初心者向けFX入門講座

ストップロス(逆指値)とは何か

ストップロス(逆指値)とは何か
ボックス圏で動いている銘柄でテクニカル的に煮詰まってきており、今後、上下どちらか方向に弾みがつく(=トレンドが発生する)銘柄に投資する際にも逆指値注文は有効な注文となります。
例えば買いの場合、上昇トレンドが発生すると予想する株価を逆指値発動値として指定した注文を発注すれば、チャンスを逃すことなく投資することが可能です。
この注文方法は、テクニカル分析を重視した取引をされる方に有効な注文方法となります。

「ストップロス」の使い方や意味、例文や類義語を徹底解説!

「ストップロス」の意味は以下の通りとなります。
(1)指値注文の「リミットオーダー」と逆な考えで、新規注文の場合なら指定した価格よりも高くなったら買い注文、又下がったら売り注文を入れる方法。
(2)株やFX取引の際、新規注文なら相場の勢いに乗って注文ができ、決済注文なら損失限定や利益確定の手段として好まれる取引方法。
(3)日本語訳では「逆指値注文」で、「損切りライン」や「損切りオーダー」等と同義扱い。
逆指値注文「ストップロス」の理屈は、指値注文「リミットオーダー」と比較すると分かり易いです。例えば、株やFX取引の場合で、これから新規の買い注文を入れるとします。買い注文とは、これから値が上がると予想するもので、その後実際に値を上げたならある程度のところで決済すると利益になります。買い注文を入れる時に、投資家の考える方法は二つです。一つは指値注文「リミットオーダー」で、価格が少し下がったところに注文を入れて、その後決済をする。しかし、この注文だと下がるというのは勢いがない場合もあるので、そのままズルズルと下がる可能性も秘めています。対する、今回の逆指値注文「リミットオーダー」は、価格がさらに上がったところで注文を入れているので、「高い値段を勢いに乗って買う」という考えになります。理屈としては、そのままさらに価格が上がると思っているので、買い注文を入れたのです。もちろん、先ほど同様に買い注文が通った後に一転して下がる事もあるので、どちらの取引方法が正しくて間違っているとは言えません。しかし、相場の勢いに乗る所謂「ブレイク」を狙った方法である「ストップロス」は、変動が激しい相場の時にはこちらを好む投資家も大勢います。

ストップロスの由来

ストップロスの文章・例文

例文1. ストップロスとリミットオーダーを駆使して、今年の相場に参戦したが、無残にも失敗続きと損失膨らみで退場した。
例文2. ストップロスとはブレイクアウトを狙った手法であり、勝率は低くなるが一度の利益は大きくなり、長期的には有効な方法とされている。
例文3. ストップロスは下げ相場で新規注文を入れるのが、合っている気がする。
例文4. ストップロスを組み合わせたOCO注文がより実践で使える。
例文5. FX取引ではストップロスやリミットオーダーは、最早定番中の定番注文である。

お金にまつわるお悩みなら教えて! お金の先生

FX歴2年の専業トレーダーです。

私も最初よく分かりませんでしたが、以下のように考えると分かり易くなりました。


①現在のレートで注文するよりもマイナスになるレートでの注文を逆指値

②現在のレートで注文するよりもプラスになるレートでの注文を指値

と私は理解しています。

①例えば、現在116円で、117円になったら買いを建てようと思った場合は、逆指値注文です。なぜって、現在の116円で買うより、117円で買った方が利益が減る(=マイナス)でしょ。

現在、買いポジションを持っていて、現在のレートより下で決済する注文は逆指値注文になります。なぜって、買いポジで今よりレートが下がる所での決済ということは、今ポジションを決済するよりマイナスになるでしょ。

②逆に、現在116円で、115円になったら買いを建てようと思った場合は、指値注文になります。なぜって、現在の116円で買うより、115円で買ったほうが利益が出る(=プラス)でしょ。

現在、買いポジションを持っていて、現在のレートより上で決済する注文は指値注文になります。なぜって、買いポジで今よりレートが上がる所での決済ということは、今ポジションを決済するよりプラスになるでしょ。

指値、逆指値は、新規注文、決済注文の時と両方あるので、分かりずらいですよね。
参考になれば幸いです。

特典・キャンペーン中の証券会社

新規口座開設&クイズに正解で4,000円プレゼント!

タイアップキャンペーンもれなく現金4000円プレゼント!

クイズに挑戦&新規口座開設等で最大2,000円プレゼント

トライオートETF新規口座開設キャンペーン

オトクなタイアップキャンペーン実施中!

新規デビュープログラム

総額1億円還元キャンペーン

運用スタートプログラム

開設後1ヶ月間取引手数料0円!

2,000円プレゼント

証券に関する悩みや疑問をキーワードから探す

その他の回答

指値が自分に有利な条件で出す注文なのに対し、逆指値は自分に不利な条件で出す注文と覚えておけば良いでしょう。

例えばUSD/JPYに「買い」(ロング)の注文を入れるとき、出来るだけ安く買いたいですよね。仮にUSD/JPY=117円の時、115円になったらポジションを持つように注文を出すときは「指値」を使います。

さて、USD/JPY=115円でポジションを持ったとして、今度は売り注文を出すわけですが、売るときは高く売らないと利益は出ません。利益を出すためには115円より高く売る必要があるわけですが、例えば指値で売り注文を117円で出せば、このポジションは117円になったとき決済され2円の利益を生みます。

しかし、相場はいつも自分の思うとおりに動くとは限りません。そのため、反対に向かった時損失を限定するためあえて自分に不利な注文を115円の下に置いておきます。これがFXで重要と言われているストップロス(損切り)です。損失を0.2円に抑えたければ逆指値で売り注文を114.8円に指定しておけば損失を約0.2円に抑えることが出来るわけです。通常この2つの注文をOCOという方法で一度に出すことが出来ます。(OCOは2つの注文のうち片方が成立すれば成立しなかった方が自動的に取り消される注文方法です)。

逆指値は自分にとって不利な注文を出す、ということで使い道がないのではと考えがちですが、上記のストップロスに多用されるということは極めて重要です。

慣れてくると、逆指値を使って相場が大きく動きそうなところを狙う、ということもできます。例えば、先ほどの例ですが、USD/JPY=117円の時、115円の下にはストップロス(売り)が溜まっていることをポジション分布やニュースで知ったとします(いくつかの業者では注文状況を見ることができます)。そこで、115円を割れたら売りストップを巻き込み下がりそうだという予想が出来るなら、今度は逆指値で114.95円ぐらいに「売り」(ショート)のポジションを発注できます。そしてその下でポジションを手じまえば(売りポジションですから手じまう時は買いですね)利益を出すことができます。

逆指値は自分に不利な注文とは言ってもUSD/JPY=117円のとき、指値を115円で買い→利益確定の指値を118円、ストップロスを114.8円にしたとします(これら一連の注文はIFOという方法で出すことが出来ます)。相場が115円になりポジションが建ち、予想通り上がって115円を大きく超えてきたとき、逆指値を動かして115.1円にすればよほどのことがない限り損失を出さなくてすみます。予想通り118円になれば3円の利益になるし、途中で失速して下がっても0.ストップロス(逆指値)とは何か 1円の利益を残すことが出来ます。

どの業者でも指値はきっちり指定した値で約定しますが、逆指値は多少スリップしてずれて約定します。サーバーの強いところほどスリップは少ないですが、先日のスイスフランショックのようにレート配信が停止してしまい全く役に立たないこともしばしばあります。万能ではないことを知っておくのも重要でしょう。 ストップロス(逆指値)とは何か

初心者ですが・・・
買う場合では、今の価格より安く買うのが指値で、高く買うのが逆指値です。
売る場合は、今の価格より安く売るのが逆指値で、高く売るのが指値です。

簡単に説明すると予約注文のことです。


指値(さしね)は基本的に購入時、又は利益確定時に希望するこの価格で約定(やくじょう)させといて♪とPC任せ(実際には証券会社任せ)にすることです。

逆指値(ぎゃくさしね)は基本、損切(そんきり)につかいます。

これ以上下がったら(空売りの場合は上がったら)無理!!と言う防衛線に置きます。
指値と反対サイドに置くことから逆指値と言います。

逆指値は指値に比べ非常に重要です。

上級者になると、勝つことでは無く、如何に損失を抑えるか?が重要になるからです。 ストップロス(逆指値)とは何か

また、指値も逆指値も絶対では無いことを覚えておきましょう。

先日のスイスフランの暴騰等では逆指値は無視してすっ飛ばされてしまうことがあります。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる