FXを始めよう

IAISインフラ投資

IAISインフラ投資

AIはRFRへの移行に最もスマートなソリューションを提供

特に大手金融機関は、数十万件 -- 数百万件とまではいかなくても -- の契約を精査し、LIBORを参照する契約と問題のある法的文言を突き止め、時間内にソリューションを策定するという気の遠くなるような課題に直面しています。銀行がいかにうまく移行するかということ以上に、これらの変化をいかに効果的に市場に伝えるかということが重要と考えられます。最終的に私たちが確信しているのは、金融機関はこの課題を1.戦略、2.法的要件、3.IAISインフラ投資 オペレーションの準備態勢、4.クライアントへの伝達、という4つのレンズを通して見るべきだということです。

「重労働」はAIに

緊急課題へのスマートなソリューション

  • KPMGのグローバルAIプラットフォームであるイグナイト(Ignite)により、KPMGのプロフェッショナルはマシンラーニングと自然言語処理を活用し、企業が膨大な数の契約と非構造化データを迅速に処理・解釈するのを支援できます。AIは人間の認知と能力の幅を劇的に拡大するので、企業はAIがLIBORの課題を解決する見込みがあることを理解できます。AIが開発すべきツールに関するインサイトを提供しつつ、そのインサイトに基づいて持続可能なプロセスをいかに戦略的に導入するかについて、結果重視のアプローチを提供します。イグナイトは最高クラスの構成要素と人々とテクノロジーを結びつけるエコシステムとして機能するように設計されています。
  • アピアン(Appian)は、効果の高いビジネスアプリケーションの創出を加速する、ローコードのアプリケーション開発プラットフォームです。アイデアからアプリケーション完成までを迅速に行えるようにし、文書の共有、ビジネス規則のカスタマイズ、リアルタイムでの報告、強力なプロセス管理を可能にします。ローコードなので、幅広いデバイスで作動するアプリの開発が容易になります。

将来を見据えたスマートな銀行は、すでにこうした現実を幅広に認識し、自行のLIBORからの移行を単独で展開することのないようにしています。たとえば一部の銀行は、バーゼル銀行監督委員会(BCBS)が策定した「トレーディング勘定の抜本的見直し(FRTB)」 - 本質的に新しい市場リスクのルールブックであり、銀行のホールセール取引に適用される - とLIBORの課題との関連性を理解しています。銀行は現在直面する分岐点を見据え、この領域やそれを超えた領域で根本的に新しいことを行うタイミングを見計らっています。

私たちの経験からすると、限られた時間で対応しなければならない途方もない課題が待ち受けているにもかかわらず、各国金融セクターにはそれに見合う切迫感が見られません。英国の金融規制当局は最近、「提出された計画書を見ると、移行と関連リスクへの対応の準備状況は金融機関により大きく異なっています」と意外感を表明しました。「様子見」をしている金融機関に行動を促すこともしました。
しかし、この複雑な道程で行動が遅いことについて、金融セクターの企業ばかりに責任があるとは言えません。すでに述べたように、乗り越え難いハードルを超えて道を拓くため、金融機関は移行と結びついたいくつもの依存状態 - 基準設定機関の指針が明確になることの必要性、規制当局・立法機関の両サイドからの介入の可能性 - という厄介な現実に不幸にも直面しているのです。

事例研究 大手銀行がAIの活用へ

グローバルな金融サービス・セクターにおけるいくつかの大手機関は、KPMGのプロフェッショナルのインサイトとガイダンスを通じて、AIで可能になるLIBORからの戦略的移行が、自行の効率性と競争優位に甚大な効果をもたらしうることを発見しつつあります。人間が行えば通常、膨大な時間 -- 何日とまではいかなくても IAISインフラ投資 -- のかかる作業が、AIのめざましい能力を使えば数秒で済むのです。

最近私たちは、ある大手グローバル銀行の別の移行を完了しました。この銀行は、数千件のローン契約 -- 各々が数百ページに及ぶ -- を特定・分析し、機械で読み込めるフォーマットに変換する必要がありました。同行は以前に類似の概念実証(proof.of-concept)作業を約20社の他のコンサルティングファーム、テクノロジーベンダー、AI専門企業とともに実施していたので、今回イグナイトが自行のニーズを完全に満たす唯一の包括的ソリューションであることが分かった、と喜んでいただけました。

金融機関に関する最新情報

  • オフィス検索 kpmg.findOfficeLocations
  • お問合せフォーム kpmg.emailUs
  • ソーシャルメディア kpmg.socialMedia
  • twitter. Opens IAISインフラ投資 in a new window
  • facebook. Opens in IAISインフラ投資 a new window
  • linkedin. Opens in a new IAISインフラ投資 window
  • instagram. Opens in a new window

メールマガジン登録

© 2022 KPMG IAISインフラ投資 AZSA LLC, a limited liability audit corporation incorporated under the Japanese Certified Public Accountants Law and a member firm of the KPMG global organization of independent member firms affiliated with KPMG International Limited, a private English company limited by guarantee. All rights IAISインフラ投資 reserved. © 2022 KPMG Tax Corporation, a tax corporation incorporated under the Japanese CPTA Law and a member firm of the KPMG global organization of independent member firms affiliated with KPMG International Limited, a private English company limited by guarantee. All rights reserved.

「Solvency II」を日本語に翻訳する

And in October 2014, EIOPA adopted the Delegated Acts, which contained implementing rules for Solvency II.

The relative short time it has taken IAISインフラ投資 us to get familiar with CCH Tagetik and to set up our Solvency II platform from scratch.IAISインフラ投資

Solvency II Qlik Sense Dashboard for Insurance Solvency II Qlik Sense Dashboard Introducing Advanced Analysis for Insurance In the webinar, you'll learn about Our new pre-packaged reporting tool the CCH Tagetik Solvency II Qlik Sense Dashboard.

Solvency II Qlik Sense ダッシュボードが紹介する高度な分析のアナリティクスの導入 Solvency II Qlik Sense ダッシュボードが紹介する高度な分析のアナリティクスの導入 このウェビナーでは、Tagetikの新しいパッケージレポートツール Solvency II Qlik Sense ダッシュボードについて詳しく学ぶことができます。

Milliman insurance presentation, Warsaw: Solvency II valuation metrics, Quantitative aspects of SFCRs - Milliman Insight

These vary from industry to industry: Banking: Basel III, FinRep CoRep Insurance: Solvency II Discover how CCH Tagetik Performance Management Software delivers: disclosure & compliance

In parallel with such developments, active discussions have been taking place IAISインフラ投資 IAISインフラ投資 IAISインフラ投資 to change the regulations for insurance companies, including the Solvency II Directive in Europe.

In November 2013, with the passing of the Omnibus II Directive, the effective timetable and transitional arrangements for the IAISインフラ投資 implementation of Solvency II became much more certain.

Investment IAISインフラ投資 Grade Credits Financials The case for financial bonds is highly compelling as a result of the Basel III capital adequacy regulations for banks and Solvency IAISインフラ投資 II rules for insurers.

金融機関債戦略 - Investment Grade Credits Financials 銀行を対象としたバーゼルIII自己資本比率規制および保険会社を対象としたソルベンシーII規制を受け、金融債に投資する根拠は極めて説得力が高まっています。

This paper compares and contrasts the IAIS requirements with the requirements applying in Europe (through IAISインフラ投資 Solvency II), in the US and in Australia.

Based on our basic capital policy, we apply management procedures for financial soundness based on the European Union's Solvency II and other international capital regulations and utilize return on risk (ROR) as an indicator for making management decisions in a wide range of fields, including performance evaluation and investment.

この基本方針に基づき、欧州ソルベンシーIIなどの国際的な資本規制にも準拠した財務健全性の管理手法の適用や、業績評価および投資判断といった幅広い分野での経営判断におけるリスク対比のリターン指標(ROR:Return on Risk)の活用などを進めています。

Milliman consultants Paul Fulcher and Thomas Bulpitt have written a white paper that considers each of these approaches, what this might mean for the future of Solvency II and also whether any IAISインフラ投資 insight can be gained that may prove useful to IAISインフラ投資 firms in the process of implementing IFRS 17, IAISインフラ投資 in particular, the process to derive the discount rate.

ミリマンのコンサルタントであるPaul FulcherとThomas Bulpittは白書を作成し、これらのアプローチそれぞれについて検討し、これがソルベンシーIIの将来に対して持つ意味、またIFRS第17号の実施プロセス、特に割引率を導出するプロセスにおいて、保険会社にとって有用であることを証明できるような知見が得られるかを検討しました。

Towards the end of 2018, EIOPA published a Request for Feedback paper asking the insurance industry for its views on a number of IAISインフラ投資 proposed approaches for assessing the liquidity (or otherwise) IAISインフラ投資 of insurance liabilities in order to inform EIOPA's wider review of Solvency II that is due prior to 1 January 2021.

持続可能性を明確に視野に入れているプライベートエクイティ

オルタナティブ投資の情報サービスプロバイダーであるPreqinによると、世界のPE運用資産残高は、2021年末に5兆米ドルに達し、ドライパウダー (投資待機資金) の規模も過去最大の2.2兆米ドルに達しました。今日では、より多くのプライベート投資家が投資決定やポートフォリオの運用にESG要素を考慮しており、PwCルクセンブルグによる調査結果では、ESGを考慮したPEの運用資産残高は2015年~2020年に年率17% (複利ベース) で成長しましたが、一方では、2020年末時点の欧州PE資産のESGファンドへの投資配分は約11%にすぎないというものでした 2 。PwCの基本シナリオによると、2025年までに欧州におけるPE のESGファンドへの投資残高は2,920億ユーロに達し、「…ESG要因がバリュエーションを上昇させ、下落への耐性が強力であるという認識の高まり、並びにプライベート市場における進展が継続していること …」をその理由として挙げています。

プライベート市場においてネット・ゼロ達成のための重要な役割

科学的根拠に基づき気候変動対策の目標への取り組み

昨年末、7つのPE企業(運用資産残高の合計額1,330億ドル)が、自社と投資先企業に設定した脱炭素化目標が「科学的根拠に基づく目標 (Science Based Targets Initiative、『SBTi』)」の認定を受けたことを発表しました。PE業界固有の指針では、PE企業のゼネラルパートナー (GP) が、投資先企業ではスコープ1及び2の排出量の削減、PE企業自身としては投資及び融資事業におけるスコープ3、カテゴリー15の達成に科学的根拠に基づく野心的な温室効果ガス (GHG) 排出削減目標の設定を支援することを目標にしています。

ゼネラルパートナー・リミテッドパートナー向けのネットゼロ枠組みを策定

「気候変動に関する機関投資家グループ (IIGCC)」も、ネットゼロ投資フレームワーク (NZIF) に基づくPEに特化した指針を発表しました。2021年3月に開始されたNZIFは、上場株式、債券、不動産、ソブリン債を対象としており、今回提案されたプライベートエクイティ向けの新しい指針では、追加要素としてPEの投資先企業の指標、目標、ポートフォリオ企業の範囲や、GP及びリミテッドパートナー (LP) の推奨行動などが含まれています。IIGCCの枠組みに関する最終指針は、2022年の第2四半期に公表される予定です。

容易ではないESGデータの収集

データの一貫性、測定、開示は、間違いなくプライベート企業にとって最大の課題のひとつであり、上場企業のように、一定のデータの作成が義務付けられ、通常、MSCIなどの第三者のデータ提供業者の評価を受けている企業に比べ、利害関係者に事業や投資資産の持続可能性を証明する具体的な証拠やデータの提供が比較的困難になっています。サステナビリティ報告の基準は多数存在しますが、その結果、一貫性のない開示を招き、投資家や市場参加者に混乱を与えています。ただ、ここにきて、企業に、投資家に対してどのような持続可能性の開示を行うべきかの標準的なESG報告基準を提供することを目的に、国際サステナビリティ基準委員会 (ISSB) が設立されました。

カリフォルニア州職員退職年金基金 (CalPERS) とCarlyleを中心に、2021年9月に導入された「ESG Data Convergence Project (ESGデータの収集と報告に関するプロジェクト) は、ESG指標を標準化し、特にプライベート市場の関係者向けに、他社と比較可能なレポートの枠組みの提供を目指しています。総額で8.IAISインフラ投資 7兆ドルの運用資産残高を有するグローバルなLPとGP、及び1,400社を超えるプライベート企業がこのイニシアチブにコミットしたことが今年の初めに発表されました。

規制は重要な推進力

気候変動対応の報告様式、及び全世界の投資家向けの広範なESG要因に関する報告様式の基準の統一化も歓迎すべきことです。「保険監督者国際機構 (IAIS)」は、気候変動リスクと持続可能性の問題に関する多国間の調整を促進すると同時に、「国際的に活動する保険グループ (IAIG)」に適用する「合算ベースのグループ資本計測 (ICS)」の基準策定の取り組みを進めています。全世界のIAIGの3分の1以上が欧州企業であることを勘案すると、2024年に発効するICSは、欧州企業にとって特に重要性が高いものになると考えます。

欧州委員会は、世界全体のバリューチェーンにおける人権と環境への影響に取り組むための「コーポレートサステナビリティ・デューディリジェンス指令案」を公表しました。ECは、EU企業13,000社とそれ以外の4,000社が指令の対象になると推定しています。これには、「サステナブルファイナンス開示規則 (SFDR)」及びタクソノミー (地球環境にとって企業の経済活動が持続可能であるかを判断する仕組み) の規則と共に、世界の各国のコミットメントに沿ったESG方針に則した ESG関連のデューデリジェンスの実施を企業に課すことが含まれています。

プライベートエクイティ業界における「ESG革命」は貸手にとって追い風になるか

非上場企業がESGと持続可能性を採用するにつれて、非上場企業に融資するプライベートローンの貸手も、気候変動対策 (及び達成のための計画) のコミットメントが多くの分野に及ぶことや投資規模が拡大するだけでなく、共通基準、報告様式、ESG統合が統一化されることによる恩恵を受けるようになると考えられています。

1 「McKinsey Global Private Markets Review 2022」(2022年3月)
2 PwC Luxembourg 「2022 EU Private Markets: ESG Reboot」

投資元本は変動し、投資から得られる利益は上昇することもあれば、下落することもあり、お客様の投資元本は保証されません。

本項に記載されている内容は現時点におけるM&Gの見解であり、投資に関する推奨、助言に該当するものではなく、また将来の状況やパフォーマンスを予測するものではありません。

当資料は、一般的な情報提供を目的としており、金融商品取引業登録に基づく業務又は当社関連会社が組成するファンドの持分等の勧誘を目的としたものではありません。

第72回定時総代会質疑応答内容

A.新規制は、2025年に適用される保険監督者国際機構(IAIS)による国際的な自己資本規制に準拠して導入される予定であり、経済価値ベースと呼ばれる時価評価をした自己資本とリスク量を対比した自己資本比率に基づき監督が行なわれる予定です。 IAISインフラ投資 IAISインフラ投資
当社への影響としては、現行のソルベンシー・マージン比率による健全性規制よりも金融環境の変動の影響を大きく受けるため、金利リスクや価格変動リスクに対する、より高度なリスク管理が必要となることが挙げられます。
新たな規制の導入に備えて、引き続き、経済価値ベースでの経営管理を行なう「ERM経営」の高度化を図っていきます。

A.国内の成長マーケットである第三分野・投資型商品分野、およびシニア層・就労女性層のお客さまへのアプローチは概ね順調に推移しています。また、「かんたん保険シリーズ ライト! By明治安田生命」(以下、「ライト!シリーズ」)の活用等により、お客さま数も大きく拡大しています。今後は「みんなの健活プロジェクト」における商品・サービスの提供および営業職員が対面のアフターフォローを通じて、お客さまの健康づくりを応援していくという新たな価値の提供を強みとして、さらなる成長を図っていく考えです。

A.当社公式ホームページや保険比較サイトから商品案内の資料請求をいただいたお客さまを、営業職員や「保険がわかるデスク」での対面のコンサルティングに案内する取組みを強化しています。 WEB上での広告を幅広く展開することにより、サイト閲覧数を増やし、「かんたん」「小口」「わかりやすい」を特長とする「ライト!シリーズ」等をアピールすることで、資料請求数は大きく拡大しています。
資料請求をきっかけとした新契約件数は2015年度から2倍以上に増加しており、20代・30代のお客さまを中心に、新たな接点拡大に効果が出ています。

A.IAISインフラ投資 生命保険商品は、一般的に保障性と貯蓄性に大別され、このうち保障性商品には保障内容と保険料を一定の期間ごとに更新していく更新型と、それらをご加入時に確定させる終身型があります。一般的に、更新型は掛け捨て型と呼ばれています。
更新型は、ご加入後もニーズの変化に応じてその時々の最新・最適の保障に見直していくことが可能であり、この点が大きなメリットです。一方、終身型は、将来に向けたニーズが固定しているお客さまに適しています。
当社は、お客さま一人ひとりに選択いただけるよう営業職員が対面でコンサルティングを実施しています。

A.対面のアフターフォローを支えるシステムインフラとして、社用スマートフォン「MYフォン」の全営業職員への無償貸与を準備中です。3万人規模の社用スマートフォンの配付は生命保険会社で初の取組みです。
「MYフォン」の活用を通じて、これまで以上にお客さまとの双方向のコミュニケーションを進め、より迅速かつご要望に沿ったアフターフォローに努めます。また、「高性能カメラ」を搭載して健康診断結果等のお手続き書類を撮影することで、コピーの提出が不要になるなど、お手続きを簡素化し、お客さまの利便性を向上します。
現在、一部支社にて試行展開していますが、今後十分な教育を実施したうえで、2019年9月から10月までに順次全支社に展開予定です。

A.当社において、為替リスクのご説明不十分など、外貨建て保険固有の商品性に起因する苦情の発生率は、保有契約件数対比で低水準です。
外貨建て保険のご提案に際しては、お客さまのご負担となる費用や為替リスクについて、社外の消費者専門委員のご意見もふまえ、商品パンフレットにわかりやすく記載するとともに、契約締結前交付書面を用いてご理解いただいたことを確認しています。
ご高齢のお客さまに対しては、手続き時にご家族のご同席をお願いするなど、より丁寧な募集プロセスを整備しています。
さらに、ご加入後についても総合通知やお客さま専用サイト「MYほけんページ」を通じて商品内容とリスクについてわかりやすく説明しています。

A.会社が安定的・持続的に成長するためには、多様な人財が活き活きと活躍することが不可欠であるとの考え方に基づき、「女性」「障がい者」「中高年」「専門人財」の活躍支援を中心に取り組んでいます。 「女性」については、2020年4月までに女性管理職比率を30%程度とすることを数値目標に掲げ、計画的に推進しています。「中高年」については、2019年4月より65歳への定年延長を実施しており、2022年までにすべての国内子会社・関連会社に導入予定です。「障がい者」については、2017年6月に設立した特例子会社と連携し、雇用機会を拡大しており、足もとの障がい者雇用率は法定雇用率2.2%を充足しています。
さらに、「専門人財」について、多様な人財がそれぞれの能力や意欲に応じて活躍できるよう専門分野でプロフェッショナルをめざすプロモーションルートも整備しています。
これらのダイバーシティ推進に関する各種指標は総じて順調に推移しています。

A.当社では、4月入社の新卒一括採用を基本としていますが、高度な専門知識・スキルを有する人財を中心とした中途採用や留学経験者採用等において、一部通年採用に取り組んでいます。
一方、IT業界やメーカー等では選考時期や入社時期を限定しない通年採用を導入する企業も出てきており、今後、同様の流れが強まる可能性があると認識しています。
就業経験のある既卒者や、海外の大学を卒業し秋以降に日本での就職を希望される新卒者等の多様な人財の安定的な確保に向けて、引き続き検討していきます。

A.当社は、先端技術の活用に関して、2016年度から専門部署を設置し調査・研究を推進しています。
当社では、人工知能を「ヒトによる基幹業務の生産性向上を支援するツール」と位置付けており、活用にあたっては学習データの確保が重要と認識し、現在は数万件のデータが確保できる保険金の支払査定業務等から導入を開始しています。
このほか、お客さまからのご相談・ご照会対応、営業面での業務支援等を基幹業務と定め、今後の活用に向けて、調査・研究を推進していく考えです。
競合他社との比較は差し控えますが、当社は十分な組織体制および予算規模で対応しています。

A.「MY健活レポート」は、健康度のベンチマーク比較、疾病リスクの予測やアドバイス等の健康増進に役立つ情報を集約して提供するものであり、ノーリツ鋼機グループの株式会社JMDCが保有する約100万人のデータをもとに共同開発したものです。
そのほかにも、複数の企業、大学、地方自治体等と提携・連携し、疾病予防や早期発見に向けた調査・研究を実施しています。一例として、2019年1月から、健康情報のビッグデータを保有している弘前大学および先進的な検査サービスを提供するヘルスケアベンチャーである株式会社ミルテルと「未病の定量化」に関する共同研究を進めています。
今後も、産学官との幅広い提携・連携に基づき調査・研究を実施し、「みんなの健活プロジェクト」における新たなコンテンツの提供やサービスの創造をめざしていきます。

財務、リスク、保険数理

David Hollander

EY IAISインフラ投資 is a global leader in assurance, consulting, strategy and IAISインフラ投資 transactions, and tax services. The insights and quality services we deliver help build trust and confidence in the capital markets and in economies the world IAISインフラ投資 over. We develop outstanding leaders who team to deliver on our promises to all of our stakeholders. In IAISインフラ投資 so doing, we play a critical role in building a better working world for our people, for our clients and for our communities.

EY IAISインフラ投資 refers to the global organization, and may refer to one or more, of the member firms of Ernst & Young Global Limited, each of which IAISインフラ投資 is a separate legal entity. Ernst & Young Global Limited, a UK company limited by guarantee, does not provide services to clients. For more information about our organization, please visit ey.com.

© 2020 EYGM Limited. All Rights Reserved.

This material has been prepared for general informational purposes only and IAISインフラ投資 is not intended to be relied upon as accounting, tax, or other professional advice. Please refer to your advisors for specific advice.

EY.comへようこそ

本ウェブサイトを運用する上で不可欠なクッキーに加え、利用者の利便性とEYのサービス向上のために、次の種類のクッキーを使用しています。機能性クッキー:利用者の操作性を向上させるために使用します(例:選択した設定の記憶)。パフォーマンスクッキー:ウェブサイトのパフォーマンスを測定し、利用者のサイト上での利便性を向上させるために使用します。広告/ターゲティングクッキー:広告キャンペーンを行う第三者の広告サービス提供者により設定されるもので、利用者に関連性の高いコンテンツを提供することができます。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる