取引ガイド

ショートポジション取引戦略

ショートポジション取引戦略

紺=期近プット平均IV 橙=期先プット平均IV(値はPrize算出)

日経225オプション投資戦略

2008年4月11日(SQ日)に日経平均株価指数を12,000円で買う権利の売買です。
仮に、その権利の価格が500円で売買が成立したと仮定すると、買い手は、500円×1,000倍の500,000円を売り手に支払います。
反対に売り手は、500円×1,000倍の500,000円を買い手から受取ります。
その後、SQ日までお互いに途中で反対売買せずに、SQ値が仮に13,000円となった場合は買い手は、12,000円で買う権利を行使することができるので、差額の(13,000円-12,000円)×1,000倍=1,000,000円を売り手から受取ることができます。
反対に売り手は、買い手の権利行使に応じなければならないので、(13,000円-12,000円)×1,000倍=1,000,000円を買い手に支払うことになります。
最終的に、買い手は最初に支払った50万円との差し引きで+50万円の利益。
売り手は最初に50万円受取っているので、差し引き-50万円の損失になります。

1.コール(買う権利)の買い

POINT

  • 日経平均株価指数が先行き上昇する可能性が高いと思われるとき。
  • 日経平均株価指数が上昇すれば上昇するほど、利益は増大します。
  • 日経平均株価指数が下落した場合の損失は「当初支払ったオプション代金」に限定されます。

2.コール(買う権利)の売り

POINT

  • 日経平均株価指数が先行き上昇する可能性が低いと思われるときの戦略。
  • 日経平均株価指数が下落した場合の利益は「当初受取ったオプション代金」に限定される。
  • 日経平均株価指数が上昇すれば上昇するほど、損失は増大する。
  • ※ 手数料および手数料にかかる消費税は加味しておりません。

具体例:プット(売る権利)

プット 2008年4月限 権利行使価格 12,000円

買い手と売り手の関係は・・・?

2008年4月11日(SQ日)に日経平均株価指数を12,000円で売る権利の売買です。
仮に、その権利の価格が500円で売買が成立したと仮定すると、買い手は、500円×1,000倍の500,000円を売り手に支払います。
反対に売り手は、500円×1,000倍の500,000円を買い手から受取ります。
その後、SQ日までお互いに途中で反対売買せずに、SQ値が仮に11,000円となった場合は買い手は、12,000円で売る権利を行使することができるので、差額の(12,000円-11,000円)×1,000倍=1,000,000円を売り手から受取ることができます。 ショートポジション取引戦略
反対に売り手は、買い手の権利行使に応じなければならないので、(12,000円-11,000円)×1,000倍=1,000,000円を買い手に支払うことになります。最終的に、買い手は最初に支払った50万円との差し引きで+50万円の利益。売り手は最初に50万円受取っているので、差し引き-50 万円の損失になります。

低リスク米国株式
ロング・ショート戦略

期間:1986年1月~2021年3月末
※Russell 1000の銘柄を対象
※銘柄毎にトータルリスクを算出し、分位分析(各分位ポートフォリオは均等加重)しております。
1Q(第1分位)=低リスク 5Q(第5分位)=高リスク
(出所)ラッセル・インベストメント、マーチンゲール・アセット・マネジメントより当社作成

「ファンダメンタル」によるアルファ

ロング・ショートポートフォリオ

目標リターン 米ドル3ヵ月金利(=SOFR3ヵ月物タームレート+24.65bps)+ 4% 目標リスク 年率換算後5~10% ベータ目標 0~0.3 エクスポージャー(中心値) ロング120%、ショート60%、ネット60% 保有銘柄数 ロング・ショート合わせて300銘柄以上

行動ファイナンスの先駆者として株式プロダクトに特化したクオンツ運用会社であるマーチンゲール・アセット・マネジメント社が運用します。

マーチンゲール・アセット・マネジメントについて

・1987年設立、著名な大学の多いボストンを拠点としています。
・行動ファイナンスの先駆者として株式プロダクトに特化したクオンツ運用会社です。
・調査・研究を非常に重視し、その更なる強化の為に、2010年5月にアカデミック・アドバイザリー・ボードを設置しました。リスクアノマリーを提唱する3名の学者(ハーバードビジネススクール教授、コロンビア大学ビジネススクール教授、マサチューセッツ工科大学ビジネススクール教授)によりボードは構成されています。(2021年3月末現在)

FXの両建てとは?具体的な使い方と取引に推奨されていない理由

「みんなのFX」では、発注画面にある注文設定で「両建」を設定することができます。この設定をOFFにすると同一通貨ペアの売り・買いポジションを同時に保有することはできません。つまり、OFFの状態で保有しているポジションの反対売買をすると、約定日時の古い建玉から順番に決済注文として注文が執行されます。たとえば、米ドル/円の買いポジションを10Lot保有している状態で、新規注文画面から米ドル/円を5Lot売った場合、自動的に買いポジション10Lotのうち5Lotが売り決済となります。この注文方式はFIFO注文(First in First out、先入れ先出し注文)とも呼ばれています。

両建ては知識として覚えておこう

タイプ別FX運用スタイル徹底比較

  • 【初心者】王道の通貨ペアでFXデビュー
  • 【初心者】スマホ1台!人気通貨で中長期投資
  • 【中級者】シストレも取り入れ高金利通貨を安定運用
  • 【中級者】貯金代わりに レバレッジを抑えて高金利通貨のスワップで資産形成
  • 【上級者】積極的な資金運用で中長期取引
  • 【上級者】ドル/円と高金利通貨を短中期で運用

FXがはじめての方

FXをもっと知る

約5分で申込完了!最短当日取引可能

今なら新規口座開設で
最大 50,000 円キャッシュバック

App Store アイコン Google Play アイコン

【取引に関する注意事項】
■店頭外国為替証拠金取引「みんなのFX」「みんなのシストレ」、店頭外国為替オプション取引「みんなのオプション」及び店頭暗号資産証拠金取引「みんなのコイン」は元本や利益を保証するものではなく、相場の変動等により損失が生ずる場合がございます。お取引にあたっては契約締結前交付書面及び約款を十分にご理解頂き、ご自身の責任と判断にてお願いいたします。
■みんなのFX、みんなのシストレにおける個人のお客様の証拠金必要額は、各通貨のレートを基に、お取引額の4%(レバレッジ25倍)となります。ただし、トルコリラ/円及び ロシアルーブル/円においてはお取引額の10%(レバレッジ10倍)となります(トルコリラ/円はみんなのFXのみ)。法人のお客様の証拠金必要額は、金融先物取引業協会が算出した通貨ペアごとの為替リスク想定比率を取引の額に乗じて得た額又は当該為替リスク想定比率以上で当社が別途定める為替リスク想定比率を乗じて得た額となります。為替リスク想定比率とは、金融商品取引業等に関する内閣府令第 117 条第 27 項第 1 号に規定される定量的計算モデルを用い算出されるものです。
■みんなのコインにおける証拠金必要額は、各暗号資産の価格を基に、個人のお客様、法人のお客様ともにお取引額の50%(レバレッジ2倍)となります。 ショートポジション取引戦略
■みんなのFX、みんなのシストレ、みんなのコインはレバレッジの効果により預託する証拠金の額以上の取引が可能となりますが、預託した証拠金の額を上回る損失が発生するおそれがございます。
■みんなのFX、みんなのシストレ、みんなのオプション、みんなのコインの取引手数料及び口座管理費は無料です。ただし、みんなのコインにおいて建玉を翌日まで持ち越した場合、別途建玉管理料が発生します。
■みんなのシストレの投資助言報酬は片道0.2Pips(税込)でありスプレッドに含まれております。
■みんなのFX、みんなのシストレにおけるスワップポイントは金利情勢等に応じて日々変化するため、受取又は支払の金額が変動したり、受け払いの方向が逆転する可能性がございます。 ショートポジション取引戦略
■みんなのFX、みんなのシストレ、みんなのコインにおいて当社が提示する売付価格と買付価格には価格差(スプレッド)がございます。お客様の約定結果による実質的なスプレッドは当社が広告で表示しているスプレッドと必ずしも合致しない場合もございます。お取引に際して、当社が広告で表示しているスプレッドを保証するものではありません。
■みんなのFX、みんなのシストレ、みんなのコインにおけるロスカットルールは、必ずしもお客様の損失を限定するものではなく、相場変動等により、預託した証拠金以上の損失が発生するおそれがございます。
■みんなのオプションは満期時刻が到来すると自動行使されるヨーロピアンタイプのバイナリーオプション取引です。オプション料を支払うことで将来の一定の権利を購入する取引であることから、その権利が消滅した場合、支払ったオプション料の全額を失うこととなります。購入価格と売却価格は変動します。1Lotあたりの最大価格は、購入の場合990円、売却の場合1,ショートポジション取引戦略 000円です。オプション購入後の注文取消は行う事ができませんが、取引可能期間であれば売却は可能です。ただし、売却価格と購入価格には価格差(スプレッド)があり、売却時に損失を被る可能性があります。相場の変動により当社が提示する購入価格よりもお客様に不利な価格で購入が成立する場合があります。また当社の負うリスクの度合いによっては注文の一部もしくは全部を受け付けられない場合がございます。
■暗号資産は本邦通貨または外国通貨ではありません。法定通貨とは異なり、特定の国等によりその価値が保証されているものではなく、代価の弁済を受ける者の同意がある場合に限り代価の弁済に使用することができます。

日本証券業協会

金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第123号 加入協会:日本証券業協会 一般社団法人 金融先物取引業協会 一般社団法人 第二種金融商品取引業協会 一般社団法人 日本投資顧問業協会 一般社団法人 日本暗号資産取引業協会 日本投資者保護基金
FX・バイナリーオプション・システムトレードなら、「みんエフ」でお馴染みのみんなのFX!みんなのFXは、トレイダーズホールディングス株式会社(スタンダード市場上場8704)の100%子会社であるトレイダーズ証券株式会社が運営しています。

金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第123号 加入協会 日本証券業協会 金融先物取引業協会 第二種金融商品取引業協会 日本投資顧問業協会 トレイダーズ証券は、上場企業トレイダーズホールディングス(スタンダード市場上場8704)の100%子会社です。

エマージング・マーケット・コア・エクイティ戦略 エマージング・マーケット・コア・エクイティ戦略

費用について:投資顧問業務の対価として、投資顧問報酬(資産残高に対し最大1.10%(税抜1.00%)※の逓減料率)が費用として発生します。また、一部の戦略では、前記の基本料率に加え成功報酬をいただく場合があります。成功報酬につきましては、あらかじめ定めた基準等に基づき実際の運用実績等に応じて投資顧問報酬が変動するほか、お客様と別途協議により取り決めさせていただくことから、事前に計算方法、上限等を示すことができません。当ホームページでご紹介している一部の戦略の運用にあたり、当社と投資一任契約を締結頂いた上で、当社またはグループ会社が運用を行う投資信託を組み入れる場合、別途投資顧問報酬最大0.0550%(税抜き0.050%)が発生します。投資顧問料率および最低受託金額については、契約資産の性質、運用方法、対象等に応じて、別途協議のうえ取り決めることがあります。投資顧問報酬とは別に有価証券売買委託手数料や、有価証券の保管等に係る諸費用が費用として発生し、受託資産から控除されることがあります。また、これらの費用は運用状況により変動するため事前に具体的な料率・上限額を表示することができません。前述のとおり、金額及びその上限額を記載することが出来ない費用があることから、お客様が支払うべき手数料の金額の合計もしくはその上限を記載することはできません。※当社が現在、投資顧問業務で提供している運用戦略にかかる投資顧問報酬で最も高いものを記載しております。実際の投資顧問報酬は、個別の契約内容、受託資産残高等によって異なります。

リスクについて:投資一任契約に基づき当社が投資を行う金融商品(市場デリバティブ取引及び店頭デリバティブ取引を含む)には、次のようなリスクが含まれている場合があります。これらのリスクにより元本欠損が生じる可能性または当初元本を上回る損失が生じる可能性があります。次のリスクは、主なリスクであり、これらに限定されるものではありません。【株価変動リスク】株式等の価格動向は、国内外の政治・経済情勢の影響を受けます。このため当戦略で実質的に組入れている株式の下落により、投資元本を割り込むことがあります。 また、当戦略で実質的に組入れている株式を発行する企業が倒産や業績悪化に陥った場合、当該企業の株式の価値が大きく下落した場合、投資元本を割り込むことがあります。【為替変動リスク】外貨建の有価証券については、為替相場の変動等により、受取り円貨額が当初円貨での支払いから変動する可能性があります。これにより投資元本を割り込むことがあります。【カントリーリスク】外貨建の有価証券については、通貨不安による大幅な為替変動や円あるいは他通貨への交換制限が起こる場合があります。また、外国の政治経済あるいは社会情勢等により、売買の制限、売買あるいは受け渡し等不能といった事態が生じる場合があります。【流動性リスク】流通性や市場性が乏しいことにより、有価証券または組入れ資産の売却換金が容易にできない場合があり、このことが売却期間や売却価格に悪影響を及ぼすことがあります。【権利行使期間の制限】オプション・新株予約権の行使を請求できる期間には制限があります。【ヘッジのリスク】ポートフォリオに関連する証券またはデリバティブ取引のロングポジションまたはショートポジションを取ることでポートフォリオの一部またはすべてをヘッジすることがあります。ポートフォリオのポジションの価値下落をヘッジすることは必ずしもポートフォリオのポジションの価値変動を排除するとは限りません。またポジションの価値が下落した場合、損失を防ぐとは限りません。またヘッジ取引はポートフォリオのポジションの価値が高まる際には、その利得機会を制限することになります。ヘッジポジションとヘッジによりプロテクトしようとするポートフォリオのポジション間で不完全相関が発生した場合、ヘッジによるプロテクションは得られず、その結果損失を被るリスクに晒される可能性があります。

ベンチマークに関する注記:MSCI エマージング・マーケット・インデックス は21カ国のエマージング諸国における大型株と中型株の代表的な銘柄から構成されています。同インデックスは822の銘柄によって構成されており、各国における浮動株調整後の時価総額の約85%をカバーしています。ベンチマークのネットのリターンは返還請求が可能あるいは不可能な源泉税を差し引いたものです。当ベンチマークに用いられている源泉税率はコンポジット・リターンの計算に用いられている源泉税率と異なり、コンポジットの税率よりも高い場合があります。当サイトに記載しているベンチマークは、情報提供のみを目的としています。マネジャーのパフォーマンスをベンチマークと比較する場合、マネジャーが保有する銘柄やポートフォリオの特性がベンチマークと異なる可能性があることに留意してください。指数は配当が再投資されるものとして算出していますが、手数料、税、取引コストは考慮しておらず、それらが実際のリターンを押し下げる可能性があります。当サイトに記載しているすべての指数は、サードパーティーの登録商標あるいは商品名/サービスマークです。それらの商標、商品名/サービスマークに関する情報やデータには所有権や守秘義務があるため、当社による事前承諾なしに複製することは堅くお断り致します。投資家は指数に直接投資することはできません。

MSCIに関する情報は、いかなる種類のものであれ複製もしくは再配布することは禁じられております。また、金融商品、インデックスの基礎もしくは一部として用いられることも禁じられております。MSCIに関する情報は投資助言、或いは投資判断を行う(もしくは判断を控える)よう推奨をするものではなく、また、そのような観点から信頼されるものでもありません。過去のデータおよび分析は将来のパフォーマンス分析、予測、見通しを示唆するもの或いは保証するものとして用いられるべきではありません。MSCIに関する情報は現時点のものであり、本情報の使用者は当情報の資料の使用に際する全体のリスクを負います。 MSCI或いはインデックス・データの算出や収集に携わった第三者は、いかなる保証(独自性、正確性、完全性、適時性、商品性、特定目的との適合性、権利侵害の不存在に関する一切の保証を含みますがこれに限定されません)も行いません。上記を制限することなく、MSCIおよび第三者は、直接的、間接的、特別、懲罰的、付随的またはその他により生じた損害(利益の逸失を含む)に関して、いかなる場合においても責任を負いません。

先物・オプション投資の魅力

現物とは異なる収益機会として注目が高まる先物・オプション取引。
個人投資家の参加も拡大する先物・オプション取引の魅力や投資戦略を紹介する。

個人投資家による個人投資家のためのオプション取引講座
第15回 リスクパラメータによるオプション取引⑤

守屋 史章 氏
オプショントレード普及協会 代表理事

期近を買い、期先を売る「リバースカレンダースプレッド」

守屋 史章氏 オプショントレード普及協会 代表理事

図表1 日経平均VI月足チャート

図表2 オプションの売りポジションとギリシャ指標と損益図

リバースカレンダースプレッド = 期近買い ショートポジション取引戦略 + 期先売り
同一権利行使価格・同枚数

図表3 リバースカレンダースプレッド P21000期近買い+期先売り

損失限定的なポジション、どのタイミングで仕掛けるか?

図表4 日経225先物
図表4 日経平均VI

図表5 期近IVと期先IVの推移


紺=期近プット平均IV 橙=期先プット平均IV(値はPrize算出)

図表6 P21000期近買い+期先売り 2018年4月9日(12日後)の損益グラフ

IVが急上昇する場面では期先の価格が上がりやすい

図表7 日経平均VIチャート 2018年10月末~11月上旬

図表8 2018年10月末ごろの期近・期先IVの推移


紺=期近プット平均IV 橙=期先プット平均IV(値はPrize算出)

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる