初心者でもできる

ETFの概要

ETFの概要
SBI証券公式サイトより引用

米SPX500先物 - 6月 2022

執筆:Geoffrey Smith Investing.com -- 世界一の富豪が、世界最大のソーシャルメディア企業の買収提案を表明した。ドルの上昇は一服し、債券利回りは週間失.

執筆:Geoffrey Smith Investing.com -- FRBのパウエル議長が上院銀行委員会に出席し、インフレの「定着化」を阻止することを約束する声明を出す予定。バ.

(14時50分現在)S&P500先物 3,716.38(+21.38)ナスダック100先物 12,773.88(+69.38)グローベックス米株式先物市場でS&P5.

米SPX500先物 分析

関連するETF

テクニカルサマリー

米SPX500先物 口コミ

リスク開示書: 金融商品や仮想通貨の取引は投資金額を失う高いリスクがあります。仮想通貨の価格は非常にボラティリティーが高く、金融、規制、政治など、外的な要因に影響を受けることがあります。また信用取引はリスクが高いことを十分に理解してください。
金融商品または仮想通貨の取引をする前に、金融市場での取引に関わるリスクやコストについて十分に理解し、専門家の助言を求めたり、ご自身の投資目的や経験値、リスク選好等を注意深く検討することを推奨いたします。
Fusion Media によるこのウェブサイトのデータが、必ずしもリアルタイムおよび正確ではないということをご了承ください。またデータや価格が、必ずしも市場や取引所からではなく、マーケットメーカーにより提供されている場合があります。その為、価格は気配値であり、実際の市場価格とは異なる可能性があります。Fusion Media および当ウェブサイトへのデータの提供者は、当ウェブサイトに含まれる情報を利用したすべての損失に対して一切の責任を負わないものとします。
Fusion Media およびデータ提供者による事前の書面の許可なしに、当ウェブサイト上のデータを使用、保存、複製、表示、変更、送信、配信することを禁じます。すべての知的財産権は当ウェブサイト上のデータの提供者、または取引所が有します。
Fusion Media は当ウェブサイトに表示される広告により報酬を得ることがあります。 上記内容は英語版を翻訳したものであり、英語版と日本語版の間に不一致がある時は英語版が優先されます。

ETFの概要

株価指数先物取引の利用に伴うリスク
株価の変動(価格変動リスク・信用リスク)
リートの価格変動(価格変動リスク・信用リスク)
その他(解約申込みに伴うリスク等)

※ 基準価額の動きが指数と完全に一致するものではありません。
※ 基準価額の変動要因は、上記に限定されるものではありません。
※ 設定・交換のお申し込みにあたって、詳しくは投資信託説明書(交付目論見書) の「投資リスク」をご覧ください。
※ 詳しくは、金融商品取引所で取引をされる際にご利用になる証券会社にお訊ねください。

お客さまにご負担いただく費用 ETFの概要
ETFに係る費用(金融商品取引所を通してETFに投資するお客さまの場合)
(2020年8月現在)

※ Global X ETFの概要 Japanが運用するETFのうち、最高の料率を表示しています。
また、その他の費用・手数料としては、組入有価証券売買時の売買委託手数料、先物取引・オプション取引等に要する費用、監査報酬等を信託財産でご負担いただきます。
※ 「その他の費用・手数料」については、運用状況等により変動するため、事前に料率、上限額等を示すことができません。
※ 手数料等の合計額については、保有期間等に応じて異なりますので、表示することができません。また、上場投資信託および上場不動産投資信託は市場価格により取引されており、費用を表示することができません。
※ 詳しくは、金融商品取引所で取引をされる際にご利用になる証券会社にお訊ねください。
※ 設定・交換のお申し込みにあたっては投資信託説明書(交付目論見書) の「ファンドの費用・税金」をご覧ください。

当サイトは、Global X ETFの概要 Japan株式会社により情報提供を目的として作成されたものです。

Global X Japan株式会社は、Global X ETFの概要 Management Company, Inc.、株式会社大和証券グループ本社、および大和アセットマネジメント株式会社の合弁会社です。

販売会社・金融機関の皆様
メディアの皆様

Global X Japan株式会社
経営企画部

GLOBAL Xは、GLOBAL X MANAGEMENT COMPANY LLC(以下、Global X社)の登録商標です。電子的または、機械的方法を問わず、いかなる目的であれ、無断で複製、引用、転載または転送等を禁じます。Global X社は、米国証券取引委員会に登録されている投資顧問業者です。当サイトに掲載されている事項は、日本国内の居住者への証券投資一般等に関する情報提供を目的としたものであり、勧誘を目的としたものではありません。また、当サイトに掲載された資料は金融商品取引法に基づく開示資料ではありません。

当サイトの内容についての著作権は、Global X ETFの概要 Japanその他当該情報の提供元に帰属しています。電子的または、機械的方法を問わず、いかなる目的であれ、無断で複製、引用、転載または転送等を禁じます。当サイトは、各種の信頼できると考えられる情報源から作成しておりますが、その正確性・完全性が保証されているものではありません。

GLOBAL X FUNDS及びGLOBAL Xは、GLOBAL X社が世界各国(日本を除く)で設定・運用する上場投資信託を示す登録商標であり、個別商品を指すものではありません。電子的または、機械的方法を問わず、いかなる目的であれ、無断で複製、引用、転載または転送等を禁じます。

Global X Japan株式会社
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第3174号
一般社団法人日本投資顧問業協会会員
一般社団法人投資信託協会会員

ETFとは?

1.プライマリー市場の流動性 - ETFには独自の設定/交換の仕組みがあり、指定参加者(Authorized Participants、 APs)は、需要が生じた時にはETF受益証券のバスケットを構築し(設定)、需要が減ってきた時にはETF受益証券のバスケットを解体して個別の銘柄に戻すことができます(交換)。これがプライマリー市場の機能で、ETFの原資産の流動性が、ETFの流動性を向上させる役割を果たします。

2.セカンダリー市場の流動性 - 流通市場である取引所では、立会時間の間受益証券が取引されているため、投資家はタイムリーに投資判断を行い、変化する市場の状況に応じて素早く注文を出すことができます。

グローバルETF市場

指定参加者(APs):特定の基準を満たし、ETFスポンサーまたはディストリビューターとの参加者契約を交わすことで指定参加者になる。指定参加者は多くの場合大手の証券会社であり、ETFと直接取引をする唯一の当事者であるため、その完全性と運用能力について精査されます。

設定および交換のプロセス:ETF発行者が、ETFの新株の発行または消却と引き換えに、バスケットに束ねた資産を追加または現物拠出するプロセス。

指値注文:一定数の受益証券を、特定の価格以下で購入、または特定の価格以上で売却するためにブローカーに発注する注文。

流動性:資産または証券が、資産の価格に影響を与えることなく、市場で売買できる度合い。取引水準が高い場合に、流動性があると見なされます。

発行市場(プライマリー市場):ETFの受益証券が設定されたり、交換されたりする市場。

流通市場(セカンダリー市場):投資家が証券や資産を、発行会社そのものからではなく、他の投資家から購入、または他の投資家へ売却する市場。

投資はリスクを伴い、元本割れが生じる可能性があります。
本稿の全部または一部の複製、複写、転送等を禁止し、いかなる内容についてもステート・ストリート・グローバル・アドバイザーズによる事前の書面での同意なしに、第三者に開示してはなりません。
本稿に含まれる情報は投資助言ではなく、投資助言として依拠されるべきではありません。また、特定証券の購入を勧誘またはその売却を提案するものではありません。いかなる投資家の特定の投資目的、投資戦略、課税状況、投資期間も考慮していません。税理士および財務アドバイザーにご相談ください。資料すべては信頼できると考えられる情報源から入手しておりますが、情報の正確性に関していかなる表明も保証も行われておらず、ステート・ストリート・グローバル・アドバイザーズは当該情報に基づく判断に関していかなる責任も負いません。
ETFは、主に株式や債券などの有価証券、また金などのコモディティ、あるいはその他の資産に投資を行います。投資対象としているこれらの資産の値動きにより、ETFの基準価額が下落することがあります。これらの資産への投資には、市場リスク、金利リスク、カントリーリスク、信用リスク、為替リスク、流動性リスク等、様々なリスクがあり、ETFも同様のリスクが伴います。これらのリスク要因により、ETFの市場価格が下落する場合があります。その為、投資元本を割り込む恐れがあります。ETFは流通市場において株式と同様に取引されますが、取引価格は変動し、基準価額を下回ることがあります。また、常に取引可能であるとは限らず、市場環境が悪化している場合は、取引価格が大幅なディスカウントとなる可能性があります。ETFには上場廃止リスクがあり、純資産規模が縮小するなど、運用が困難になった場合や、上場取引所の上場基準に合致しなくなった場合、上場廃止となることがあります。これらは主なリスクであり、ETFへの投資に係るリスクはこれらに限定されるものではありません。なお、コモディティETFやコモディティ指数連動証券は、市場全体動向の変化、金利の変化、および対象資産となるコモディティへの投機や裁定に係る取引活動に加え、天候や病気、通商条件あるいは政治や規制の展開の様な他の要因によって影響を受ける可能性があります。
著作権 © 2022 State Street ETFの概要 Corporation. All Rights Reserved.
Tracking Number:4690747.1.1.APAC.RTL Exp Date:4/30/2023

"Standard & Poor's ® "、"S&P ® "、"SPDR ® "は、Standard & Poor's Financial Services LLC(以下「S&P」)の登録商標です。"Dow Jones"は、Dow Jones Trademark Holdings LLC(以下「ダウ・ジョーンズ」)の登録商標です。これらの登録商標は、S&P Dow Jones Indices LLC(以下「SPDJI」)が使用許諾を得ており、ステート・ストリート・コーポレーションは特定の目的の使用について再許諾を受けています。SPDJI、ダウ・ジョーンズ、S&P、それぞれの関連会社及び第三者の使用許諾者は、ステート・ストリート・コーポレーションが提供する金融商品のスポンサーではなく、これらの商品の推奨・販売・宣伝もしていません。また、SPDJI、ダウ・ジョーンズ、S&P、それぞれの関連会社及び第三者の使用許諾者は、これらの商品への投資の適否に関していかなる意見表明もしておらず、関連する指数に係るいかなる過誤、遺漏ないし中断等に対しても責任を一切負いません。

<投資にかかるリスクについて>
ETFは、主に株式や債券などの有価証券に投資を行います。投資対象としている株式などの値動きにより、ETFの基準価額が下落することがあります。有価証券への投資には、価格変動リスク、カントリーリスク、信用リスク、為替リスク等、様々なリスクがあり、ETF も同様のリスクが伴います。これらのリスク要因により、投資資産の市場価格が下落する場合があります。その為、投資元本を割り込む恐れがあります。ETF には上場廃止リスクがあり、純資産規模が縮小するなど、運用が困難になった場合や、上場取引所の上場基準に合致しなくなった場合、上場廃止となることがあります。これらは主なリスクであり、ETFへの投資に係るリスクはこれらに限定されるものではありません。

<ETF の投資にかかる一般的な留意事項>
① 元本保証はされていません。
② ETF の一口あたりの純資産額と連動を目指す特定の株価指数等が乖離する可能性があります。
③ 市場価格とETF の一口あたりの純資産額が乖離する可能性があります。

<ETF にかかる手数料・費用について>
ETF を売買する際は、取扱いの金融商品取引業者の定める売買手数料がかかります。
その他ETFを保有する際には、それぞれ個別に定められた費用がかかります。これらの費用には、運用会社・管理会社に支払う報酬、組入れ有価証券の売買の際に発生する手数料、監査費用等があります。これらは、運用の状況等によって変動するため、上限を示すことができません。当掲載情報は作成時点のものであり、市場の環境その他の状況等により予告なく変更されることがあります。

ステート・ストリート・グローバル・アドバイザーズ株式会社
東京都港区虎ノ門 1-23-1 虎ノ門ヒルズ森タワー25階 Tel: 03-4530-7152
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第345号 ETFの概要 加入協会:一般社団法人 日本投資顧問業協会、一般社団法人 投資信託協会、日本証券業協会

QQQの構成銘柄をVOO・VGTと徹底比較【このETFは買うべきか!?】

qqqの株価チャート

qqqの株価チャート

ETFの概要 SBI証券公式サイトより引用

VOO(S&P500)との比較

QQQと同じように、アメリカの株式に投資できる海外ETFに「 VOO 」があります。

<QQQとVOOの構成銘柄を比較>
順位 QQQ VOO
銘柄名 組入比率 銘柄名 組入比率
1 アップル 12.43% アップル 6.ETFの概要 96%
2 マイクロソフト 10.56% マイクロソフト 5.93%
3 アマゾン・ドット・コム 5.99% アマゾン・ドット・コム 3.10%
4 テスラ 3.88% テスラ 2.08%
5 アルファベット
(議決権なし)
3.62% アルファベット
(議決権あり)
1.95%
6 メタ・プラットフォームズ 3.51% アルファベット
(議決権なし)
1.82%
7 アルファベット
(議決権あり)
3.44% バークシャー・ハサウェイ 1.68%
8 エヌビディア 3.33% ユナイテッドヘルス・グループ 1.36%
9 ペプシコ 2.07% ジョンソン&ジョンソン 1.35%
10 ブロードコム 1.98% エヌビディア 1.32%

一見、同じような構成銘柄のようですが、組入比率が大きく異なります。たとえば、GAFAMの組入比率 ※ はVOOが 21.07% なのに対して、QQQは 39.55% となっています。これはVOOが約500銘柄に分散させているのに対して、QQQは約100銘柄に厳選しているためです。
※Google(アルファベット)、Amazon、Facebook(メタ・プラットフォームズ)、Apple、Microsoftの合計組入比率

主要ネット証券初!「米ドル定期自動入金サービス」提供開始のお知らせ
~毎月の米ドル自動入金により、米国株式・ETF定期買付サービスがさらに便利に!~

本サービスでは、毎月任意の日付(最大5日間まで)と金額を指定して自動入金ができます。入金にかかる手数料は無料で、米国株式・ETFなど米ドル建商品がさらに便利に取引できるようになります。
なお、銀行口座から証券口座へ米ドルを自動入金するサービスの提供は、主要ネット証券※で初めてとなります。
※:主要ネット証券(口座数上位5社:auカブコム証券、SBI証券、松井証券、マネックス証券、楽天証券(五十音順))で比較(2022年5月30日、SBI証券調べ)

■サービス概要(自動入金イメージ)

■サービス詳細 ETFの概要
ご利用可能なお客様 以下の2つの口座をお持ちの個人/法人
・SBI証券の外貨建口座
・住信SBIネット銀行の外貨普通預金口座
対象通貨 米ドル(USD)
設定可能日数 任意の日付を最大5日間/月
設定最小単位 10米ドル以上1セント単位
設定最大単位 10桁米ドル(9,999,999,999.99USD)
入金手数料 無料
入金タイミング(受渡日) 設定日当日
※設定日が非営業日または存在しない月(29日~31日が存在しない月)の場合、翌営業日に入金処理いたします
※設定日の0:00頃より順次SBI証券への入金処理を実施します
※銀行側の残高不足等の理由で、3回連続入金ができなかった場合は、設定は解除されますので改めて入金設定が必要となります

■米国株式・ETF定期買付サービスとの相性が抜群に!
「米国株式・ETF定期買付サービス」を利用して、毎月指定日に米国株式・ETFを米ドルで買付しているお客さまは、毎月の入金日と定期買付設定日が重なるように設定することで、入金から米国株式・ETFの買付までの一連の流れを自動化することができます。

<SBI証券の米国株式投資サービス> ETFの概要
米国株式取扱銘柄数 主要ネット証券最多※の6,006銘柄!
SBI ETFセレクション 当社が厳選した米国ETF10銘柄「SBI ETFセレクション」の買付手数料が無料!専用ページで定期的に投資情報を提供中!
米国株式取引手数料 業界最安水準※1 最低0ドル~
さらに総合口座開設後最大2カ月間無料!
米国株アプリ 米国株もスマホひとつでお取引!
さまざまな情報・サービスを手のひらで
為替手数料 SBI証券ならでは!外貨入出金サービスを利用すれば住信SBIネット銀行で片道4銭(米ドル/円)の為替コストで取引した米ドルをSBI証券に入金して米国株式の買付に利用可能
リアルタイム為替取引 米国株式の買付代金に利用する外貨を、月曜日7:00~土曜日6:30の取引時間内、いつでもお好きなタイミングで為替取引が可能
米国株式・ETF定期買付サービス これぞ王道!
米国株のほったらかし投資
米国貸株サービス 自動で貸出&金利受け取りができる!
いつでも売却可能&配当金も受け取れる!
IPOスピードキャッチ キャッチしにくい米国株式のIPO情報が手に入る!
米国テーマ・キーワード検索 今注目のメタバースからEV(電気自動車)まで!
話題のテーマで銘柄検索!
※ 比較対象範囲は、米国株式を取扱う証券総合口座開設数上位の主要ネット証券5社(SBI証券、楽天証券、マネックス証券、松井証券、auカブコム証券(順不同))を指します(2022年5月26日(木)時点、当社調べ)。 <金融商品取引法に係る表示>
商号等 株式会社SBI証券 金融商品取引業者
登録番号 関東財務局長(金商)第44号
加入協会 日本証券業協会、一般社団法人金融先物取引業協会、一般社団法人第二種金融商品取引業協会、一般社団法人日本STO協会

<手数料等及びリスク情報について>
SBI証券の証券総合口座の口座開設料・管理料は無料です。
SBI証券で取り扱っている商品等へのご投資には、商品毎に所定の手数料や必要経費等をご負担いただく場合があります。また、各商品等は価格の変動等により損失が生じるおそれがあります(信用取引、先物・オプション取引、外国為替保証金取引、取引所CFD(くりっく株365)では差し入れた保証金・証拠金(元本)を上回る損失が生じるおそれがあります)。各商品等への投資に際してご負担いただく手数料等及びリスクは商品毎に異なりますので、詳細につきましては、SBI証券WEBサイトの当該商品等のページ、金融商品取引法に係る表示又は契約締結前交付書面等をご確認ください。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる