(4)企業価値の算出の順に行う(図表4-1「企業価値のディスカウントキャッシュフロー(DCF)法による算出」を参照)。

図表4-1 企業価値のディスカウントキャッシュフロー(DCF)法による算出

そして、11年目以降のフリーキャッシュフローは、フリーキャッシュフロー自体を予測するのではなく、企業の継続価値として、11年目のフリーキャッシュフローの予測値とフリーキャッシュフローのその後の一定の成長率を仮定して、永久還元法によって求める(図表4-2「継続価値の算出」、図表4-3「永久還元法の公式」を参照)。

図表4-2 継続価値の算出


図表4-3 永久還元法の公式

これらの予想フリーキャッシュフローおよび継続価値をWACCによって現時点の価値に割り引くことによって、企業価値(EV: Enterprise Value)を算出する(図表4-4「企業価値の算出」を参照)。

図表4-4 企業価値の算出

株主価値および理論株価の算出

こうして算出される企業価値から、負債の提供者の取り分である純有利子負債の価値(有利子負債の簿価-現金・現金同等物の金額)を控除し、株主のうち少数株主持ち分(非支配株主持ち分)を控除したものが、株主価値(EQV: Equity Value)となる。そして、この株主価値を発行済株式総数で除することによって、理論株価が算出される(図表4-5「株主価値および理論株価の算出」を参照)。

図表4-5 株主価値および理論株価の算出

企業価値評価に「正解」があるという誤解

1. 将来のフリーキャッシュフローの予測
2. 継続価値の算出
3. 負債コストや株主資本コストの算出、そしてWACCの算出
4. フリーキャッシュフローと継続価値のWACCによる現在価値への割引

マルチプル法の考え方

マルチプル法における指標としては、売上高、営業利益、利払前税引前償却前利益(EBITDA)などが用いられる(図表4-6「マルチプル法における指標の種類」を参照)。このうち、キャッシュフローの近似値とされるEBITDAが、マルチプル法における指標として用いられることが多い。

図表4-6 マルチプル法における指標の種類

マルチプル倍数の算出

企業は、そもそも株主資本や負債として資金調達を行い、その資金を資本として投下することによって資産を構築し、それらの資産によって構成される事業を運営しているのであった。そのため、健全な事業に資本を投下している限り、それらの資産が生み出すキャッシュフローの現在価値の合計、つまりそれらの資産の本質的な価値である公正価値(「フェアバリュー」とも呼ばれる)は、投下資本の元手である資金調達の金額の現在価値と同等かそれ以上になると考えられる(図表4-7「マルチプル法における企業価値の考え方」を参照)。これは、事業への投資について、正味現在価値NPV(Net Present Value)が正であるはずということである。

図表4-7 マルチプル法における企業価値の考え方

つまり、企業価値は、少なくとも、株式時価総額と純有利子負債金額の合計となる(図表4-8「企業価値の構成」を参照)。

図表4-8 企業価値の構成

こうして、マルチプル法における一定の指標を定め、企業価値を純有利子負債と株式時価総額の合計として算出すれば、マルチプル倍数を算出することができる(図表4-9「マルチプル倍数の算出(EBITDAマルチプル倍数の例)」を参照)。

図表4-9 マルチプル倍数の算出(EBITDAマルチプル倍数の例)

マルチプル法による企業価値評価

こうして算出されるマルチプル倍数によって、企業価値を評価できる。すなわち、企業価値を評価したい対象企業について、その業容等が似ている複数の類似比較企業のマルチプル倍数を算出して、それらの平均値あるいは中央値を得たうえで、それを対象企業の指標の値に乗じることによって、対象企業の企業価値を算出する(図表4-10「マルチプル法による企業価値の算出」を参照)。その際、過去ではなく将来を評価するという意味で、マルチプル法のためのEBITDAなどの指標の値は、対象企業の過去の実績値ではなく、来期などの将来の予想値を用いることが必要である。

図表4-10 マルチプル法による企業価値の算出

マルチプル法では、企業価値を株式時価総額によって算出しているため、株主価値が株式市場における1株の価値の単純な倍数として評価されてしまっており、これらのコントロールプレミアムを加味したものにはなっていない(図表4-11「株式のコントロールプレミアム」を参照)。

図表4-11 株式のコントロールプレミアム

DCF法で算出された企業価値のチェック

ディスカウントキャッシュフロー法による企業価値からのマルチプル倍数をこれらのマルチプル倍数と比較することによって、その水準があまりに高すぎないか、あるいは低すぎないかをチェックして、その水準の妥当性を議論していくことができるのである(図表4-12「ディスカウントキャッシュフロー法による企業価値の水準のチェック」を参照)。

図表4-12 ディスカウントキャッシュフロー法による企業価値の水準のチェック

なお、2019年3月末日時点での東京証券取引所第一部への上場企業のEBITDAマルチプル倍数の東証33業種分類別(ただし、金融関連の4業種と不動産業種を除く1,969社)での平均値は図表4-13「業種別のEBITDAマルチプル倍数(2019年度)」のようになっている。

図表4-13 業種別のEBITDAマルチプル倍数(2019年度)

なお、こうして得られるマルチプル倍数は、永久還元法の公式において、分母であるr-gが何%であるかということと同義である(図表4-14「マルチプル倍数の解釈」を参照)。ここで、永久還元法の公式におけるrは割引率、gは一定の成長率であった。

図表4-14 マルチプル倍数の解釈

Case Study
アサヒグループホールディングス

簡易的な企業価値評価を、2019年12月期の終了直後の時点を想定して、ディスカウントキャッシュフロー法によって行ってみると、図表4-15「アサヒグループホールディングスの簡易的な企業価値評価【例示】」の通りとなる。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる