タダで投資

取引のメリット

取引のメリット
引用元:平成 29 年度 我が国におけるデータ駆動型社会に係る基盤整備(P-9)|経済産業省

信用取引のメリット・デメリットは何ですか?

管理人ひっきーからの回答

信用取引のメリット

  • ①自己資金以上に投資ができる
  • ②株価下落時にも利益を出すチャンスがある(空売り)
  • ③クロス取引で株主優待がお得に手に入る

現物取引と信用取引の投資金額の差

現物取引では、株価上昇時しか利益を出すことができませんが、信用取引では「 空売り (信用売り)」という手法で 株価下落時にも利益を出すチャンス があります。これは株価が高いときに証券会社から株を借りて売り、その後、株価が下がったときに株を買い戻して証券会社に返すと、その差額が利益になります。

空売り

現物取引の買い注文で 株主優待の権利 を取りつつも、空売りを使って 株価下落のリスクを抑える という方法があります。なぜこのような方法を使うのかというと、株主優待の権利を得た次の営業日に、権利落ちと言って、株価が下落しやすい状態となります。せっかく株主優待をもらっても、株価下落で損をしてしまったら元も子もないので、空売りを使って損失を未然に防ごうというテクニックです。

信用取引のデメリット

  • ①損失が大きくなる可能性がある
  • ②コストが高くなりやすい
  • ③逆日歩(ぎゃくひぶ)が発生することもある

自己資金以上に投資ができるということは、株価上昇したときはよいのですが、 株価下落したときは大きな損失 となります。

例えば、50万円の自己資金を使って投資をした場合、株価が50%下落したときには、25万円が手元に残りますが、 信用取引で150万円投資をした場合は、75万円の損失 取引のメリット となり、手元の50万円では足りないため、 25万円 (=50万円-75万円) が負債 となってしまいます。これは“追証(おいしょう)”の状態なので、25万円を新たに準備して、証券口座に入金しなければなりません。

損失額の差

信用取引でも売買手数料は当然かかりますが、この他にも、信用買いのときにかかる「 金利 」(年利2%前後)、信用売りのときにかかる「 貸株料 」(年利1%前後)、 名義書き換え料 (100株あたり50円)、 信用管理費 (1か月以上建てると、100株につき100円)などがあります。簡単にまとめると、 保有期間が長くなれば、その分コストも大きくなる というしくみです。

メリットの「③クロス取引で株主優待がお得に手に入る」で、クロス取引を推していますが、証券会社側から見て、投資家に貸す株券が足りなくなった場合は、 逆日歩 (ぎゃくひぶ)というコストが発生することがあります。

通常、「 証券金融会社 (日本証券金融など)」から株券の調達をおこないますが、それでも株不足の場合は、外部から調達することになります。この時に、調達が苦しいほど、大きなコストがかかってしまいます。ただし、一般信用取引という制度を使えば、逆日歩はかかりません。

企業間取引とは|メリット・デメリットや流れ・ポイントを解説

%e3%82%b3%e3%83%bc%e3%83%9b%e3%82%9a%e3%83%ac%e3%83%bc%e3%83%88%e3%82%ab%e3%82%99%e3%83%8f%e3%82%99%e3%83%b3%e3%82%b9%e3%82%b3%e3%83%bc%e3%83%88%e3%82%99

引用元:平成 29 取引のメリット 年度 我が国におけるデータ駆動型社会に係る基盤整備(P-9)|経済産業省

企業間取引のメリット・デメリット

売り手側にとっては、梱包・配送や請求書の作成などの実務的負担が軽い、というメリットがあります。

また、売り手側が後払い決済に対応している場合などは、買い手側にとって資金繰りにかかる負担が軽い、というメリットがあります。ほかにも、BtoCと比べると顧客数が限られるため顧客管理にかかる負担が軽い、という点なども挙げられます。

デメリット

一度の取引による取引量や取引額が大きい分、売り手側にとっては、競合他社の出現や取引先の倒産などの理由によって、取引先を一つ失っただけでも大きく売上が落ちてしまう、というデメリットがあります。

また、企業間取引では取引関係が長期化・固定化されやすいため、買い手側にとっては、企業選択を誤った場合に柔軟に取引先を変更することが難しく、広範囲に渡って影響が生じることもある、というデメリットがあります。

企業間取引の流れ

現在はインターネットの普及により、企業が自社で設置したECサイトで取引を行う「自社サイト型」や、既存のECサイトに店舗を出店して取引を行う「モール型」など、さまざまな取引手法が登場しています。これらは時間や場所の制約なく商品検索・購入ができることから、多くの企業で導入されています。

  • 小売業者による卸売業者への問い合わせ
  • 商談場所・日時を決定
  • 取引内容・条件・金額を商談
  • 商談成立後、取引開始

企業間取引を行う際のポイント

企業によっては特有の商習慣があり、過去の取引実績や条件をベースとして、お得意先・通常取引先・非取引先など、取引先ごとに販売価格・決済方法・取扱商品の公開範囲などを変えている場合もあります。特に、買い手側は頭に入れておいたほうがよいでしょう。

企業間取引について弁護士に相談するメリット

企業間取引については、支払いが遅れたり、製品に欠陥が見つかったり、といったトラブルが発生するケースも考えられます。ただし、取引時に合意事項を記載した契約書を作成しておくことで、トラブル発生時もスムーズな問題解決が望めます。

企業間取引を行うことで、売り手側にとっては対価の受取、買い手側にとっては製品などの仕入れが大きなスケールで実現するため、企業成長の大きなきっかけとなることもあります。

企業間取引をするのであれば契約書作成は欠かせません。どのような内容を書けばよいのかわかりやすく解説します。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる