FXトレーダー

FXのスキャルピングとは

FXのスキャルピングとは
以下はヒゲで抜けてすぐ戻ってくるチャート例です。(クリックで拡大できます)

ヒゲで戻ってきた場合、戻ってきた方向に動いていきやすくなります。
(ヒゲでの騙しとなって、価格の上抜け失敗)

スキャルピング手法を解説 | FXで億稼ぐプロの勝ち方・利益を出すコツのまとめ

スキャルピングで 勝つ方法は?-min

スキャルピングで「スプレッド提示率」や「約定されるレート」が非常に重要で、ここが悪ければいくら提示されているスプレッド条件が良くてもそれは「絵に描いた餅」であって意味がないと言いましたが、その点で言うと、このセントラル短資FXは、きちんと約定される原則固定スプレッドの会社ということで、スキャルピングで使う上で、非常に安心して使える口座と言えて、実際に、私の知人のスキャルピングをやってる 専業トレーダーでも、「信頼性」を理由にここを使っている人も複数います

さらに、ここはツールを使った不正な取引を除けば、 スキャルピングもOK ということもあり、口座凍結を恐れることなくトレードができるという点でも人気です。

このように、「スプレッドがしっかりしている」という安心感と、トップレベルの原則固定スプレッド、スキャルピングもOKということから、人気が高いのがセントラル短資FXです。ここは 1,000通貨単位取引 もできるので、少額から取引したり、細かく値を刻んでいくというようなことも可能です。

また、 当サイト限定・期間限定 で、当サイトからセントラル短資FXに口座開設を行うと、 当サイトオリジナルのFX投資戦略マニュアル+5,000円のキャッシュバック をもらえるキャンペーンも行っておりますので、口座開設は当サイトから行うのがおすすめです。

このマニュアルの内容をざっくりと言うと、このレポートは、認定テクニカルアナリストでもある管理人が、 チャート分析の手法 について徹底解説したもので、スキャルピングをやる上では必見の内容です。

FXスキャルピングは稼げない?おすすめできない3つの理由とは?【鈴木拓也】

鈴木拓也_トップ.png

スキャルピングがそれだけ時間の拘束を受けるということは、 トレーダーにはやはり「体力」、「精神力」が要求されます。 ただ座ってチャートを見つめながらエントリーと決済を繰り返すだけの作業ですが、これを毎日何時間も続けていくのはかなり大変です。体力はなんとかなるにしても、集中力が続きません。スキャルピングは分足や5分足のローソク足チャートのわずかな動きに対応する反射神経が重要になります。集中力が落ちれば、反応速度も鈍り、結果として負けが続くことになってしまいます。

継続することが困難なポイント!
体力、精神力が要求され、継続していくことが困難になる

★☆★ シストレちゃんねる から お得なお知らせ ! FXのスキャルピングとは ★☆★

デモ訴求ページTOP画像.png

おすすめできない理由2・利益が出すことが難しく、コストがかさむ

おすすめできないのは体力や精神力の面のデメリットだけではありません。 「コスト」や「利益を出すことの難しさ」についても問題があります。 この点を知らずにやみくもに取引を繰り返しても、時間だけを浪費して、まったく利益が出ないということもありますので注意してください。

FXにも手数料はある

FXは手数料が無料となっていますが、実際は「スプレッド」という名目で手数料を支払っています。買値と売値の差で、約定した瞬間に決済したとするとこの差額分だけ損失が出るわけです。これは通貨ペアや使用するFX会社によって異なります。仮に1.0pipsのスプレッドだった場合、1万通貨の取引をすると、100円の手数料を支払っていることになります。レバレッジを効かせて10万通貨の取引をしたらスプレッドとして1,000円支払っているわけです。

スキャルピングは5.0pips~10.0pipsで利益を確定し、小さな利益を積上げていく手法で、その分だけ取引回数が増えますので、当然のようにそれだけ手数料を支払っていることになります。1日100回取引をして、勝率7割で、300pipsの利益を出しても、1.0pipsのスプレッドであれば100pipsの手数料は支払っているわけです。つまり1日1万円の手数料がかかっている計算です。これだけのコストが毎日積み上がっていくという点を忘れてはいけません。

メンタル面の崩壊で、損小利大を保ちにくい

スキャルピングが初心者にとって難しいのは、「損したくない」という心理が働き、 「損切りができないため、損小利大の取引になりにくい」 ことが挙げられます。5.0pips~10.0pipsの利益が出たらすぐに利益確定はできるものの、同じような含み損が出たときにきっぱりと損切りできなければ、どんどん含み損が膨らみ、スキャルピングで少しずつ積上げてきた利益を一発で吹き飛ばすことになりかねません。つまり平然と損切りできるメンタルがスキャルピングには必要なのです。

利益が出すことが難しく、コストがかさむポイント!
取引回数が増えていく分だけコストがかさむ
損切りできずに損大利小の取引になりやすい

おすすめできない理由3・アルゴリズムに太刀打ちできない

スキャルピングは一瞬の判断で約定させ、決済し、またすぐにチャンスと見たら約定するといった繰り返しです。こうなると「 アルゴリズム 」(自動売買取引の仕組み)のシステムトレードに、人間は太刀打ちできません。 統計的な判断のもと高速で取引するには、人間の集中力と反射神経では限界があるからです。 FXのスキャルピングとは

アルゴリズムに太刀打ちできないポイント!
高速の売買では裁量トレードより、システムトレードが圧倒的に有利

FXスキャルピングは稼げない?おすすめできない3つの理由とは?のまとめ

改めて3つの理由を確認してみます。
・継続することが困難
・コストがどんどん積み上がっていく
・アルゴリズムに太刀打ちできない

これがスキャルピングをおすすめできない理由です。短期売買で利益を出していきたいのであれば、アイネット証券の「ループイフダン」といった自動売買ツールを利用していくと成果は出しやすくなります。体力や精神力、取引にかえる時間やメンタル面から損切りできないといった点をしっかりカバーしてくれるからです。無理のない取引で大切な資産を増やしていきましょう。

FXスキャルピング手法勝ち方テクニックまとめ

fxスキャルピング


スキャルピング自体は、本来のトレード手法としては高度な部類のトレードテクニックとなります。

短い時間足での短期トレードの方が、
長い時間足でのトレードよりも判断基準が難しくなりますし、
相関性や時間帯管理など、様々な要素に相場が影響されやすくなります。

長期足だと陽線続きのアップトレンド時にも、
短期足だと陽線陰線が混合するレンジ時期を形成したりもするからです。

とはいえ、
短い時間足からトレンドは形成されていきますし、
FXトレードをしていくうえで、短い時間足の中で判断しなくてはならないことも多々あります。

スキャルピング手法の考え方(メリットとリスク)

FX初心者層がよく陥る状況として、
「単に利確が早いだけでスキャルピングとしている」 ものがあると思います。
(これはあくまで僕の私見です)

ポジション保有時間が短いのは悪いことじゃなく、むしろ良いことなんですが、
損切りポイントに対して利益確定ラインが短すぎて、
いわゆる「チキン利食い」になっている場合のケースが多く感じます。
(というか、僕もかつてそうでした)

fxスキャルピング手法


スキャルピングは、短期トレードという意味で思われる場合も多く感じます。

また、
「スキャルピングは難しい!」 とよく熟練トレードブログ等で書かれていますが、
短い時間足でのチャートでトレードを判断していくので、
ロウソク足の陰線陽線が長期足チャートに比べて混合して表示されやすく、
トレンド方向が長期足に比べて判断しにくい側面があることからなどだと思います。

相場でポジションを持つことは、チャンスでもあればリスクでもあります。
ポジション保有時間が短くてすむことは、リスク管理上でも精神衛生上もいいと思います。
トレードの結果が早くでることは、時間効率上もメリットがあります。

短期足チャートでの相場の値動きは、短時間の中で様々な要素に影響されて行くので、トレード判断するスキルが高く要求される。
長期足チャートのレジサポラインに価格はより影響されやすいので、そういった部分もチェックする必要がある。
また、その判断も短時間でやらなければならない。

スキャルピングでの損切りとリミット

スキャルピングでも損切りは当然行っていきます。

ただ、節目となるラインをヒゲで一旦抜けて戻ってくることも多く、
短い時間足でのスキャルピングでの価格抜けの判断だと、
損切り貧乏になることもしばしばです。

fxヒゲ抜け

以下はヒゲで抜けてすぐ戻ってくるチャート例です。(クリックで拡大できます)

ヒゲで戻ってきた場合、戻ってきた方向に動いていきやすくなります。
(ヒゲでの騙しとなって、価格の上抜け失敗)

また、スキャルピングの利食いリミットの判断ですが、
こちらは前回高値安値や、移動平均線の抵抗帯等をリミットにしていく場合が多いですが、
できるかぎり損切りラインとのリスクリワードを損小利大にできるように心がけます。

スキャルピングでの資金管理

怖いのは、損切りトレードによりメンタル崩壊してしまい、
無謀なルール無視の自分都合トレードを連発 してしまうことです。

「スキャルピングで3連敗したらトレードをやめる」等のマイルールを作って守ることが重要です。

スキャルピングが適した時間帯

スキャルピングも基本的には、
値動きのボラティリティが大きい時間帯の方が、
よりトレードチャンスも増えますし利幅も狙いやすくなります。

FXでスキャルピングを実践するトレーダー像

長期足チャートでのトレードに慣れてきたら、
単純に時間足を落としてトレードすることもそのまま移行できるものですが、
5分足、1分足まで落とすとチャートの値動きの形が激しくなっていきます。

まずはしっかりと上位足でのトレードスタイルを理解したうえで、
チャート分析力とトレードスキルと経験を身につけたのちに、
スキャルピングの手法にチャレンジしていくのが妥当な流れです。

FXスキャルピング手法勝ち方記事まとめ

月曜の窓(GAP)開け相場の時は、一旦は瞬間的に窓埋め方向に動くことが多いです。
そのタイミングを見て数PIPSを獲得しているスキャルピング手法。
スプレッドの広がりに注意です。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる