オプション取引方法

取引概要

取引概要
引用:PancakeSwap

<アクセサリー・ボディピアス> オープン価格方式となりますので、価格表には下代を表示しております。上代につきましては、参考価格を記載しております。 原則として現金取引とさせていただきます。 お支払い方法は下記をご確認下さいませ。 ※注意事項…

初回のご注文は下代で税抜き3万円以上からとなります。 送料や代引き手数料は下代で税抜き3万円以上のご注文から無料になります。 当日13時までのご注文は即日発送させていただきます。 (クリスマス時期や繫忙期等は状況により即日発送不可の場合もありますので、ご了承 下さい。)

メッキ加工商品はご注文受付後の加工になりますので、最短でも納品までに1~2週間かかってしまいますこと、予めご了承ください。

また、メッキ加工後のキャンセル一切出来かねます。ご了承ください。

<お支払い>

銀行振込の場合 ①お客様からのご注文 ⇒ ②弊社在庫確認、確定金額のご連絡 ⇒ ③弊社指定口座へお振込み ⇒ ④ご入金確認 取引概要 ⇒ ⑤商品発送 お振込み手数料はお客様のご負担とさせていただきます。 銀行振込口座 三菱UFJ銀行 五反田支店 弊社からのご請求書をお受け取り後、ご入金をお願い致します。
お振込の際、振込依頼人名(名義)を個人名ではなく必ずご登録の会社名にしてください。 事前のご入金はお控えください。 代引きの場合 取引概要 ①お客様からのご注文 ⇒ ②弊社在庫確認、確定金額のご連絡 ⇒ ③弊社指定運送会社(ヤマト運輸)にて発送 ⇒ 取引概要 ④お届け時に運送会社が代金を回収 代引き手数料はお客様のご負担とさせて頂きます。

<送料・代引き手数料>

送料 全国一律 取引概要 発払い 660円(税込)
ネコポス 198円(税込) 規定サイズ(厚み2cm以内)がある為、規定サイズを超えた場合は自動的に発払い(660円)になります 代引き手数料 440円(税込) 代引きの場合は、送料と代引き手数料の合計1,100円(税込)をご負担いただきます。 送料や代引き手数料は下代(税抜き)で3万円以上のご注文から無料となります。

<返品規定 >
お客様都合による良品の返品、交換、キャンセルは、原則としてお受け致しておりません。
万一不良品の場合はお手数ですが商品到着後7日以内に、【必ず】お問い合わせ又はTELにて事前連絡の上、弊社よりご案内の方法にてご返送お願い致します。
また、商品ご返送の際にはお手数お掛けいたしますが 取引概要 必ずお買い上げ明細書コピー同封の上、ご返送をお願い致します。
≪納品書同封していない返品は処理ができませんのでご理解くださいませ≫
尚、エンドユーザーに届いてからの不良品の交換は致しかねます。
商品到着の後、責任を持って販売前の商品確認を宜しくお願い致します。
商品到着後一週間以上が経過したもの、また事前連絡なしの返送はお受けできませんので、予めご了承ください。
発送後のキャンセル、配送後の受取拒否、長期不在での返送は一切お断りさせて頂いております。
お荷物の保管期間は発送日~最長1週間となっており、一度返送されたお荷物の再発送は致しません。

リース会計基準の概要

リース料の支払い条件に基づき、貸手の計算利子率(貸手の計算利子率を知り得ない場合は借手の追加借入利子率)を使用して、複利計算の方法で割引計算を行い、リース取引開始時のリース料総額の現在価値を算定します。
借手による残価保証がある場合、借手及び貸手は、この残価保証額をリース料総額に含めて現在価値を算定します。借手以外の第三者による残価保証がある場合、貸手においては、この第三者保証額をリース料総額に含めて現在価値定します。
リース料に含まれる維持管理費用相当額(リース物件にかかる固定資産税、保険料等)、通常の保守等の役務提供相当額(リース物件のメインテナンス費用等)は、原則として、リース料総額から控除しますが、これらの金額のリース料に占める割合に重要性が乏しい場合には、控除しないことができます。
割安購入選択権付リース取引の場合、その行使価額をリース料総額に含めて現在価値を算定します。

所有権移転ファイナンス・リース取引の判定基準

i.譲渡条件付(所有権移転条項付)リース取引
リース契約上、リース期間終了後またはリース期間中途で、リース物件の所有権が借手に移転することとされているリース取引。

ii.割安購入選択権付リース取引
リース契約上、借手に対して、リース期間終了後またはリース期間中途で、名目的な価額またはその行使時点のリース物件の価額に比して著しく有利な価額で買い取る権利(割安購入選択権)が与えられており、その行使が確実に予想されるリース取引。

iii.特別仕様物件のリース取引
リース物件が、借手の用途等に合わせて特別の仕様により製作または建設されたものであって、当該リース物件の返還後、貸手が第三者に再びリースまたは売却することが困難であるため、その使用可能期間を通じて借手によってのみ使用されることが明らかなリース取引。

ファイナンス・リース取引に係る借手の会計処理

【リース資産及びリース債務の計上】

所有権移転ファイナンス・リース取引の場合、リース物件の貸手の購入価額が明らかなときは当該価額を計上し、明らかでない場合は、リース料総額の現在価値または見積現金購入価額のいずれか低い額を計上します。 リース資産は、原則として、有形固定資産、無形固定資産の別に、一括して「リース資産」として表示します。ただし、有形固定資産または無形固定資産に属する各科目に含めることもできます。 リース債務は、リース料の支払期限1年以内・超に区分して、次のとおり表示します。

【リース資産の減価償却】

所有権移転外ファイナンス・リース取引のリース資産は、リース期間を耐用年数とし、残存価額をゼロ(残価保証の取り決めがある場合は、残価保証額を残存価額とする)として減価償却を行います。
減価償却方法は、企業の実態に応じて選択でき、また、自己所有の固定資産に適用する方法と同一の方法による必要はありせん。ただし、税法上は「リース期間定額法」のみが認められているため、実務上は、「リース期間定額法」により減価償却を行うこととなります。仮に、「リース期間定額法」以外の減価償却方法によって償却した額が税法上の償却限度額を超えた場合、その超過額は、税務上、当期の損金として認められません。
所有権移転ファイナンス・リース取引のリース資産は、自己所有の固定資産に適用する減価償却方法と同一の方法により、経済的使用可能予測期間を耐用年数として減価償却を行います。

【支払リース料の処理】

支払リース料は、利息相当額部分と元本返済額部分に区分し、利息相当額部分は支払利息(営業外費用)として処理し、元本返済額部分はリース債務の返済として処理します。
利息相当額は、原則として、利息法(リース債務の未返済残高に利子率を乗じて、各期の利息相当額を算定する方法)によりリース期間中の各期に配分します。利息相当額の算定に用いる利子率は、リース料総額の現在価値がリース資産及びリース債務の計上価額と等しくなる利率です。支払リース料と利息相当額の差額が元本返済額部分となり、この額をリース債務の返済として処理します。
ファイナンス・リース取引の判定の際に、リース料総額から維持管理費用相当額あるいは役務提供相当額をリース料総額から控除した場合、これらを差し引いた額で支払リース料の処理を行い、維持管理費用相当額あるいは役務提供相当額は、これらの内容を示す科目で費用に計上します。

【リース期間終了時の処理】

【再リースの処理】

ファイナンス・リース取引に係る借手の簡便な会計処理

【リース資産総額に重要性が乏しい場合】

a.リース料総額から利息相当額を控除しないで計上する方法
リース料総額でリース資産及びリース債務を貸借対照表に計上し、減価償却費のみを費用として計上します。

b.利息相当額の総額を定額法によりリース期間の各期に配分する方法
リース料総額の現在価値またはリース物件の見積現金購入価額のいずれか低い額でリース資産及びリース債務を貸借対照表に計上し、支払利息を定額で費用として計上するとともに、減価償却費を費用として計上します。

【個々のリース資産が少額の場合及びリース期間が短期の場合】

a.一契約300万円以下のリース取引
企業の事業内容に照らして重要性が乏しい所有権移転外ファイナンス・リース取引で、リース契約1件当たりのリース料総額が300万円以下のリース取引は、賃貸借処理できます。一つの契約に科目の異なる資産が含まれている場合、異なる科目ごとの合計金額により判定することができます。

b.リース期間が1年以内のリース取引
リース期間が1年以内のファイナンス・リース取引は、賃貸借処理できます。

c.リース料総額が購入時に費用処理する基準額以下のリース取引
企業が、重要性が乏しい一定の基準額以下の減価償却資産について、購入時に費用処理する方法を採用している場合、個々のリース物件のリース料総額がその基準額以下のファイナンス・リース取引は、賃貸借処理できます(リース料の中には利息相当額が含まれているため、リース料総額は基準額よりも利息相当額だけ高めに判定できます。)。

ファイナンス・リース取引に係る貸手の会計処理

【リース投資資産及びリース債権の計上】

貸手は、リース取引の開始日に、所有権移転外ファイナンス・リース取引については、「リース投資資産」、所有権移転ファイナンス・リース取引については「リース債権」を貸借対照表に計上します。リース投資資産は、将来のリース料を収受する権利(リース料債権)と見積残存価額から構成される複合的な資産です。
リース投資資産及びリース債権の計上額は、下記の会計処理の第1法の場合はリース料総額、第2法及び第3法の場合はリース物件の現金購入価額となります。
リース投資資産及びリース債権は、次の区分により表示します。

a.会社の主目的たる営業取引により発生したもの:流動資産
b.営業の主目的以外の取引により発生したもの 取引概要
- 貸借対照表日の翌日から起算して1年以内に入金期限が到来するもの:流動資産
- 貸借対照表日の翌日から起算して入金期限が1年を超えて到来するもの:固定資産

「資産運用フェア 2022 in 横浜」のご案内(オンラインフェア)

浜銀TT証券ダイレクト

重要なお知らせ

浜銀TT証券ダイレクト

パソコンやスマートフォンで便利にお取り引き

マーケット情報

指標・ニュースを見る

浜銀TT証券TV

ファンド選びをサポート

浜銀TT証券TV

ピックアップ商品

新規発行債券 売出しのご案内 (PDF:577KB)

(売出期間:2022年6月7日(火) ~ 2022年6月27日(月))
*販売額に限りがありますので、売切れの際はご容赦下さい。
フィンランド地方政府保証機構保証付 フィンランド地方金融公社 2025年7月3日 満期
円建 判定価格逓減型期限前償還条項付 日経平均株価連動デジタル・クーポン債券
(ノックイン条項付 満期償還金額日経平均株価連動型)

株式会社クレディセゾン第92回無担保社債(社債間限定同順位特約付)のご案内 (PDF:1.75MB)

(売出期間:2022年6月6日(月) ~ 2022年6月17日(金))
*販売額に限りがありますので、売切れの際はご容赦下さい。
株式会社クレディセゾン第92回無担保社債(社債間限定同順位特約付)

FitScryptとは?ゲームの概要や将来性を徹底解説|FITトークンの稼ぎ方は?

fitscrypto

ジムでの運動で報酬を得られる

引用:公式サイト

FitScryptでは、ジムでの運動時間に応じて報酬を得ることができます。

2022年現在、STEPNを始めとするMove-to-earnのプロジェクトが多数登場していますが、いずれも歩く、走る時間や速さを元に報酬を得る仕組みです。

したがって、有酸素運動は報酬に変えられますが、ジムでの筋力トレーニングは対象外でした。

一方、FitScryptは、ジムでの運動に特化したプロジェクトです。

ユーザー自身が30分、もしくは1時間のどちらかを選び、時間に応じて$FITトークンを獲得することが可能です。

歩く、走るよりもジムでの運動が好きな方や、ジムでの筋トレが続きにくい、という方には、 取引概要 報酬獲得という新たなモチベーションが生まれ、ジム通いがより習慣化しやすくなる でしょう。

アプリが周囲のジムを自動検索

FitScryptは、アプリが周囲のジムを自動検索する機能 を持っています。

地図はGoogle mapと連携しており、自分の現在位置から1km、3km、5kmと範囲を選択した上で、その範囲内のジムが表示されます。

また、Geofencing(ジオフェンス)機能により、ユーザーが選択したジム内に入ったかどうかを探知できます。

よって、ユーザーがジムに入場した状態で初めて報酬を稼ぐことができ、不正を防止できるのです。

Auto-Mine(オートマイン)機能

Auto-Mine(オートマイン)機能

引用:公式サイト

FitScryptのアプリには、自動的にマイニングをする機能があり、アプリ内で不労所得を得ることもできます。

通常、不労所得を得るためのマイニングやステーキングは、トークンを別なウォレットや取引所に送金することが求められます。

ただ、その送金には一定の知識が必要となり、仮想通貨取引が初心者の方には垣根が高い、と思われる方もいるでしょう。

一方 FitScryptは、アプリ内のオートマインボタンをクリックするだけで、すぐにマイニングが開始 できるのです。

この狙いとして、開発者は、初心者の方にとって、仮想通貨やWeb3.0に触れ合うの入り口となるようなプロジェクトを目指している、と述べています。

このように、ジムでの運動で報酬を得るという、新しいコンセプトのプロジェクトであるFitScryptは、アプリとトークンの$FITどちらも既にリリースされています。

iOS、Android、どちらも利用可能なので、今日からジムでの運動で$FITトークンを入手できます。

一方、 上記のマイニング機能を使ってより多くの$FITトークンを稼ぎたいと思われる方は、PancakeSwap(パンケーキスワップ)取引概要 で入手 ができます。

PancakeSwap(パンケーキスワップ)への送金の際、 お手元の日本円を換金されたいという方は、LINE BITMAXなどの国内取引所をチェックしてみると良い でしょう。

FitScryptの始め方

続いて、FitScryptの始め方を見ていきましょう。

前述の通り、アプリは手軽に入手ができますので、ここでは $FITトークンの入手方法について解説 していきます。

国内取引所海外取引所のアカウント、分散型取引所のPancakeSwap(パンケーキスワップ)、そしてWeb3.0ウォレットのメタマスク4つを利用することで取引できます。

メタマスクは、ダウンロード無料、かつ日本語対応していますので、まだお持ちでない方はダウンロードだけでもされると、$FITトークンだけではなく、今後様々なトークンを取引される際に便利です。

3つを全て一つのアカウントで利用可能ですが、ここではパソコン用のGooogle Chrome向け拡張アプリを用いて解説します。

国内取引所、海外取引所それぞれのアカウント、メタマスクが用意できたら、送金準備完了です。

尚、海外取引所については、どの取引所でも利用可能ですが、$FITはBEP20トークンであるため、バイナンスを利用されるとスムーズかつ手数料を抑えられるでしょう。

具体的な手順は以下の 取引概要 6つ です。

  • 国内取引所LINE BITMAXで、日本円をXRP(リップル)に交換
  • XRP(リップル)を、LINE BITMAXから海外取引所バイナンスに送金
  • バイナンスで、XRP(リップル)をBUSD(バイナンスUSD)に交換
  • BUSDを、バイナンスからWeb3.0ウォレットのメタマスクに送金
  • メタマスクを、分散型取引所PancakeSwap(パンケーキスワップ)に接続する
  • PancakeSwap(パンケーキスワップ)で、BUSD(バイナンスUSD)を$FITトークンに交換

国内取引所LINE BITMAXで、日本円をXRP(リップル)に交換

まずは、お手元の日本円を仮想通貨に変えましょう。

ここでは、送金手数料を安く抑えられるXRP(リップル)を選択します。

XRP(リップル)を、LINE BITMAXから海外取引所バイナンスに送金

XRP(リップル)を入手したら、次に海外取引所バイナンスへの送金を行いましょう。

バイナンスのウォレットより、XRP(リップル)入金アドレスをコピーしてから、LINE BITMAXの送金画面に貼り付けた上で、送金を実行しましょう。

この時、LINE BITMAXでは「送金(Withdraw)」、バイナンスでは「入金(取引概要 Deposit)」となることに留意して下さい。

バイナンスで、XRP(リップル)をBUSD(バイナンスUSD)に交換

バイナンスのウォレットにXRP(リップル)が着金したら、 BUSD(バイナンスUSD)に交換 しましょう。

BUSD(バイナンスUSD)は、世界最大の仮想通貨取引所バイナンスが発行するステーブルコインで、米ドルに価値が限りなく一致しています。

バイナンスを利用すれば、XRP/BUSDの現物市場を活用して、XRP(リップル)からBUSDを直接交換できます。

もしその他の海外取引所を利用されたい場合は、USDT、USDCなど他のステーブルコインに変えた上で、BUSDの入手をしましょう。

BUSD(バイナンスUSD)を、バイナンスからWeb3.0ウォレットのメタマスクに送金

BUSD(バイナンスUSD)の入手完了後は、メタマスクへの送金を行います。

まず最初に、メタマスクを起動させご自身が設定したパスワード入力の上、ログインをしましょう。

メタマスクへ送金

メタマスクが立ち上がった後、画面上部のネットワーク名を変更して下さい。

今回はBUSDを転送するので、「BNBチェーン(表示ではBSCチェーン)」を選択しましょう。

ネットワーク選択

次に、上部のアカウント名が表示箇所にマウスポインタを移動、クリックし「クリップボードにコピー」をして下さい。

これにて、メタマスクのウォレットアドレスコピーが完了です。

取引概要 クリップボードにコピー

コピー完了の後、バイナンスのウォレット画面に表示されている送金画面から、アドレス入力欄を探し、貼り付けて下さい。

送金実行ボタンを押したら、BUSD(バイナンスUSD)がバイナンスからメタマスクに送金されます。

尚、送金速度については、ネットワークの混雑状況次第ですが、BNBチェーンの理論値ではTPS(Transaction Per Second、1秒あたりの取引得度)が3秒なので、混雑していなければすぐに着金します。

メタマスクを、分散型取引所PancakeSwap(パンケーキスワップ)取引概要 に接続

次に、 メタマスクを、分散型取引所のPancakeSwap(パンケーキスワップ)に接続 しましょう。

最初に、PancakeSwap(パンケーキスワップ)トップ画面右上にある「Connect wallet」をクリックします。

Connect wallet

引用:PancakeSwap

その後、ウォレット選択画面でメタマスクを選んで下さい

ウォレット選択画面でメタマスクを選択

引用:PancakeSwap

続いて、表示されるメタマスクのポップアップ画面に、パスワードを入力して下さい。

メタマスクのポップアップ画面

入力後、メタマスクがPancakeSwap(パンケーキスワップ)に接続完了となります。

PancakeSwap(パンケーキスワップ)で、BUSD(バイナンスUSD)を$FITトークンに交換

最後に、いよいよ BUSDを$FITトークンに交換 します。

まず、PancakeSwap(パンケーキスワップ)の画面上部にある「Trade」にマウスを移してください。

PancakeSwap(パンケーキスワップ)で、BUSD(バイナンスUSD)を$FITトークンに交換

引用:PancakeSwap

その中から「Swap」を選択すると、画面が切り替わり、右側に2つの通貨の交換画面が表示されます。

通貨選択の際、上部で「BUSD」下部で「FitScrypt」を選択して下さい。

この時、 FITとだけ入力すると他のトークンも表示されることにご注意下さい。

FitScryptと入力すると、 誤って異なるトークンを選択せずに済む でしょう。

PancakeSwap(パンケーキスワップ)で、BUSD(バイナンスUSD)を$FITトークンに交換

引用:PancakeSwap

FITを選んだ後、表示される 「Select a 取引概要 Token」の画面上で、エメラルド色のImportボタンをクリックすればトークン取引が可能となります。

Importボタンをクリック

引用:PancakeSwap

そして、枚数を入力の上でSwapボタンをクリックして下さい

メタマスク上のFITトークン枚数に反映されたら、これにて$FITトークンの入手が完了となります。

FitScryptの稼ぎ方・遊び方

続いて、FitScryptで稼ぎ方・遊び方を見ていきましょう。

  • ジムで筋トレをして、$FITトークンを獲得する
  • Auto-Mine(オートマイン)機能で$FITトークンを増やす
  • レベルアップをして、獲得できる$FITトークン枚数を増やす

ジムで筋トレをして、$FITトークンを獲得する

FitScryptの最も基本的な遊び方は、ジムで筋トレをして$FITトークンを獲得すること です。

まずアプリを起動させ、運動時間を30分か60分、どちらかを選択します。

ジムで筋トレをして、$FITトークンを獲得する

その後、アプリ上の地図から近くのジムを探し、ジムに入場したらSession Startを選び、運動を開始して下さい。

30分だと50枚60分だと100枚の$FITトークンを得られます。

Auto-Mine(オートマイン)機能で$FITトークンを増やす

入手した$FITトークンは、前述のAuto-Mine(オートマイン)機能で枚数を増やすこともできます。

もしFitScryptのアプリ内に$FITトークンを保有していれば、アプリ内でAuto-MineボタンをOnにするだけで自動的にマイニングが始められます。

マイニングに費用はかからないので、保有しているトークンは全てマイニングに当てても損は無いでしょう。

レベルアップをして、獲得できる$FITトークン枚数を増やす

FitScryptでは、プレイヤー自身のレベルを上げることで、運動で獲得できるトークン枚数を増やすこともできます。

アプリのダウンロード当初はLevel 0からスタートします。

次のLevel 1にアップするには、下記画面右上に表示されている通り、500,000枚の$FITトークンが求められます。

レベルアップをして、獲得できる$FITトークン枚数を増やす

運動だけで稼ごうとすると5,000時間で到達する計算となり、1時間の運動を1日2回行ったとしても250日、つまり8ヶ月超の膨大な時間が掛かります。

よって、 取引概要 毎日の運動で稼げる枚数を増やしたい方は、別に$FITトークンを入手する方が、圧倒的に効率が良い でしょう。

FitScryptを始めるならLINE BITMAX

LLINE BITMAX top
名称LINE BITMAX
現物取引(銘柄数)BTC(ビットコイン)
ETH(イーサリアム)
XRP(リップル)
BCH(ビットコインキャッシュ)
LTC(ライトコイン)
LN(リンク)
レバレッジ取引非対応
最小取引数量1円相当額より可
入金手数料無料
売買手数料無料
出金手数料LINE Payを利用:110円(税込)
銀行口座を利用:400円(税込)
取引ツールパソコン・ネットブラウザ:○
スマホアプリ:○(LINEアプリに一体化)
公式サイトLINE BITMAX公式サイト
関連記事LINE BITMAXの評判

LINE BITMAXは、「かんたん」「安心」「やさしい」事で人気を集めている、国内取引所です。

メッセージアプリLINEの強みを活かしたLINEアプリ内からの取引が可能なので、専用アプリをダウンロードすることなく仮想通貨の入手ができます。

仮想通貨取引初心者の方はもちろんのこと、スマートフォンでもストレスなく取引できるアカウントを一つ持っておきたい、という方に最適な取引所です。

FitScryptのよくある質問

最後に、FitScryptのよくある質問を見ていきましょう。

$FITの発行枚数は何枚ですか

1,000億枚です。

時間と共に価値が上昇していくデフレーショントークンとして設計されています。

$FITの現在価格はいくらですか

0.取引概要 00000578 USDです。

ロードマップはありますか

ロードマップはありますか

引用:公式サイト

公式サイトに掲載されて おり、全部でPhaseが3つに分かれています。

現在がどのPhaseかは記載がありませんが、タスクの達成状況を見るとPhase1に位置していると予想できます。

FitScryptのまとめ

今回は、FitScryptの特徴や始め方、遊び方について解説してきました。

  • FitScryptは、ジムでの運動で仮想通貨を獲得できるプロジェクト
  • 付近のジムでの30分、もしくは60分の運動時間に応じて、$FITトークンを稼ぐ
  • 運動で稼いだ$FITトークンは、アプリ内のAuto-Mine(オートマイン)機能で枚数を増やすこともできる
  • iOSかAndroidのアプリをダウンロードをすれば、すぐに始められる
  • $FITトークンは、PancakeSwap(パンケーキスワップ)で入手可能
  • 現在の価格はトークン価格はかなり低いが、将来性に期待するなら割安と見ることもできる。

他のMove-to-earnとは違い、ジムでの運動で仮想通貨を得られるFitScryptは、Move-to-earnと並行利用したい、もしくは有酸素運動は遠慮したいが筋トレは好き、というユーザーには相性の良いプロジェクトと言えるでしょう。

そんなFitScryptをプレイしてみたいという方は、 記事内で解説した通り、アプリをダウンロードの上、$FITトークンを入手することで一気にレベルアップができ、ジムでの運動で稼げる通貨の量をアップ させることができます。

トークン入手をしてみたい、という方は、国内取引所LINE BITMAXでアカウント作成の上、海外取引所、メタマスク、そしてPancakeSwap(パンケーキスワップ)を活用して取引をしてみて下さい。

マイゲート(インターネットバンキング)

マイゲートなら、
いろんな取引きがおうちでできて
しかも振込手数料がATMよりおトク!

便利でお得なマイゲート

セキュリティは大丈夫?

はじめてログインする方

以下のものを、あらかじめご用意いただき、「マイゲートログイン」ボタンからお進みください。

  • 申込書
    (お客さま控)
  • ログインIDの
    ご案内
  • スマホ認証利用開始用
    パスワードのお届け
  • ハードウェアトークン
    発送用台紙

お困りの方はこちら

  • ログインID・パスワードがわからない…
  • 秘密の質問がわからない…

AIチャット

  • 聞きたいことを選択!
    またはチャットの会話形式で
  • 24時間365日サポート!
    ロボットだからいつでも受付
  • マイゲート関連利用規定一部変更に関するお知らせ
  • 【終了しました】ソフトウェアトークン切替キャンペーン!実施のお知らせ
  • 振込手数料改定のお知らせ
  • マイゲート 一部利用環境におけるサービス終了のお知らせ
  • 【重要】弥生株式会社の不正アクセス事案に関するお知らせ
  • マイゲート フィーチャーフォン向けサービス終了について
  • マイゲート フィーチャーフォン向けサービス終了のお知らせ
  • コミュニケーションダイヤル(テレフォンバンキング)サービス時間改定のお知らせ
  • マイゲートトップ ログイン画面変更のお知らせ
  • マイゲートサポートセンターのフリーダイヤルからのSMS送信サービスの開始について
  • 取引概要
  • りそなグループアプリでポイントプレゼントキャンペーン対象者の方にクラブポイントプレゼントしました。(2020年4月21日)
  • スマートフォンアプリ「モバイルセレクト」との連携終了:連携終了日:2020年3月31日
  • マイゲート臨時メンテナンス情報の告知方法変更に関するお知らせ
  • 「他社サービス連携機能」で連携可能な他社サービスが追加されました。
  • マイゲート他行宛振込の24時間化について
  • マイゲートの「他社サービス連携機能」に関するお知らせ
  • マイゲートの「キャッシュカード再発行受付機能」について
  • インターネットバンキング・テレフォンバンキングの振込手数料割引サービスの開始について
  • 【重要】マイゲートご利用カード(乱数表)の新規発行停止について
  • 2017年1月16日(月)以降、マイゲートによる振込等のお取引には「ワンタイムパスワード」が必要です。
  • キャンペーン・お知らせ等メールの配信元アドレス変更のご案内(2015年7月15日)
  • 電子署名付メールの配信について
  • マイゲート振込機能の24時間化および振込手数料の改定について
  • ☆無料☆セキュリティーソフト無料配布中!
  • 公的機関の職員や、りそなグループの職員等を名乗る不審な電話や還付金詐欺にご注意ください
  • 【ご注意】当社を騙った不審なメールの発生について
  • Androidスマートフォンでマイゲートをご利用のお客さま
  • 【重要】暗証番号やパスワード等の失効を通知する当社を騙ったショートメッセージにご注意ください
  • ワンタイムパスワード生成アプリ「VIP Access」に関するご注意
  • ウイルス対策ソフト「SaAT Netizen」に関するご案内
  • 【マイゲート】ソフトウェアトークンのアップデートに関するご案内
  • 【ご注意】従来型携帯電話へのワンタイムパスワード生成アプリサポートの終了について
  • 【ご注意】モバイル端末でマイゲートをご利用のお客さまへ
  • 【ご注意】りそな銀行を名乗りワンタイムパスワードを聞き出そうとする不審な電話にご注意ください
  • コンピュータウイルスによる不正送金犯罪にご注意ください
  • 「Internet Explorer11(IE11)」でインターネットバンキングをご利用のお客さまへ
  • 【ご注意】銀行を装った、ID・パスワード等の入力を求める不審な電子メールについて
  • 「契約締結前交付書面」、「電子交付サービス」の交付書面が画面に表示されないことがあります
  • マイゲートまたはキャッシュカード等でお取引きのお客さまへ:通帳記入のお願い
  • 金融機関等を装う電子メール(フィッシング詐欺)にご注意ください

すきま時間にサクサク振込も! アプリでパッと残高確認 GOOD DESIGN AWARD 2018年度受賞 すきま時間にサクサク振込も! アプリでパッと残高確認

株式会社りそな銀行 金融機関コード : 0010 登録金融機関 : 近畿財務局長(登金)第3号 加入協会 : 日本証券業協会 一般社団法人金融先物取引業協会 一般社団法人日本クレジット協会 一般社団法人日本投資顧問業協会

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる