攻略方法を紹介

おすすめ無料FXチャートアプリ

おすすめ無料FXチャートアプリ
XMPはXM特有のクレジットポイント制度で、 1XMP≒0.33ドルで証拠金として利用 できます。

XMでは、また、XMPという取引数に応じてクレジットポイントがもらえる制度があり、

EXECUTIVE → GOLD → DIAMOND → ELITE の順にランクが上がっていき、付与されるXMPも増えていきます。

XMPについて

XMPはXM特有のクレジットポイント制度で、 1XMP≒0.33ドルで証拠金として利用 できます。

おすすめ無料FXチャートアプリ
マイクロ スタンダード ゼロ口座
1lot単位通貨量 1000 100,000 100,000
最大取引量(lot) 100 50 50
最小取引量(lot) 0.01 0.010.01

マイクロ口座

マイクロ口座の特徴として、 1ロットの単位が1000通貨であること です。

スタンダード口座

FXだけでなく、 株式CFDやコモディティCFDも 取引したいかた におすすめ の口座です。

「スプレッド」の違いは 取引手数料の名目で 確定申告の際に経費として申告できます。

デメリットとして、 ボーナス付与は新規口座開設ボーナスのみ で、取引ボーナスやロイヤリティステータスはありません。

ゼロカットのメリット!

XMは口座残高のマイナス分をゼロに戻す「 ゼロカット制度 」を採用しています。

対して、国内のFX業者では 「 追証 」といって口座残高のマイナス分をトレーダが負担する制度を採用しています。

3.チャート分析に関するQ&A

テクニカル分析

テクニカル分析は、主に過去の値動きを示すチャート( ローソク足など )を用いて分析します。 順張り系の「トレンド分析」、逆張り系の「オシレーター分析」の2種類 があります。

トレンド分析 」に用いる代表的なインジケーターは、 移動平均線、ボリンジャーバンド、一目均衡表 など。

オシレーター分析 」に用いる代表的なインジケーターは、 RSI、MACD など。

ファンダメンタルズ分析

例えば、 テロ、自然災害、金融危機、要人発言 など相場心理に大きな影響を与えるので、

4.国内FXと海外FXの違い

国内では一律20.315%の申告分離課税 ですが、 海外では税率が15%~55%の累進課税 ですので、儲けが大きくなればなるほど課税されていきます。

おすすめ無料FXチャートアプリ おすすめ無料FXチャートアプリ
項目 国内FX 海外FX
レバレッジ 低い 高い
スプレッド 狭い やや広い
追証とゼロカット 追証がある ゼロカットあり
取引の透明性 不透明な部分が多い 透明性が高い
ボーナス キャッシュバックあり 口座開設ボーナス・入金ボーナス
取引ツール 業者独自のプラットフォーム MT4またはMT5
銘柄数 少ない 貴金属・株式指数・個別株・仮想通貨など
税金 一律20.315%の申告分離課税 15%~55%の累進課税

国内FXは申告分離課税

国内FXの課税方式は申告分離課税というもので、 税率は一律20% と定められています。

また、申告分離課税には、FX取引において 3年間に渡り損失額を繰り越せる税制的なメリット があります。

海外FXは総合課税

海外FXは総合課税と呼ばれる課税方式で、 稼いだ所得によって税率が変動する累進課税方式 と呼ばれるものです。

課税される所得
(合算後の総所得)
所得税率 所得控除
(課税される所得から差し引く)
195万円以下 5% 0円
195万円を超え330万円以下 10% 9万7,500円
330万円を超え695万円以下 20% 42万7,500円
695万円を超え900万円以下 23% 63万6,000円
900万円を超え1,800万円以下 33% 153万6,000円
1,800万円を超え4,000万円以下 40% 279万6,000円
4,000万円を超える 45% 479万6,000円

月の売り上げが1千万ぐらいになると、 トレーダーは節税のために資金を株式や不動産などに移行したり、法人を設立して、資金を運用 しています。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる